馬はどこまで限界を突き破れるのか!?

競伝と競馬ネタを主に更新するブログ

リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトが怪しそうと競馬ファンの間で話題に

リアル競馬ネタ

リヤンドファミユを種牡馬入りさせよう」

オルフェーヴルの弟としてデビューから期待を集めながらも競走成績が振るわず、
12月1日のサラブレッドオークションに出品されたリヤンドファミユ。
その同馬の種牡馬入りを目指すクラウドファンディングプロジェクトが、
いかにも怪しい雰囲気を醸し出していると、一部競馬ファンの間で話題になっていたようだ。


疑惑の始まり


「リヤンドファミユがファンドに利用されているのではないだろうか。」
 
一部競馬ファンがプロジェクトに対して疑いを持ち始めたきっかけは、
そのプロジェクトの説明ページの中にあった。

クラウドファンディング開始当初、プロジェクトに関する情報の多くは明らかにされていなかった。
唯一明かされていたのが、リヤンドファミユを種牡馬入りさせるというプロジェクトの主旨、
協力を表明しているらしい馬主3名の氏名、
そして、プロジェクトを代表する組織の名がリヤンドファミユパートナーシップで、
そのマネージャーの名が藤井だということ。

馬の居場所や処遇、マネージャーの藤井氏とリヤンドファミユとの関係、馬の落札者について等、
クラウドファンディングを実行する上で重要な数々の情報が、まったくもって提供されていなかった。

そのような情報開示不足もあって、どことなく詐欺の臭いがすると、
一部の競馬ファンがプロジェクトを警戒し、ネタにするようになっていった。


12の13時点
(画像:12月13日時点でのクラウドファンディング趣旨説明ページの一部)


また、出資者に対する特典の説明にも、ネタとなる要素が多く詰まっていた。

クラウドファンディングページに記載されている特典一覧をよく見てみると、
多くの項目で交通費や会費が一律実費だと明記されている。
一見投資によって受けられる特典がいっぱいあるように思えるが、
実質ただの招待だけのものが多く、あまり特典といえるようなものが存在していない。

某マリオランでは、「課金しなければピーチ姫を救いに行けない」といった風のコメントが、
突っ込みどころ満載だとネタにされていたが、
リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトの方は、本当に追加課金しなければ、
本馬に会うことも、様々な集まりに参加することもできない仕様になっている。


実費の例
(画像:よく見ると招待だけの特典が存在する)


そのうえ、まるで1年で廃用になることを確信しているかのような
「2017年末までしか更新されないFacebookページ」の特典も、
プロジェクトの怪しさにますます拍車をかけていた。


2017年末まで
(画像:なぜか更新期限が定められているFacebook特典)


ファンドプロジェクトで集めた金だけを巻き上げ、すぐに関係者が蒸発するのではないだろうか。
一部競馬ファン達の間では、そのような疑惑すらもささやかれるようになった。


新たな情報、新たな疑い


一部競馬ファンがプロジェクトに対して疑いの目を向ける中、プロジェクト実行者側にも動きが見られた。
 
ネット上での指摘や疑いを気にしたのか、プロジェクト実行者側は緊急会議を招集。
12月16日、プロジェクトページに当初は明かされていなかった一部情報を追記したうえ、
プロジェクト責任者である藤井氏のフルネームが、「藤井義人」であることを明らかにした。


最新のページ
(画像:1月時点での最新のページ、当初より情報が大幅に増えている)


しかし、情報が開示されてもプロジェクトの疑いが晴れることはなかった。
 
むしろ、情報が明らかになっていくにつれ、一部競馬ファンのプロジェクトに対する疑いは、
より一層深まっていく事態となった。


まず、ネット上の指摘によって、『GM2.5』というブログが、
プロジェクトに関する記事を更新していたことが判明した。

『GM2.5』というブログは、K氏という人物が開設しているとされるブログ。
同氏は、リュウレーシングランチという育成牧場の代表を務めていたとされる人物で、
今年1月にネオスターダムの代理人と喧嘩したとされる競馬関係者の一人といわれている。

その当時から某巨大掲示板等では怪しいと噂され、あまり関わらない方がよいと評されていたようだ。

ともあれ、『GM2.5』の記事が発見されたことで、プロジェクトにK氏が関わっている疑惑が浮上。
一部競馬ファンがプロジェクトへ向ける疑いは、ますます強まることになった。
 
なお、理由は定かではないが、プロジェクトに関する記載があったブログ記事は、
現在『GM2.5』上から削除されているという。


そのうえ、プロジェクトの話題が広まり、ネット上での調査が進んていったことによって、
代理人と協力馬主との間に最初から関係があった疑いも浮上した。

協力馬主として名を連ねる「山上和良」氏は、医療法人グリーンスウォードの理事長を務めているのだが、
その法人で事務局長を務めているのが、あろうことがプロジェクトマネージャーと同名の
「藤井義人」なる人物だと判明したのである。


備考
(画像:求人サイトに掲載されている備考欄)


自身が理事を務める法人の従業員を利用してプロジェクトの実態を隠し、
怪しいクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げているのではないだろうか。
この発見によって、一部競馬ファンのプロジェクトに対する疑惑はさらに深まった。

「普段は競馬と無縁の職業でサラリーマンをして」いると、
プロフィール上では説明されているプロジェクト代表の藤井義人氏。

そして、「今回リヤンドファミユ種牡馬入り計画が立ち上がり、協力させていただくこととなりました」と、
プロジェクトページに藤井氏とは無関係な立場から応援コメントを出している山上和良氏。

プロジェクト以前からこの二人には最初から関係があり、
藤井氏が最初から競馬と深く関わりを持つ人物ともなれば、
プロジェクトの説明ページ上には最初から虚偽記載が存在していることになる。

最初から虚偽の情報を提示してくる様なクラウドファンディングの募集ともなれば、
なおさら信用を失うことになりかねなかった。


協賛コメント
(画像:協賛コメントの一部)


この疑いに対し、山上氏は「グリーンスウォードは法人馬主ではないので、
基本的には医療法人とはなんの関係もありません」とツイートしている模様。
 
しかし、馬主のグリーンスウォードも医療法人のそれと同様、
山上氏が中心となって結成されている組織であるため、
あまり釈明になっていないと一部競馬ファンの間では見られている。

その後・・・


その後、リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトに関する某巨大掲示板のスレッドは、
パート3に突入してから次第に勢いを消失。
現在では、アクティブなスレッドは存在していない模様。

また、ネットケイバ等でもプロジェクトに対する話題が一時期盛んであったようだが、
現在では落ち着きを見せているようだ。


今では一部の競馬ファンの間でひっそりと注目を集めているリヤンドファミユの種牡馬入りプロジェクト。
募集終了期日は1月の末となっているが、果たしてプロジェクトの行く末はどうなるのか。
今後もひっそりと注目を集めることになりそうだ。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

東京大賞典、初の海外売り上げ実績まとめ

リアル競馬ネタ

12月29日、地方競馬唯一の国際GⅠ東京大賞典の開催に際し、
大井競馬場もとい東京シティ競馬(TCK)は、史上初めて海外での馬券販売を行った。

TCKが新たに馬券市場を開拓したのは、オーストラリアとニュージーランドの2か国。
馬券はTotalisator Agency Board(TAB)と呼ばれる場外馬券場で販売され、
日本の馬券市場とは別のプールにもとづいてオッズが算出された。

また、レース映像はSky Racingを通じ、英語実況付きで生中継が行われた。


そこで今回は、東京大賞典の海外売り上げ実績(パリミュチェル方式分)等をまとめてみた。


※以下の要素はタイトルをクリックすると展開します。

英語実況映像



単勝・複勝オッズ比較



払い戻し比較



売り上げ比較







下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

危ぶまれていた有馬記念開催!?JRA、年末にゴジラを討伐!

競馬(?)ネタ

かつて巨人に襲撃されたこともある等、
年末には様々な厄介ごとに巻き込まれると定評がある中山競馬場。

その中山競馬場は今年も年末に予想外のゴジラの襲撃を受け、
有馬記念の開催が一時期危ぶまれるまでに追い込まれていたことが、JRAの発表で判明した。


ゴジラ襲撃
(画像:JRAが撮影した中山競馬場に襲来するゴジラ 画像引用元:『シン・アリマ』


JRAの発表によると、同組織がゴジラの襲来を認識したのは11月初旬のことだったという。
どこからともなく海上に出現した新種のゴジラと思われし巨大生物が神奈川県鎌倉市方面へ
直線的に向かっていく様子を、海上保安庁及び自衛隊が10月中旬に観測。
その報告を翌月に受けたJRAは、秘密裏にゴジラ討伐作戦に関与することになった。

ゴジラ討伐のためにJRAが与えられた任務は、同団体が管理する競走馬の機動力を生かし、
日本各地から血液凝固剤を回収することであった。
海洋上で観測されていたゴジラの大きさから、確実に仕留めるには、
推定5000万キロリットルという膨大な量の血液凝固剤が必要と試算されていた。
そのため、襲来前に血液凝固剤を必要量確保することは不可能と見積もられており、
ゴジラの襲撃を受ける中でも回収作業ができそうな競走馬に白羽の矢が立つことになった。


サラブレッド
(画像:「完璧に育て上げられた」サラブレッドはゴジラにも立ち向かえる
画像引用元:『シン・アリマ』


有馬記念の開催をひかえた中山競馬場に向かって進攻してきていることから、
JRAは討伐対象の新種ゴジラを「アリマ・ゴジラ」と命名。
そのうえで、血液凝固剤回収作戦の名を「アリマ作戦」とすることに決定した。

「アリマ作戦」の実行にあたっては、競走馬が通常こなすレースとは異なる能力が必要であった。
素早く作戦を行うスピードや長く走れるスタミナはレース同様に要求されたが、
それ以上に、騎手の命令もとい作戦計画に従順である気性や、
ゴジラ相手にも恐れおののかない集中力の方が、作戦行動には不可欠とされた。

そこでJRAは、動物園や生物学者らに協力を要請。
アリマ作戦決行用の対ゴジラ馬「アリマ」を一月で大量に育て上げる策に出た。

観測上、「アリマ・ゴジラ」は12月に日本本土に上陸すると想定されていた。
その来たるべき脅威に備え、JRAは様々な動物を相手にした厳しいトレーニングを考案。
一月の間に、作戦実行用の馬「アリマ」の育成、及び同馬の手綱を握る騎手の選抜を終えた。

そして、12月13日、ゴジラの上陸が確認されると同時にJRAは「アリマ作戦」を決行。
会見とウェブページを通じ、作戦行動開始の声明も発表した。



(動画:アリマ作戦の開始を告げる公式動画)


作戦実行当初、ゴジラの圧倒的な力を前にして、
5000万キロリットルもの血液凝固剤を回収することは不可能とすら思われていた。
しかし、作戦行動を継続して多くの犠牲が出るにつれ、
競走馬アリマとその騎手たちによる血液凝固剤回収効率は大幅に向上。
アリマ・ゴジラの行動パターンもデータが集まったことで予測できるようになり、
より少ない犠牲でより早く血液凝固剤を回収できるようになっていった。

さらに、有馬記念が目前に迫ってくるにつれ、日本各地からアリマ作戦に協力する有志の数も増加。
人員の増加のおかげで血液凝固剤の回収量も一気に向上し、
当初は不可能とすら思われていた5000万キロリットルすら超える量の血液凝固剤を集めきった。

結果的に、年末の中山競馬開催前に、無事にアリマ・ゴジラを討伐することができたようだ。


「何事もなく有馬記念を開催できることを喜びに思います」。
アリマ・ゴジラ討伐を祝し、12月22日、JRAのアリマ作戦本部代表が声明を発表した。

アリマ作戦成功
(画像:ゴジラ撃退時の様子 元画像引用元:『シン・アリマ』


なお、血液凝固剤を注入され活動を停止したアリマ・ゴジラは、
その後、データ収集のために解析に回されたという。
現在では、収集されたデータを用いて精密に再現されたアリマ・ゴジラのデジタルフィギュアが、
JRAのウェブページ上で公開されている。

また、ゴジラ討伐を祝し、JRAは期間限定で壁紙もプレゼントしているようだ。

ゴジラフィギュア例
(画像:公開されているゴジラのデジタルフィギュア 画像引用元:『シン・アリマ』



※この記事の内容はすべてフィクションです。
 実在の個人、組織、及び団体には一切関係ありません。

 ただし、JRAが「シン・ゴジラ」とコラボして制作したゲーム「シン・アリマ」は、
 実際に12月26日まで期間限定公開されております。



おまけ:シン・アリマ特典壁紙


※画像はクリックで拡大できます。

ゲームクリア特典の壁紙
クリア特典小クリア特典大
1920 × 10802560 × 1900
血液凝固剤1500万kl達成特典の壁紙
凝固剤小凝固剤大
1920 × 10802560 × 1900




下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

競馬伝説、「クリスマス号に挑戦イベント」ネタ等

本家ネタ

※この記事は競伝プレイヤー用です。

競伝ネタ

以前から公式ブログで告知されていた「クリスマスらしさ」を含めたイベントは、
まさかの「クリスマス号」が出現するフリーレースイベントでしたね。

今回は、そんな競伝が22日に行ったクリスマス関連の更新をネタにしてみることにしましょう。

運営から「ミステリー」のクリスマスプレゼント


新仕様の種牡馬シンジケートを通じてプレイヤーに多くの謎をもたらしている競伝運営ですが、
ことイベントを通じても【ミステリー】をプレイヤーに提供しているようです。

下の画像は公式イベント説明ページの一部を抜粋したものでありますが、
文章を上から見ていくと・・・

突っ込みどころ
(画像:イベント説明の一部 画像引用元:『競馬伝説Live!』


「特別競走馬に先着すると【必ず】クリスマスプレゼントがGETできちゃいます」、
「出走頭数が多いほどクリスマスプレゼントを【GETできるチャンスがアップ】」、
「クリスマス号に【先着しても】特典アイテムが【出現しない場合があります】」、

と説明されていて、

もはやアイテムが確定出現するのかそうでないのかさえ、
ページを見ただけでは全くわからない状態になっています。

どうやら、最近の競伝運営の間ではミステリーがトレンドになっており、
プレイヤーに対するクリスマスプレゼントも軽い謎解き要素になった模様です。


ちなみに、実際のイベントでは、特別競走馬は【確定出現】ですが、
アイテムは【確定出現ではない】仕様になっていました。


運営からのクリスマスプレゼント?


「クリスマス号からの挑戦状」イベント開催中の競馬伝説では、
どうやら謎のクリスマスプレゼントも出現する仕様になっていたみたいです。


なんでも、カード伝説の目玉クラスにもなり得そうなEXカードの数々から、


事例1


GⅠ制覇の称号までもがプレゼントになっていたみたいです。


事例2


まさに、クリスマスプレゼントにふさわしい大盤振る舞いですね。


もっとも、何らかの新要素を追加すると従来の要素にバグが生じるという、
ほぼ毎回恒例となっているアレなだけでしたけどね・・・。

EASY,NORMAL,HARDの3段階を明確に表示する設定を導入したら、
代わりに普通の表示がかなり見にくいものになったということです。


表示例


とりあえず、このバグのおかげで、「撒きフリレ」が禁止されているBCサーバーにて
距離000mの撒きフリレ(もどき)が開催されるという、非常に珍しい光景を拝むことができました。


無期限ペット規制の撤回


一般的にクリスマスはキリストの降誕を祝うイベントとされていますが、
こと『競馬伝説』では無期限ペットの復活を実質的に意味する日となりました。

前回の『EX招き猫』でも無期限ペットが久々に出現したと一部で話題になっていましたが、
今回はなんと『オコジョ』のクリスマスバージョンまで出してきました。

最初に無期限ペットの登場規制が宣言されたのが、現運営へ移管する前の2012年12月の更新、
「2013年福袋祭り!」の説明ページにおいてでした。

あれから、幾度か無期限ペットに関する議論がありましたが、
とうとう規制が緩和される方針が明確になってきたみたいですね。


運営からのお告げ
「クリスマスは一人で静かに過ごすべき」


「クリスマス号からの挑戦状」イベント、内容をよくよく見てみると、
「一人でイベントをこなせ」ならぬ「クリスマスは一人で静かに過ごすべし」
という運営からのお告げが込められていそうな気がしてきます。

まず、イベントの目的としては、日替わりで出現する3段階の強さのクリスマス号に、
特定条件下のフリーレースで先着することとなっています。
そして、その目的を達成した場合にクリスマスアイテムを獲得できる可能性があり、
出走頭数が多いほどにその確率が上がります。

ここまでなら、多くのプレイヤーで集まってイベントをこなす必要があるように見えるかもしれません。

しかし、このイベント、フリーレースのホストとゲストで達成度合いが異なる場合、
ゲストにカードが出現する可能性が一切ないという仕様になっているのです。

そのうえ、クリスマスカードの出現枚数は、3つの段階の強さでそれぞれ1日1枚のみ。
つまり、ホストにとっては長々とフリレを開催し続けるメリットは一切ないうえ、
ゲストもわざわざカード出現率がゼロのレースにわざわざ付き合う必要がありません。

結果として、自分一人でフリーレースを開催してさっさとイベントを終わらせてしまうのが、
もっとも効率的で良い攻略法となっています。

しかも、一人でフリーレースを回すとローディング時間も大幅に短縮できるというメリットつきです。

もはや集まってフリーレースする意味はほとんどないというイベントになっているため、
「一人で静かに過ごすべき」クリスマスにはうってつけなイベントになっていますね。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

サンタふーちゃんバナー1  サンタふーちゃんバナー2


▲PageTop

統一サンタクロース協会(USO)、無念のクリスマス中止を発表

未分類

※この記事はネタフィクションです。

統一サンタクロース協会

12月24日、統一サンタクロース協会(USO)が、今年のクリスマスを中止するとの声明を発表した。

USOは世界中のサンタクロース有志によって結成され、
「全世界の人々に夢とプレゼントを運ぶ」を標語に長年活動を続けている協会。
年に数回、世界中のサンタ達を招集し、その年のクリスマスにおける計画を
秘密裏に練っていることでも知られている。


協会の発表によれば、クリスマスを中止せざるを得ない理由は、
世界各地で多発する傾向にあるテロ行為と鳥インフルエンザの流行にあるようだ。

協会の取り決めでは、サンタは世界中の人々に例外なく夢とプレゼントを運ばなければならず、
人々の夢を守るため、事前の計画を他人に一切知られてはいけないとされている。
いわゆる「サンタ鉄の掟」とも呼ばれているルールであるが、この決まり事がある以上、
サンタたちは事前にフライトプランを提出したりすることが許されない。

しかし、世界中の国々が警戒態勢を強めている現在、
サンタたちがクリスマス当日に隠密活動を行うのには限界があった。

事前にフライトプランを提出しなければ、警戒態勢にある戦闘機や戦艦に撃墜される危険が高まる。
たとえ無事に陸地に降り立ったとしても、今度は不審人物として警官や陸軍に包囲されるかもしれない。
そのうえ、監視が厳しくなった関係で、世界中を移動するサンタ達にも疑いがかかりやすくなっており、
通信機器を利用したサンタ同士のやり取りも傍受の対象になりやすくなっている。

事前計画の一切を各国政府に通告せずにクリスマスプレゼントを安全に配るのは、
もはや不可能といっても良い状況に追い込まれていた。


クリスマスの中止を何としてでも避けようと、通信傍受の対策として、
サンタ間の連絡に伝書鳩を利用する代替案を考え出すサンタもいたという。
しかし、最近流行の兆しを見せている鳥インフルエンザの影響で、鳥類の移動に対する監視も厳格化。
そのうえ、ウイルス感染によるダメージで、計画の要となる伝書鳩自体も不足する事態となった。

安全に世界中を回れないうえに代替案も使えない状況では、
もはやクリスマス中止を宣言する以外の道は残されていなかった。


「クリスマス中止の声明を出さなければならないのは、非常に残念なことです。」
USO代表のクロース氏は、残念そうな表情でクリスマス中止を発表した。

「せめて世界がもう少し平穏であったのならば・・・。」
クリスマスを中止せざるを得ない現状を嘆きながら、クロース氏は声明発表の場を後にした。


USOのクリスマス中止声明、信用に値しない!?


USOが無念のクリスマス中止声明を発表する一方、長年協会を観察してきたサンタ研究家達は、
クロース氏の会見をしらじらしい演技だと見ている。

クリスマス中止の声明は絶対に信用してはいけない。
そのように主張する一人が、日本のサンタ研究の第一人者である三田氏だ。

彼に言わせれば、残念そうにクリスマス中止を発表して世界中を油断させるのが、
USOの常套手段なのだとか。

「お忘れになられているかもしれませんが、USOは昨年にもクリスマス中止の声明を出しています。
ですが、どうでしょう、昨年の彼らはおとなしくしていましたか」。
昨年の事例を出し、USOの声明は信用に値しないと三田氏が語る。

「クリスマスを実行する為なら、サンタはあらゆる手段を使ってきます。
これまでにも彼らは、クリスマスを阻むものは何であれ、すべて殲滅してきました。
たとえ戦闘機であろうと、彼らは撃墜してきたのです。
私はこれまでに何度も言ってきましたし、これからも何度でも言います。
彼らの赤い服は、血で染まっているものだと」。

USOの会見を鵜呑みにして油断してはいけない。
25日を目前にして、サンタ研究家達は世界中の人々に警告を発している。

▲PageTop

««

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム