リアル競馬ネタ

【 リアル競馬ネタ 】 記事一覧

東京大賞典、初の海外売り上げ実績まとめ

リアル競馬ネタ

12月29日、地方競馬唯一の国際GⅠ東京大賞典の開催に際し、
大井競馬場もとい東京シティ競馬(TCK)は、史上初めて海外での馬券販売を行った。

TCKが新たに馬券市場を開拓したのは、オーストラリアとニュージーランドの2か国。
馬券はTotalisator Agency Board(TAB)と呼ばれる場外馬券場で販売され、
日本の馬券市場とは別のプールにもとづいてオッズが算出された。

また、レース映像はSky Racingを通じ、英語実況付きで生中継が行われた。


そこで今回は、東京大賞典の海外売り上げ実績(パリミュチェル方式分)等をまとめてみた。


※以下の要素はタイトルをクリックすると展開します。

英語実況映像



単勝・複勝オッズ比較



払い戻し比較



売り上げ比較







下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

フリントシャーvsファウンド、世界最高のシルバーコレクター決戦!

リアル競馬ネタ

通算24戦2着11回、
現役最高のシルバーコレクターと評され、一部では【師匠】と称えられてきたフリントシャー

そして、通算成績21戦2着11回、
フリントシャーを継ぐ次世代の逸材と期待されたファウンド

長きにわたって繰り広げられた2着を巡る両馬の物語は、
2016年11月6日、BCターフでの2度目となる直接対決にて、ついに閉幕をむかえた。


奇妙にも思える2着を巡る壮絶な争いは、2014年、フリントシャーが思わぬ覚醒をしたところから始まった。
パリ大賞典馬ながらニエル賞4着凱旋門賞8着と成績が振るわなかった同馬は、
4歳になって突如安定感のある存在に急成長。
3歳時のパフォーマンスからは考えられない6戦2着4回という年間成績を残し、驚異の2着率67%を記録した。



(映像:2014フォワ賞)


(映像:2014凱旋門賞)


(映像:2014BCターフ)


この馬こそが現役最高のシルバーコレクターだと、
一部の競馬ファン達が、フリントシャーに期待を寄せ始めた。

そして、翌年、さっそく前哨戦からドルニアに不覚を取って2着入線を果たしたフリントシャーは、
続くドバイシーマクラシックでも、またも期待に応えるかのように2着で入線。
もはやシルバーコレクターとしての才能は疑いようがないと認識されるようになり、
一部では、2着入線の伝統芸を極めし者との意味で、【師匠】と敬われるまでになった。



(動画:2015年ドバイシーマクラシック)


だが、同年、現役最高のシルバーコレクターとしての名誉を得た【師匠】の前に、思わぬライバルが出現した。
そのライバルというのが当時3歳の牝馬、ファウンドであった。

2歳時にマルセルブサック賞を制したファウンドは、牝馬クラシック路線の主役と目されていた馬であった。
ブックメーカーが提供する英1000ギニーの前売りオッズでは、当然の如く1番人気に君臨
2着からはとても縁遠く、シルバーコレクターの才能を全く感じさせない様な存在であった。

しかし、思うように調教が積めなかったとして、オブライエン調教師が英1000ギニー回避を表明して以降、
ファウンドの思わぬ才能が花開くことになる。

英1000ギニーの代わりに前哨戦として挑んだアサシS(GⅢ)、
そこで蚊帳の外とも思われた最低人気の古馬相手に不覚を取って2着に敗れると、
続く愛1000ギニーでもプリースコック相手に2着で入線。
次走のコロネーションSでもエルヴェディヤの2着に終わり、まさかの牝馬限定戦年間勝率0%を記録。
あのフリントシャーでもめったに達成できない3連続2着を、いともあっさりと達成してしまったのだ。

コロネーションSの次に挑んだ前哨戦のロイヤルウィップSで連続2着記録は止まったものの、
その次の愛チャンピオンSでは、ゴールデンホーンに敗れて再び2着を確保。
凱旋門賞出走時点で5戦2着4回と、あのフリントシャーをも凌駕する8割もの2着率を誇っていた。

もしかしたら、ファウンドの方がフリントシャーより【師匠】の座にふさわしいのではないか。
予想外の逸材の台頭によって、2015年凱旋門賞での直接対決を前に、
競馬ファン達が初めてフリントシャーに疑問を抱き始めるまでになった。



(映像:2015アサシS)


(映像:2015愛1000ギニー)


(映像:2015コロネーションS)


(映像:2015愛チャンピオンS)


もっとも、2015年の凱旋門賞で格の違いを見せつけたのは、ご存知の通りフリントシャー師匠であった。

レースがスローな展開に落ち着く中、後方のラチ沿いで競馬を進めたファウンドに対し、
フリントシャーは、先行するゴールデンホーンの真後ろという絶好のポジションを確保。
最後の直線でファウンドが馬群から抜け出せなくなる一方で、
フリントシャーは、狙いすましたかのように2年連続となる凱旋門賞2着を達成した。

やはり、真のシルバーコレクターはフリントシャーで間違いない。
直接対決でファウンドに格の違いを見せつけた師匠の姿を見て、
真のシルバーコレクターが誰であるかを疑う余地はなくなったように見えた。



(映像:2015凱旋門賞)


しかし、フリントシャー師匠とファウンドの物語は、これで終わらなかった。
翌年に4歳となったファウンドが、フリントシャーを凌駕する異次元のパフォーマンスを披露したのだ。

凱旋門賞の次走である英チャンピオンSで再び2着を確保したファウンドは、
その後しばらく2着から離れる競走生活を送っていた。
BCターフでゴールデンホーンを下し、ようやく勝利をおさめると、
翌年の復帰初戦となったアレッジドSでは3着に入線。
その次のムーアズブリッジSでもあっさりと勝利を挙げた。

もはや、フリントシャーの2着王の座は揺らぐことはない。
凱旋門賞に続き、香港ヴァーズでも2着を確保したフリントシャーの姿を見て、
多くの競馬ファンは、ファウンドが【師匠】の座を脅かすことはないと思いかけていた。



(映像:2015香港ヴァーズ)


だが、そこからファウンドの快進撃が始まった。
タターソルズゴールドカップでファシネイティングロック相手に久々の2着入線を果たすと、
続くコロネーションCでもポストポンドから離された2着を着実に確保。
次走のプリンスオブウェールズSでも、完全に抜け出して誰もが勝ったと思ったところを
最低人気のマイドリームボートに差されるという、芸術的な流れで2着。
さらに、確勝と目されていたヨークシャーオークスでも、
同厩4番手評価の馬でしかなかったセヴンスヘヴン相手に、まさかの2着を喫した。
あのフリントシャー師匠ですら生涯一度も達成したことがない4連続2着を、
あろうことか全てGⅠレース達成してしまったのだ。



(映像:2016タターソルズゴールドC)


(映像:2016コロネーションC)


(映像:2016プリンスオブウェールズS)


(映像:2016ヨークシャーオークス)

この怒涛の2着奪取劇を前にして、競馬ファンも考えを改めざるを得なくなった。
まだ、フリントシャーとファウンドの対決には決着がついていない。
ファウンドは依然としてフリントシャーを脅かしうる存在であると。

世界最高のシルバーコレクターの座を巡る争いは、再び激しさを増すことになった。


ファウンドが怒涛の快進撃を続ける一方、アメリカに活躍の場を移したフリントシャーは、
これまでと打って変わって連勝街道を突き進んでいた。
6月にマンハッタンSで完勝すると、7月にもボーリンググリーンHでもあっさりと連勝。
8月にはソードダンサーSで連勝を3に伸ばし、2着からは縁遠いレースを繰り返していた。

一気に2着回数を積み重ねるファウンドに対し、連勝を重ねるフリントシャー。
2頭のキャリア通算2着数は、しだいに接近していった。

そして、9月10日、最高レベルのメンバーと評された愛チャンピオンSに出走したファウンドは、
フランスの3歳馬アルマンゾールに差され、驚異の5連続2着記録を達成。
年明け時点では5つも差があったフリントシャーとファウンドのキャリア通算2着回数が、
ついに互いに10で並んだのであった。



(映像:2016愛チャンピオンS)


このままの勢いならば、ファウンドがフリントシャーから師匠の座を奪い取るであろう。
徐々にファウンドが優勢と見る競馬ファンが出てくるようになった。

しかし、ファウンドが迫ってきたことで血が騒いだのか、フリントシャーはかつての走りを取り戻した。
同馬は、確勝とみられていたターフクラシックSでエクトーに不覚を取ってしまい、久々となる2着を確保。
奇しくもファウンドが凱旋門賞に挑む直前に、キャリア通算2着回数で再び一歩リードしたのだ。

一方、ファウンドは凱旋門賞でこれまでとは一変した競馬を見せた。
多くの馬がバテバテになるハイペースのレコード決着の中、一頭だけ突き抜ける形で完勝。
驚異の連続2着記録も5で止まることになった。



(映像:2016ターフクラシックS)


この結果によって、フリントシャーが世界最高のシルバーコレクターの座を確定させたかに思われた。
当初の予定では、ファウンドは凱旋門賞とBCターフに出走して引退するとされていた。
そのため、仮にファウンドがBCターフでフリントシャーから2着を奪ったとしても、
通算2着回数を逆転することができない見込まれていたのだ。

しかし、凱旋門賞を制したファウンド陣営は思わぬ予定変更を発表。
なんとBCターフを前にチャンピオンSにも強行出走すると表明し、
ファウンドの2着数がフリントシャーのそれを上回る可能性が残されることになった。


そして、凱旋門賞から約2週間後の10月12日、宣言通りにチャンピオンSに出走したファウンドは、
ある意味で期待に応える走りを披露した。
愛チャンピオンSでも敗れたアルマンゾールに、再び敗れて2着となったのである。

この2着が加わったことによって、フリントシャーとファウンドのキャリア通算2着数が、
再び11で並ぶ事態となった。
片や、2着回数11回で直接対決を制した実績のある【師匠】フリントシャー、
片や、その【師匠】ですら成し遂げられなかった5連続2着の記録を達成し、
再び師匠に匹敵する存在へと成長したファウンド。
師匠の座を巡る奇妙な2頭の争いは、BCターフでの直接対決に持ち込まれた。



(映像:2016英チャンピオンS)


2016年11月6日、最終決戦の時がついに訪れた。
カリフォルニアクロームとアロゲートが激突するメインレースのBCクラシックを控え、
場内が興奮に包まれていく中、ファウンドとフリントシャーがBCターフで発走した。

レースでは、ハイランドリールが序盤から逃げを打ってペースを落とす中、
フリントシャーが4、5番手のラチ沿い、ファウンドが最後方から2、3番手に位置を取った。
ペースの違いやコースの違いがあるとはいえ、いつぞやの凱旋門賞と似たような位置関係であった。

そして、直線でも以前の直接対決を想起させるような展開となった。
上手くスローペースからの思い切った抜け出しを成功させたハイランドリールが勝負を決める中、
フリントシャーは悠々と単独2番手にまで浮上し、勝ち馬との差を懸命に詰める。
一方、後方から競馬を進めたファウンドは、道中徐々に差を詰め、直線でも勢いよく追いこむも、
フリントシャーに及ばない3番手にまでしか上がってこれなかった。

終わってみれば、2度目の直接対決でも圧倒したのは【師匠】の方であった。

1着にハイランドリールの馬番12が掲示される中、2着で点灯したのはフリントシャーの馬番4であった。
この瞬間、BCターフの勝者が決まると同時に、世界最高のシルバーコレクターの存在が確定した。
フリントシャーが世紀の対決を制したのだ。




レース後、全てを出し切ったファウンドとフリントシャーは双方ともに引退を表明。




2年にもわたる2頭の対決は、フリントシャーが最後まで【師匠】の意地を見せる形で決着したのだった。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

新外国人騎手カミッテル・ルメール、驚異の1日8勝を達成!

リアル競馬ネタ

カミッテル騎手
(画像:来日してわずか1日で痛烈な印象を与えたカミッテル騎手)


11月6日、短期免許を取得したばかりのカミッテル・ルメール(Camittere Lemaire)騎手が、
来日早々、日本の競馬ファンに強烈な印象を与えた。

あの武豊騎手が過去に樹立した1日8勝の中央競馬記録を、いとも簡単に達成してしまったのだ。

来日前より関係者の間で評判を集めていたカミッテル騎手は、
日本競馬初デビューにもかかわらず、いきなり10鞍もの騎乗馬を集めていた。
騎乗予定の馬は全て上位人気に推される程であったこともあり、
来日早々から勝利をあげるであろうと、競馬関係者はカミッテル騎手に期待をかけていた。


そして、カミッテル騎手の活躍は競馬関係者の予想を遥かに超えた。
当日10回の騎乗機会に恵まれたしたカミッテル騎手は、
いきなり第2レースで勝利を挙げると、その勢いのままに第3、第4レースでも勝利。
そして第5レースで2着に敗れ、勢いが止まったかと思えば、第7レースから第10レースで怒涛の4連勝。
メインレースでようやく馬券圏内を外したものの、その後の最終レースで見事に勝利をおさめ、
歴代最高記録タイとなる1日8勝を達成した。

騎乗した10レースで8勝を挙げ、負けた2レースの内1レースでも2着に入線。
唯一馬券圏内を外したメインレースでも4着にまでは迫っているという成績で、
まさに大暴れといっても過言ではない程の活躍っぷりであった。


(映像:カミッテル・ルメール騎手の活躍)


文字通り「神がかっている」としか思えない驚異的な騎乗を見て、一部の競馬関係者は、
あの名古屋競馬で重賞を制したトルコのミルコ・デミール以来の逸材とカミッテル騎手を絶賛。
今後も騎乗しに頻繁に来日してほしいとの声が上がった。

一方で、競馬新聞社や競馬ファンにとって、カミッテル騎手は厄介な存在となった。
カミッテル騎手はクリストフ・ルメール騎手と同じくC.ルメールと表記されるため、
紙面上では両騎手の区別がつかなくなる。
それゆえ、カミッテルな方のルメール騎手の馬券を購入しようとすると、
クリストフな方のルメールの馬券を間違って購入しかねないと懸念されたのだ。

新聞購読者からのクレームを受けて対応を急ぐ競馬新聞としては、
将来有望な外国人騎手という思わぬ話題が得る一方で、同時に厄介な問題も増える形となった。


なお、一部競馬ファンの間では、実はクリストフ・ルメール騎手が
カミッテル騎手の正体ではないかと疑惑が上がっている。
なんでも、カミッテル・ルメール騎手が大活躍を見せた当日、
競馬場でクリストフ・ルメール騎手を見かけたという報告が一切なかったのだとか。
そのこともあって、カミッテル・ルメールという人物は最初から存在せず、
話題集めのために、クリストフ・ルメール騎手が成りすましていたのではないかと噂されている。


もっとも、カミッテル騎手はこの大活躍の後すぐに帰国したとされているため、
今となっては真相が明らかにされることはないであろう。


※この記事の内容はすべてフィクションです。


おまけ:カミッテル騎手に便乗するC.ルメール


C.ルメール騎手ならぬC.ルメール、便乗して8勝をアピールする図。

便乗カード


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

2016メルボルンカップ、JRAと他国の最終オッズ簡易比較

リアル競馬ネタ

比較

前回凱旋門賞でも行ったように、メルボルンカップでも最終オッズの比較を行ってみる。

今回比較対象に選ぶのは、JRA、TAB、その他いくつかのブックメーカー。

TABはTotaliser Agency Boardの略語であり、
オーストラリアで唯一パリミュチュエル方式での販売が許されているブックメーカーのことを指す。
日本でいうとブックメーカーとPATとWINSを兼ね備えたような存在にあたるため、
独自の固定オッズを提供するブックメーカーよりは、馬券市場の傾向が色濃く反映される。

また、固定オッズでのみ馬券販売を行うブックメーカが、その性質上、
馬単や三連単等の連系馬券を滅多に販売しないのに対し、
パリミュチュエル方式のTABでは、JRA同様に様々な種類の馬券が販売される。
そのため、馬連や三連単のオッズを比較するには、うってつけな存在となっている。

当記事では、TABが提供している2つの馬券市場を比較対象として利用するため、
ニュージーランド等も含めたパリミュチュエル共通プール方式の馬券市場をTAB(S)、
通常のブックメーカーと同じ固定オッズの馬券市場をTAB(F)と、便宜上表している。

単勝オッズ比較 (クリックで展開)



単勝支持率比較 (クリックで展開)



払い戻し比較 (クリックで展開)






下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

日本の凱旋門賞の馬券売り上げに対する、アメリカのとある記事の反応

リアル競馬ネタ

米メディア(というかPaulick Report)で日本の凱旋門賞馬券売り上げが大きく報道されたと、
数日前に話題になっていたので、ここではその話題になってた記事についてまとめてみる。

記事原文リンク (タイトルクリックでジャンプ)



記事意訳 (タイトルクリックで展開)



記事コメント上の反応 (タイトルクリックで展開)





下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

««

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム