本家ネタ

【 本家ネタ 】 記事一覧

競馬伝説、勝負服デザインコンペ等のユーザーイベント開幕中

本家ネタ

※この記事は競伝プレイヤー用です。

ウオッカ


久々に活動を再開した競伝ファンサイト『おいこらの野球&競馬&競馬伝説記』が、
早速ユーザー企画を立ち上げているようですね。

なんでも、自身がゲーム内で使用している勝負服がデフォルトデザインのままであるため、
新たなデザイン案を募集しているのだとか。

ファンサイト登録の有無に関わらず、競伝関連のブログさえ書いていれば誰でも参加可能なうえ、
賞品もゲームマネー100億から参加賞に至るまで多く用意されていることもあり、
投票期限の12/25まで、競伝ブログ界ではちょっとしたネタになるかもしれませんね。

せっかくなので当ブログもその企画に便乗し、(様々なものをインスパイアした)
様々な勝負服案を提示してみることにしましょう。


案1:おいこら団


既存例1

日本の一部競馬ファンの間で通称「ロケット団」と呼ばれている勝負服のアレンジです。
本来存在する「R」を「O」に変えることで、ストレートに「おいこら」要素を入れております。

また、赤色をベースの色とすることで、従来の勝負服要素を残しています。

しかし、残念ながら、この勝負服をゲーム内で再現することはできません。

案2:おいこら!テ〇バー


既存例2

マイケル・テ〇バーの勝負服をアレンジしたものです。
真ん中の丸模様に穴をあけて「O」に見立てることで、「おいこら」の要素を追加しています。
日本の競馬ファン的には、某モン〇ューの勝負服等として印象深いデザインであることから、
なんとなく強豪感も演出できると思われます。

しかし、こちらの勝負服もゲーム内で再現することができません。

案3:早〇田風


既存例3

日本の一部競馬ファンの間で通称「早稲田」と呼ばれている勝負服のアレンジです。
本来存在するWの文字をKに変え、周りを囲む丸をOに見立てることで、
OKで「おいこら」を表現しています。

けれども、やはりこれもゲーム内で再現することができません。

案4:子供の発想


ここまでいくつか既存の勝負服のデザインをアレンジしてみましたが、
所詮は既存のデザインの焼き直しで、奇抜さに欠ける印象がぬぐえないかもしれません。

そこで、既存の勝負服から逸脱したデザインの例として、
某アーリントンパーク競馬場が子供たちから募集し、
ファミリーデーの企画として実現させた勝負服のデザインを見てみることにしましょう

子供案1

子供案2

子供案3

たしかに、実際に使用されている勝負服からはかけ離れたようなデザインが並びますね。

もちろん、かけ離れすぎているため、ゲーム内で再現することはできません。

案5:実在する奇抜な勝負服


子供の案がいくら奇抜で独創的なものであれど、
勝負服本来の目的にかなうデザインかどうかはわかりません。

いくら奇抜なデザインを求めていても、やはり見分けのつきやすい勝負服の方がよいでしょう。

そのような時に参考にできるのが、馬主満足度を向上及び新規馬主参入を促す施策の一つとして、
BHAが実際に使用権をオークションにかけた、6つの奇抜で特別な勝負服の柄です。

BHA1

BHA2

BHA3

BHA4

BHA5

BHA6

実際のオークションでは、一番最高値が付いたのが赤系4色と四角で構成された柄、
一度だけ売れ残ってしまった最低人気が蹄鉄柄のやつであった模様です。

なお、ゲーム内での再現は、もはや言わずもがなです。

案6:結論


ここまで既存の勝負服を色々アレンジしたり、様々な案を見てみましたが、
すべてゲーム内で再現不可能で使い物にならないものばかりになりました。

なんというか、ニッチ層向けのプチ課金要素とでもして、
『競馬伝説』はもっと勝負服デザインの幅を増やしてみてもいいのかもしれませんね。


もっとも、再現できないものは何をやっても再現できません。

そこで、とりあえずダメもとですべての案を足し合わせてみると・・・

重ね合わせ

既存の勝負服の様にシンプルで見やすく、かつ奇抜な勝負服の要素も内包し、
おまけにゲーム内で容易に再現できそうな案が完成しました。

そのようなわけで、企画には関係ありませんが、
当ブログからは上記の「黒一色」をお勧めいたします。


なお、ユーザーイベントで実際に勝負服案を提示する場合、
当ブログの様にゲーム内に存在しない柄を出したり、1人で複数の案を出したりすると、
失格扱いになりますのでご注意ください。

おまけ:浸食のウオッカ


『おいこらの野球&競馬&競馬伝説記』では、もう一つ別の企画も立ち上げられているようです。
なんでも、公式のイベントページにウオッカ(擬人化ダービーガールの方)が頻出する傾向にあるため、
すでに開催が予告されている次回のイベントの説明ページにて、
そのウオッカがどれだけ出現するかを予想するみたいです。

とりあえず、当記事を閲覧してくださってる競伝プレイヤーの方々は、
まず記事の頭でいきなりウオッカに遭遇し、ブログプロフィール上でもウオッカを目撃しますので、
さらにウオッカの策略にはまっていることになりますね。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ウオッカバナー1  ウオッカバナー2


▲PageTop

競馬伝説、予告通りハロウィン限定キャラが出現!

本家ネタ

※この記事は競伝プレイヤー用です。

ハロウィン限定


運営が事前に予告していたハロウィン限定キャラは、大方の予想通りダービーガールでしたね。

とりあえず、当ブログがネタで書いていたような「柏木オチ」みたいなのが来なかったため、
きっと、多くのプレイヤーが安心していることでしょう。


まさかの


今回のアップデートで限定版が出たのは、スイープトウショウ、ダンスパートナー、
ホクトベガの3頭がモデルのダービーガール。
モデルとなっている3頭の内2頭が既に亡くなっている馬であることから、
スイーツとスイープをかけてネタにしたスイープトウショウ以外は、
死者の祭りが元とされるハロウィンに、ある程度ちなんだキャラ選なのかもしれません。

いずれのダービーガールもアビリティ6つに調教効果強化付きということもあって、
一部では、予想以上にチートクラスな調教助手と話題になっているみたいですね。


おまけ(という名の本編):既視感の正体?


今回のアップデート、某ブログではカボチャやお菓子に既視感を覚えたようですね。

そこで今回は、既視感の正体をある程度突き止めてみることにしましょう。


まず、既視感を覚えると話題の「ハロウィンカボチャ」は、
競伝ハロウィンイベント(リンク1リンク2)におけるレギュラーみたいな存在です。
ここ数年で行われた数々のハロウィンイベントには必ず登場してきているため、
もはや出てこないと逆に不安になる程のエース的存在と言っても過言ではないかもしれません。


エースの登板実績
(画像:ハロウィンエースの登板実績 画像引用元:競馬伝説Live!


次に、「ハロウィンお菓子」の方ですが、こちらは某「ハロウィンパンプキン」が抱えていたアイテムですね。
とりあえず、過去にカード伝説ラインアップになった「トリックオアトリートセット(赤)」と比較してみると、
既視感の原因がよくわかるんじゃないかと思います。


ハロウィンお菓子
(画像:お菓子な既視感 画像引用元:競馬伝説Live!


そして、既視感を覚える要素は、カボチャとお菓子以外にも存在しています。

例えば、「マジシャン・ベガ」のトランプと「スイーツトウショウ」のキャンディー、
某「ハロウィンバニー」と某「ハロウィンパンプキン」の画像を見てから、
再度閲覧してみると、なんとなく既視感の正体が見えてくるのではないかと思います。


既視感の原因
(画像:小道具の既視感 画像引用元:競馬伝説Live!


加えて、「ハロウィンダンス」の帽子、いつぞや登場した「ウィッチ千春」を見てから、
再度閲覧すると、なんとなく既視感の正体にピンとくるような気がしてくることでしょう。


既視感の原因2
(画像:帽子の既視感 画像引用元:競馬伝説Live!


おそらく、仮装しようと思ったらダービーガールに先を越されたとの設定みたいですので、
過去の他キャラ衣装を奪ったという要素が絵に含まれているのでしょう。
意外にも設定を活かしてきていますね。


メール参考
(画像:ゲーム内告知メール 画像引用元:競馬伝説Live!


最後に、極めつけの既視感は各ダービーガールの頭です。
公式のダービーガール紹介ページの画像(もとい通常版の画像)をコピーし、
反転したり、ちょっと角度やサイズを変更した後、限定版の画像とそれぞれ比較してみると・・・


画像比較
(画像:画像比較 画像引用元:競馬伝説Live!


重ねる
(画像:重ね合わせの図 画像引用元:競馬伝説Live!


面白いことが判明したりします。


おそらく、「誰だおまえ!?」な別人状態にしないための配慮なのでしょう。
しかし、ここまでやると、もはや1から描いた方が逆に楽なレベルかもしれません。
(なお、ホクトベガの髪の分け目が元の設定と左右逆になっていますが、
仮装ネタがマジシャンですので、これは一種のマジックという設定なのでしょう。)


とりあえず、このハロウィン限定キャラクターを用意する際、運営が某新絵師に課したオーダーは、
「ダービーガールの頭や小道具には既存絵を用いるので、それらとうまく組み合うように
新規ポーズと新規衣装を考えて描いてください。あと、表情は口以外一切いじってはいけません。」
みたいなものだったのかもしれません。

ある意味、すごいハードモードですね・・・。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ラモーヌバナー  


▲PageTop

競馬伝説、種牡馬リーディング特典が迷走中?

本家ネタ

※この記事は競伝プレイヤー用です。

最近、一部プレイヤーの間で、種牡馬リーディング特典の件が話題になっているようですね。

なんでも、公式ブログの説明によれば、16歳で強制引退を向かえた種牡馬が
ランキング入りした場合、該当馬の種牡馬株の元所有者達は恩恵を受けられないとか。


種牡馬株特典


競馬伝説では、晩成馬のピークが7、8歳くらいまで続く仕様に加え、
生産では父の成長型が受け継がれやすい仕様になっております。
そのため、晩成種牡馬の産駒がピークをむかえ始め、
種牡馬リーディングを狙える時期が到来した時点では、
すでに該当種牡馬が強制引退年齢をむかえている可能性が高いとされています。

しかも、高額賞金のレースは古馬戦に集中しており、
その古馬戦では育成期間の長い晩成馬の方が(アビリティーの面等で)有利とされることから、
晩成種牡馬の方が種牡馬リーディング上では有利ともいわれております。


種牡馬リーディングの話が最初に出た際、少数のプレイヤーに大量のゲームマネーが
集中してしまうと懸念する声が一部でありましたが、ある意味でその心配がなくなったかもしれません。

なにせ、種牡馬ランキングが全て16歳以上の引退種牡馬で埋まってしまえば、
どれだけ種牡馬株特典を豪華にしようが、誰の手にも渡らないのですから・・・。


しかし、特典を得るために晩成より早熟種牡馬の方が重宝されるという状況は、
実際の競馬に非常に近いものがありますね。

牡馬は現役を続けてレースに出すより、とっとと種牡馬にした方が利益になる。
だから2、3歳で結果を出せたらすぐに種牡馬にしてしまうという、
現実ではクー〇モア等が得意としているスタイルですね。

もっとも、この影響もあって、馬の現役期間が長い障害競走やトロットに人気が集中し、
平地競走の人気がいまいちになる弊害が、現実の欧州競馬では発生してたりもしますが・・・。


ただ、ゲーム的には、晩成馬がやたらと現役にこだわらない環境になれば、
より多くの馬にGⅠ勝利のチャンスが訪れるようになるかもしれません。
(引退種牡馬がランキング入りしても生産者は特典を得られることから、
晩成馬の早期引退が促進される可能性は薄そうではありますが・・・。)

種牡馬リーディング特典の導入によって競馬伝説に何らかの変化がもたらされるのか、
今後の推移を見守りたいところですね。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ラモーヌバナー  


▲PageTop

競伝運営、公式ブログで「ハロウィン限定キャラ」を予告する

本家ネタ

※この記事は競伝プレイヤー用です。

競馬伝説のゲーム内で毎年のように行われるハロウィン関連のイベントが来ない。

一部ではそのことが話題になっていたみたいですが、
21日、公式ブログ上にて「ハロウィン限定キャラが登場」との予告が出されましたね。

あの不自然なまでの「新しい絵師」推しからあまり経たないうちに予告を出してきたことから、
今度こそ「ブラッシングウオッカの呪縛」から解放される時が来るのかもしれません。


とりあえず、現状の運営なら・・・


それとなくプレイヤーに期待を持たせるだけ持たせ、

期待を持たせる



イベント当日に思いっきり期待をへし折り、

まさかの



そのまま柏木牧場長で盛大にネタ路線を突っ走っていく・・・

中二柏木


というオチでくることはさすがにないでしょうから、

新規画像なども含め、今回の運営の予告はそこそこ期待しても良いのかもしれませんね。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ラモーヌバナー  


▲PageTop

種牡馬リストのニックスソート、表示イメージ図

本家ネタ

※この記事は競伝プレイヤー用です。

とあるブログが便利なニックス表示について記載していたので、
少し異なるところはあるが、便乗してイメージ図をコラージュで作成してみた。


ニックス表示画面


ニックス(N)欄を作製し、丸の有無でニックス関係の有無を表すイメージ図。
項目Nをクリックしてソートすると、丸付きの馬(ニックス)と丸付きでない馬(非ニックス)に
リストを分けることができる。


ニックス検索


検索機能にニックスを付け加えたイメージ図。
ニックスの欄でマル(ニックス)かバツ(非ニックス)のいずれかを選択して検索すると、
選択しなかった方を種牡馬リスト上で非表示にできる。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ラモーヌバナー  


▲PageTop

««

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム