海外レース紹介

【 海外レース紹介 】 記事一覧

フランケル産駒、いきなり勝利を挙げる (+おまけ)

海外レース紹介

フランケル銅像
(画像:アスコット競馬場に立つフランケルの銅像 画像引用元:Sky Sports

生涯成績14戦無敗にして、修正後で歴代最高となるレーティング140を記録
そんな英国競馬界の伝説ともいえる馬、フランケル
5月13日、その馬の初年度産駒が、デビュー初戦でいきなり勝利を挙げた


レース動画リンク(クリックでジャンプ)


フランケル産駒初となる勝利を挙げた馬の名は、Cunco(クンコ)
Chrysanthemum(クライサンテマム)のフランケル産駒であり、
最初に受胎が確認され、フランケル産駒の中で最初に産まれた馬であった。

Cuncoが出走したのは、ニューベリー競馬場で行われた6ハロンの未勝利戦。
そこで、同馬はBorn To Sea産駒のOceanusに次ぐ2番人気に推された。

レースでは、Cuncoが先に抜け出したIsomerをゴール前で捕える競馬を披露。
最初に産まれた産駒が、デビュー戦でフランケル産駒初となる勝利を挙げたのであった。


初年度

ちなみに、初年度種牡馬の産駒勝利数1位を当てる賭けでは、
種付け数を制限しているにもかかわらず、フランケルは現在2番人気に推されている。

産駒が初出走から勝利を挙げ、種牡馬として快調な滑り出しを見せているフランケル。
同馬の産駒がこれからも活躍を見せてくれるのか、今後も注目である。


おまけ:ニューワールドパワー、デビュー戦は2着


フランケル産駒が初めての勝利を挙げた同日、ニューベリー競馬場では、
日本にゆかりのある馬が一頭出走していた。
2014年のセレクトセールにて、カタールのファハド殿下が2億6千万円で落札した【リッスンの13】。
そのディープインパクト産駒こと【ニューワールドパワー】が、
3歳にしてようやくデビュー戦をむかえたのであった。


レース動画リンク(クリックでジャンプ)


ニューワールドパワーが出走したのは、約2000mの未勝利戦。
そこで同馬は、圧倒的1番人気のUlysses(ユリシーズ)に次ぐ2番人気に推された。

レースでは、前走2着のUlyssesが後続を突き放し、人気に応える形で圧勝。
ニューワールドパワーは、デビュー戦としてはまずまずの競馬を見せ、
Ulyssesから8馬身離された2着に終わった。


なお、レースで圧勝したUlyssesは、ダービー路線に明確な本命馬がいないこともあって、
レース後に英ダービー有力候補の1頭として浮上。
ブックメーカーは、同馬の前売り単勝オッズを15~17倍まで引き下げたのであった。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

ディープ産駒Tale Of Life、アメリカダートでトラックレコードを記録する

海外レース紹介

ディープインパクト産駒はダートで走らない」。
競馬ファンの間では、一般的にそのように言われている。

これまでに重賞馬を多数輩出してきたディープインパクトであるが、
ことダートにおいては、めぼしい活躍を挙げた産駒はボレアスただ一頭しかいない。
産駒全体の成績を見ても、100を越える重賞勝ち数に対し、ダート重賞の勝ち数はたったの1。
ボレアスが制した2011年のレパードS以外には、ダート重賞での実績がない。

たとえ条件戦まで含めたとしても、芝での成績とダートでの成績には大きな開きがある。
ディープ産駒がダートで使えないという傾向は、もはやジンクスや噂というレベルを越え、
ある種の常識と競馬界でいわれるまでになっていた。

ボレアス
(ディープ産駒唯一のダート重賞馬、ボレアス 画像引用元:JRA


だが、日本でディープ産駒が芝専用機と揶揄されている中、
アメリカでは、とあるディープ産駒がダート戦にてその素質を開花させていた。

そのとある産駒というのが、Tale Of Life(テイルオブライフ)
H. Graham Motion調教師の下で管理されている、アメリカ調教馬である。

Tale Of Lifeは、今年4月20日にキーンランド競馬場で行われたダート1700mの条件戦に出走。
2着のLemon Drop Titleに4と3/4馬身差をつけて快勝し、
1:42.34のトラックレコードを記録するまでのパフォーマンスを見せたのであった。
レース動画のリンク



Tale Of Lifeは、元々Pascal Bary調教師に管理されていた元フランス調教馬であり、
デビュー戦を楽勝したことで、クラシック戦線での活躍を期待されていた馬である。

しかし、2戦目の条件戦で、後のジョッケクルブ賞(仏ダービー)馬のNew Bay(ニューベイ)に敗れると、
3戦目のプール・デッセ・デ・プーラン(仏2000ギニー)でも13着に大敗。
結果的にクラシック路線でロクな実績を残せずに、アメリカへ移籍していた。





アメリカへ移籍してからも、Tale Of Lifeは芝のレースを中心に使われていた。
サラトガ競馬場で条件戦、ベルモント競馬場でHill Prince S (G3)、キーンランド競馬場でBryan Station S、
サンタアニタ競馬場で条件戦と、4戦連続でTale Of Lifeは1600mから1800mの芝レースに出走した。
しかし、結果はそれぞれのレースで4着降着、8着、7着、3着。
フランスでの競馬と同様に、芝ではあまりいい成績を残せてはいなかった。





そのような経緯で、Tale Of Lifeは移籍後5戦目からダート路線に転向。
ダート初挑戦となるサンタアニタの2000m条件戦でいきなり2着になると、
2戦目となる今回のキーンランドでの一戦で、ついにキャリア2勝目を挙げたのであった。


これまで散々ダートでは走らないと言われてきたディープ産駒。
その産駒の一頭であるTale Of Lifeがダートのトラックレコードを塗り替えたことで、
今後ディープ産駒に対する認識が変わるきっかけとなっていくのか。

Tale Of Lifeの今後の活躍に注目である。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

欧州障害界のお祭り、グランドナショナル2016!

海外レース紹介

30の障害に、最後の長い直線

約6900mの過酷な戦いに挑むは、総勢39頭の馬達。


イメージ図
(画像引用元:The Guardian)

昨年の勝ち馬が連覇を決めるのか、

めにーくらうず
(画像引用元:Daily Star)

他の有力馬が栄冠を勝ち取るのか、

シルヴィニアココンティ   ザラストサムライ
(左画像引用元:Sportinglife)  (右画像引用元:Channel 4)

大穴馬が波乱を巻き起こすのか・・・、


世界最高クラスの馬券売り上げを誇る
欧州のお祭り障害レース・グランドナショナル


日本時間の4月9日25時15分に発走!!


生中継サイト


以下のサイトを利用して、グランドナショナルをライブ観戦しよう!

グランドナショナル出走表




グランドナショナル・レース結果




レース動画・詳細


※以下の要素は、「クリック」することで展開します。
※発走時刻は日本時間で記載してあります。

1日目(4/7)



2日目(4/8)



3日目(4/9)



その他情報


※以下の要素は、「クリック」することで展開します。

グランドナショナル・特殊な賭けの数々



グランドナショナルはブックメーカーの大勝利に!



CH4、瞬間最高視聴数1000万人を達成



アイルランドのマリンズ調教師、英国リーディング調教師への道



カメラマンのAlan Crowhurst氏、レースを妨害して追放される



ルビー・ウォルシュ騎手、手首の骨にひびで開催3日目欠場



アマチュア騎手の父親、グランドナショナルで息子に乗せる馬を購入



グランドナショナル・クイックピック




下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー






▲PageTop

欧州障害競走の祭典、チェルトナム・フェスティバル2016!

海外レース紹介

欧州最強の障害馬は誰だ!?

その答えは、チェルトナムにある・・・。


サクレ
(画像引用元:Racing Post Twitter

欧州中の有力障害馬達が、一堂に会す頂上決戦!

欧州障害界の祭典、チェルトナムフェスティバルの開幕だ!


(※開催期間は、日本時間で 3/15 22時30分 ~ 3/19 2時30分 になります。)

チェルトナムフェスティバルとは?


チェルトナムフェスティバルとは、イングランドのグロスターシャに位置するチェルトナム競馬場で、
毎年3月に開催される欧州障害競走の祭典である。
各路線の有力障害馬が集結する開催でもあり、
実質的に、各路線の最強馬決定戦という意味合いを持つ開催となっている。

元々は2日開催のフェスティバルであったが、しだいに開催日数とレース数が増え、
2005年からは現在の4日開催に変更。
現在では、4日間の開催で14のGⅠレースを含む合計28レースが行われている。

英愛競馬では、馬券の売り上げや観客の盛り上がりが、
平地競走よりも障害競走のほうがすごいということでよく知られているが、
その中でもチェルトナムフェスティバルは別格とされる。

特に、第1レースのスタート時には大歓声が巻き起こるのが伝統とされており、
その歓声は、「チェルトナムロアー」(Cheltenham roar)と形容されている。

生中継サイト


以下の中継サイトを利用して、チェルトナムフェスティバルをリアルタイムで観戦しよう!
他にも中継サイトの候補はありますが、毎年そこまで視聴者が集まることがないため、
ニコニコ生放送を利用しておけば、とりあえず大丈夫だと考えられます。

レース詳細 と レース動画


以下の要素はクリックで展開することができます。
また、レースの発走時間は、日本時間で表記しております。

1日目(3/15)




2日目(3/16)




3日目(3/17)




4日目(3/18)




その他・おまけ


以下の要素はクリックで展開することができます。

英国勢VS愛国勢の結果



推定損失額6000万ポンド!?
ブックメーカー史上最悪のブラッド・フェスティバル!



フェスティバル中の死亡馬



レース別、馬券売り上げランキング (3/23 追記)




下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー




▲PageTop

アイルランドの障害馬Felix Yonger、 中山グランドジャンプ参戦か!?

海外レース紹介

昨日、パンチェスタウン競馬場で行われたTied Cottage Chase(GⅡ)を制したFelix Yonger
その同馬が、中山グランドジャンプに参戦するかもしれないとレーシングポストが報じた


Felix Yongerは、マリンズ調教師が管理する10歳のアイルランド調教馬だ。
チェイス戦では14戦8勝、ハードル戦では6戦3勝の成績を上げており、
バンパー戦も含めれば、23戦12勝という競走成績の馬である。

管理するマリンズ調教師は、アイルランド障害界のトップ調教師で、
日本においてはブラックステアマウンテンの調教師として知られる。
また、ニコ生の海外レース中継上では、あまりに勝ちすぎていつもインタビューを受けていること、
及びいつも帽子をかぶっていることから、「いつもの帽子」と形容されている存在だ。



記事によれば、Felix Yongerの目標は、チェルトナム開催に行われる
Queen Mother Champion Chaseか、中山グランドジャンプのいずれかになるという。
また、マリンズ調教師によれば、予定はこれからオーナーと相談して決めるとのことで、
どちらのレースに行くかはまだ決まっていないとのこと。

しかし、今年のQueen Mother Champion Chaseのメンバーは厚くなることが確実であるため、
Felix Yongerが中山に遠征する可能性は、それなりにあるといえるかもしれない。

ためしに、現時点のQueen Mother Champion Chase登録馬を見てみると・・・

同じくマリンズ調教師が管理する、落馬でしか負けたことのないUn De Seaux参考レース)。
全盛期に歴代3位のタイムフォームレートを記録したスターホース、Sprinter Sacre
スプリンターサクレ戦線離脱中にトップの座に君臨していた、Sire De Grudy
昨年の同レース覇者で、デットーリ騎手が生産したことで知られる、Dodging Bullets

などなど、4頭ほど抜き出しただけでも、これだけのメンバーが揃う想定である。
そして、少なくともこれらの馬と比べると、Felix Yongerは1、2枚くらい落ちるイメージだ。


また、マリンズ調教師は、Un De Seauxの他に、
VautourでもQueen Mother Champion Chaseに登録をかけている。
そのため、できればFelix YongerをQueen Mother Champion Chaseではなく、
中山のほうに出走させて、高額賞金を狙わせたいという意図もあることであろう。

もっとも、Felix Yongerの馬主にとっては、マリンズ調教師の使い分け等知ったことではない。
しかも、中山遠征を行った場合は、検疫の関係で4月のレースを使えなくなる。
その意味では、馬主が中山遠征を許可しない可能性も十分にあることは確かだ。


だが、もしFelix Yongerの来日が確定すれば、
再び中山競馬場に遠征馬とウォルシュ騎手がやってくることになる。
その意味では、同馬の今後の予定は、しばらくは日本でも注目を集めることになることであろう。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

««

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム