未分類

【 未分類 】 記事一覧

大口投票撃沈!開票中の手のひら返し!イギリス国民投票でブックメーカー勝利!

未分類

イギリス国民投票でのEU離脱派の勝利によって市場が大荒れする中、
ブックメーカーだけは勝利をほぼ確実なものとしていた。

英国民投票
(画像引用元:The New York Times

どちらが勝つかわからない不確定要素の塊であるイギリスの国民投票は、
ブックメーカーにとって絶好のビジネスチャンスとなった。
EU離脱を巡る国民投票は、世論調査では常に接戦と予想されていた上に、
常日頃からメディアに取り上げられるほど影響力が大きく、人々の認知度と注目度も高かった。
それゆえ、ギャンブルの素材としては、まさにうってつけの出来事であった。

注目の国民投票によって、ブックメーカーの元には多額の資金が流入した。
賭けられた額は、火曜日と水曜日の2日だけでも300万ポンド。
ウィリアムヒルの推定によれば、今回の国民投票結果に対して最終的に賭けられる額は、
伝統的なブックメーカー業界全体で推定2000万ポンドにも及び、
ベットエクスチェンジも含めると推定1億ポンド程の金額が動いていたという。
政治的な投票に対する賭けとしては、歴代最高レベルに大きいものとなったようだ。

(※ちなみに、レスター優勝でブックメーカーが払い戻した額は推定2500万ポンド。
2016チェルトナム・フェスティバルでブックメーカーが被った損失は、推定6000万ポンド。
また、グランドナショナルに賭けられた金額は、エクスチェンジ抜きで推定1億5000万ポンドにも達する。)


割合イメージ
(画像:購入額と購入数で割合が逆転するイメージ図)


世論調査で残留と優勢が拮抗している中、ブックメーカーの付けるオッズ上では
残留側の方が圧倒的優勢とされていた。
ウィリアムヒルによれば、全体的な購入数自体は離脱側の方が多かったが、
購入金額的に大きい賭けは残留側の方に集中していたという。
そのため、投票数では賭けの75%が離脱側に偏っている一方で、
購入金額の75%は残留側によって占められるといった状況が生じていた。
結果的に、世論調査の結果以上に、残留側のオッズが低くなる現象が発生していたようだ。

このブックメーカーのオッズを受けて、人々の間では様々な憶測が生まれた。
一部では、大口購入の存在は確信の強さを示していると推測することで、
実際の国民投票でも残留側が優勢であると予想する動きもあった。
また、別のところでは、単純な投票数の多さから、1人1票である実際の投票では
離脱側の方が優勢だとも見られていたという。


ブックメーカー手のひら返し
(画像:2015年JFKのダービー前売り並みの手のひら返し  引用元:Oddschecker)


実際の国民投票では、離脱側が開票から優勢のまま推移。
開票が進むにつれて、オッズを大幅変更する盛大な手のひら返しをブックメーカーが実行し、
残留に対して投じられた大口投票の数々は、全滅することがほぼ確実となった。
どうやら、今回は賭け数の多いほうが勝利をつかむ展開になったようだ。


なお、この国民投票では、ブックメーカー各社は特に大きな損失を出すことはなかった。
主要なブックメーカー3社は、開票前から結果に関わらず大きな損失は生じないと発言していた。
また、Ladbrokesは、離脱か残留のいずれかが6割近く得票した場合は赤字になると表明していたが、
離脱派が51.9%の得票で勝利したことによって、小さな利益を確保することに成功したようだ。

結果的に、株式市場が大荒れする中、ブックメーカー業界の一人勝ちが確実となったのであった。


おまけ:ブックメーカーの損失発生原因


ブックメーカーが損失を被る原因は主に3つ存在する。
  1. 実際の購入金額と付けたオッズの割合とのズレ

  2. 転がし賭けによる多額の払い戻し発生

  3. そもそもの売り上げが少ない

1の例は主に穴が勝利した場合に発生するもので、
例としては5000-1ものオッズで優勝したレスターがあげられる。
また、元返しオッズをつけられないため、単勝1.05倍が勝利した場合でも損失が出ることがある。

2の例は主に人気候補や有名候補が連続して勝利した場合に発生するもので、
例としては、2016年のチェルトナムフェスティバルやデットーリのアスコット1日全勝があげられる。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

2/3の3倍は6/9!?数学界を揺るがす驚愕の定理!

未分類

「【2/3】を3倍すると【6/9】になる」。

その数学界の常識を揺るがしかねない新定理が、世田谷のとある大学の研究によって導かれたと、
6月22日にtwitter上で発表された。

黒板風文字
(画像:2/3 * 3には別解が存在した!?)


通称「ユイニャー定理」とも呼ばれる新定理は、Twitter上に打ち出された
とある政党広告がきっかけとなって発見された。
420万円ほどでTwitter上に1日だけ掲載できる広告には、「2/3を取らせない」という
2/3を含む力強いメッセージが記載されていた。
その広告を偶然にも見つけた世田谷のとある学生が、試しに2/3を3倍にする計算を実施してみたところ、
特定の条件下では、答えが6/9になることに気が付いたのだという。

これまでの一般的な算数では、2/3の3倍は2であると考えられてきた。
しかし、実際には、2/3の3倍は6/9にもなりえたというのである。


3分の2広告
(画像:ユイニャー定理が導出されるきっかけとなったといわれる広告 画像引用元:リンク


この【ユイニャー定理】を発見した大学側によると、一見同じ割合に見える2/3と6/9では、
数字からは見えない重みに3倍の差が存在するとのこと。
一般的に、6/9を約分すると2/3になるため、2つの数字は同じ割合を示すと考えられる。
しかし、2/3を「3つに分けたものを2つ配分すること」を示す数だと仮定し、
6/9も「9に分けたものを6つ配分すること」を示す数と同様に仮定した場合、
従来とは異なった結論を得ることができる。

新たな仮定の下では、6/9という数は、2/3よりも資源を3倍細かく分けた上で、
3倍もの人に資源を広く配分することを示しているという。
つまり、6/9は2/3に比べて博愛と自己犠牲の精神が3倍になっているとみなせるため、
2/3の3倍を6/9と表すことが可能になるわけだ。


イメージ図
(画像:同じ割合でも、6/9にはより多くの人に分配しようという意志が込められているらしい?)


もっとも、この発見に対し、多くの数学者達は遺憾の意を示している。
2/3の3倍が6/9であるということを認めてしまったら、これまで特に問題なく成立していたものも含め、
数学体系の全てが崩れ去ってしまうことになる。
また、博愛や自己犠牲の精神を数学の定理に関連させるのはバカげているとして、
【ユイニャー定理】はでたらめと計算ミスの産物だという見解が主流となっている。

一方、一部の革新的な数学者の中には、複素平面上に実数と虚数とは異なる
第3のZ軸が存在していると考える者もいる。
もっとも、Z軸説を最初に提唱したといわれるA氏も、
最初から本気で【ユイニャー定理】を信じてはいないといわれている。


サンプル画像
(画像:第3のZ軸 想像図)


なお、イギリスのブックメーカー各社だけは、【ユイニャー定理】を革新的な発見だと大いに評価。
新定理を用いたオッズ計算を業界全体で導入するべきであるとして、
発見の報告を受けてからすぐに、新たなオッズ計算方式に取り組む姿勢を見せている。

ブックメーカー各社によれば、【ユイニャー定理】に基づいてオッズを数倍するキャンペーンが、
今後のブックメーカー業界におけるマーケティングの主流になるとのことであった。


ブックメーカー各社が行った記者会見にて、【ユイニャー】定理にもとづく計算では、
オッズが変化しないのではという疑問が記者の口から出ている。
しかし、その疑問に対しブックメーカー各社は、従来の常識にとらわれすぎていると反論。
大きい数字の方がリターンが大きいと感じるため、結果的に顧客満足度が向上すると主張した。

また、オッズのつけ間違いを避けるため、今後ブックメーカー各社は、
1や2のように整数で表されるオッズを1/1や2/1のように全て分数で表すようにするとのこと。
ユイニャー計算が導入されると発表されてから、オッズ2を3倍して6で提供するようなミスが発生すると
株主達の間では懸念されていたが、どうやらその心配はなくなったようだ。


オッズイメージ
(画像:ユイニャー式オッズ導入想像図)



※この記事の内容は、すべてフィクションです。
 実在の人物や団体などとは一切関係ありません。





下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

2016年、あけましておめでとうございます

未分類

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

ついに2015年も終わって、2016年になりました。
一般的には申年で、競馬ファン的には岩田年に変わりましたね。


しかし、競馬で「猿」といえば思い起こされるのが、オーシャンエイプスザグリーンマンキーの2頭。

前者は、新馬戦を圧勝したことで期待されたものの、最後まで重賞を一つも勝てずに引退した馬。


オーシャンエイプスの新馬戦


オーシャンエイプス衝撃の2戦目 1番人気1.3倍で・・・


後者は、セリ前に1ハロン9.4秒を記録したことで
1600万ドルという2歳馬セリ史上最高額で落札されたものの、
3戦して未勝利のまま引退したという超高額なネタ馬になります。

なんというか、競馬的には「猿」が縁起悪そうな感じがしてきてしまいますね。



とりあえず、当ブログでは、昨年書き残した分のネタを更新したうえで、
そのうち2015年を振り返るようなアンケート企画でもやってみようかと思っています。

相変わらず競馬と競伝ネタが中心な当ブログですが、今後ともよろしくお願いします。


下記はただのブログランキングバナーです。よろしければ押してってくださいな。
バナー用1バナー用2



▲PageTop

クリスマス中止のお知らせ!統一サンタ協会(USO)が今年のクリスマスを断念することを発表!

未分類

※この記事はネタフィクションです。

統一サンタ協会

本日25日、統一サンタ協会(United Santa Organization、以下USO)が、
今月23日に今年のクリスマスを中止にすると決断していたことを明らかにした。
USOによれば、クリスマス中止宣言を正式に発表したことで、
今年は全世界にクリスマスが到来しなくなっているという。


サンタ軍団にとって、クリスマスとは1年の中で唯一輝ける日である。
USOに所属するサンタ達は、クリスマスに向けて日々鍛錬をつんでいる。
それこそ、事前のプレゼント配達ルートの捜索から、速やかで静かな住宅への進入など、
メンバーたちは一流のサンタになるために厳しい課題をこなしているのだ。
一部のUSOメンバーに至っては、クリスマスの日のためだけに生きていると意気込んでさえいるという。
もはや、彼らサンタ軍団にとって、クリスマスとは自らの人生のすべてを懸ける日であるのだ。

そのようなサンタ軍団が、クリスマスをわざわざ中止にするというのは相当なことである。
なにせ、人生のすべてをクリスマスに捧げているのであるから、
中止にすることなど普通なら我慢ならないことであろう。
一部では、クリスマスが行えなくなったことで、廃人化するサンタが出てくると危惧されるほどだ。

クリスマス中止の背景


では、なぜUSOはクリスマスの中止を発表したのであろう。
この疑問に対し、USOの代表であるセイン・クロース氏は、
世界的な緊張の高まりが背景にあると語る。

クロース代表によれば、今年は世界的に警戒心が高まった年であったという。
振り返ってみると、中東地域の周辺では混乱状態が継続したままで、
南沙諸島の周辺においても各国間の緊張が徐々に高まってきている。
テロ行為について考えてみても、
最近では、立て続けにトルコフランス国内で爆破テロが発生している。
世界的に警戒意識が高まってくるのも当然といった状況である。

そして、クロース代表が説明するところによると、これらの世界的な警戒意識の高まりによって、
世界中でサンタが活動を行うのが厳しくなってしまったのだという。



一般的にサンタといえば、大きな帽子をかぶり、顔を覆うような髭を生やす特徴を持つ。
そのため、どうしても顔が隠れるような風貌になってしまい、
周りの人々から危険人物であるとマークされやすいのである。
しかも、サンタは子供の夢を壊さないために、基本的に夜間に行動することが義務付けられる。
そのため、より一層と警戒されやすく、最悪の場合はテロ行為すら疑われる可能性もあるという。
ためしに、髭や帽子で顔が隠れている人物が、大きな袋を担いでいて、
夜間に音を立てずに速やかに住宅に侵入していると想像してみよう。
実際、怪しさ満載であることは間違いないであろう。


さらに、限られた時間内にプレゼントを配らなければいけないサンタにとっては、
空飛ぶソリによる航空移動が不可欠である。
いくらサンタ特製のソリに不思議な力が宿っているとはいっても、
陸上移動や海上移動では十分な速度を出すことができない。
決められた時間内にノルマをこなすためには、どうしてもソリで空を飛ばざるを得ないのである。
しかも、近年はサンタ軍団も人材不足の問題に直面しており、以前よりも速い移動手段が求められている。
なおさら、サンタは航空移動に頼らざるを得ない状況に置かれているのだ。

しかし、現在の各国間の緊張が高まった状態においては、
サンタ軍団の頼みの綱である航空移動には大きな危険が伴う。
通常、高速戦闘機が飛び交う領空上は、領海上と比べて、警戒態勢がより一層厳しくなっている。
領海と違って、領空では無害通航権が通用しない。
そのため、フライトプランをあらかじめ通告しておかなければ、
最悪の場合、撃墜対象になる危険性があるのだ。

くわえて、サンタが絶対遵守しなければならないUSO憲章の定めが、
サンタの航空移動に対する逆風となっている。
USO憲章の13条では、「サンタは事前に行動予定を漏らしてはならない」と定められている。
事前に行動がばれてしまっては、せっかくのサプライズが台無しになってしまうからだ。
しかも、USO憲章を破った場合、サンタ資格が最悪はく奪されることもありえる。
ゆえに、憲章に接触してしまうフライトプランの事前通告は、サンタ軍団にとってはご法度な行為であるのだ。

以前、とあるサンタが、領空上を移動する時の危険性を訴えて、
このUSO憲章13条の改正を求めて争ったことがあるらしい。
しかし、その時に9割以上のサンタが改正に反対してしまったため、
その後13条の改正はある種のタブーと化したのだという。
以来、この条文は、時折サンタの身を危険にさらす要因となってしまっている。



仮に海上移動だけを使ったとしても、今の状況ではサンタの身の安全が保障されるとは限らない。
今年11月には、戦闘機の撃墜を巡って、ロシア・トルコ間の関係が急激に悪化。
その影響もあって、トルコ側はボスフォラス・ダーダネルス海峡の封鎖を示唆。
ロシア側との交渉材料にするため、同海峡での警戒態勢を強めているといわれている。
さらに、中国と周辺諸国の緊張が高まっていることによって、
南沙諸島付近の海域でも警戒態勢が強まっている。
それゆえ、USO憲章13条に基づいて身元不明の船籍で移動しなければならないサンタが、
無事に海域を通過できる確率はかなり低いであろう。



陸上移動に関しても、サンタには危険が伴う。
中東地域に拠点を構えるといわれるイスイス団が台頭してきているためだ。
イスイス団とは、近年、中東地域において勢力を伸ばしている組織である。
残忍な手段もいとわない強硬な姿勢で知られており、
混乱が続く地域にある種の安定をもたらして支持を集めたといわれている。
そして、彼らイスイス団にとっては、クリスマスは邪教のお祭りにあたるとされる。
クリスマスの使者ともいえるサンタ軍団は、彼らから見ると攻撃対象になりえるのだ。
したがって、イスイス団が勢力を伸ばしているとされる地域で活動する場合には、
サンタの身の安全が保障されない。
最悪の場合、目撃と同時にサンタが攻撃されてしまう危険性が伴うのである。



それならば、特定の危険地域を避ければよいのではないか。
おそらく、そのように考える人もいるかもしれない。
実際、今回のクリスマス中止の決定を不服とみなした複数のUSOのメンバーは、
危険地域を避けた移動プランを出したうえで、クリスマスを強行実行すべきと主張。
そのうえで、テロなどに屈せず、クリスマスを楽しむべきだとUSOに対して意見を出している。

ただし、この場合でもUSO憲章が問題となってくる。
USO憲章の1条によれば、「サンタは人々を平等に扱わなければならない」。
この憲章の条文はある意味抽象的であることから、解釈を巡って様々な議論がある。
たが、主流の解釈によれば、ニーズに合わせて差異をつけて良いと認められるのはプレゼントだけである。
よって、この主流解釈に従うのであれば、
サンタが一部地域を回らないのは、USO憲章1条違反ということになるのだ。

そこで、一部のUSOメンバーはUSO憲章1条の解釈変更を要求。
サンタの質を保つために存在する憲章が、
安全で楽しいクリスマスの実行を阻害しているのはおかしいと抗議したのだ。
しかし、クロース氏を初めとしたUSOの代表団は、この要求を却下。
USO憲章1条は、サンタは全世界に希望を与えなければならないという理念を具体化したものであり、
サンタの質を保つという目的と矛盾していないと判断したのであった。


「来年こそはクリスマスが中止にならないような世の中になっていることを祈ります」。
クリスマス中止の決定を下した後、USO代表のクロース氏は記者に対して発言した。


USOの発表は信じられない!?


なお、日本で唯一のサンタ研究家を自称する三田氏によれば、
USOが発するクリスマス中止宣言の信憑性は乏しいらしい。


「昨年も中止といっておいて、当日には一部の精鋭サンタがクリスマスに出陣しました」。
三田氏によれば、2年前にもUSOはクリスマス中止宣言を堂々と破っているという。

2年前、エボラ出血熱が流行したことで、国連を中心にクリスマス中止の気運が高まった。
それに伴い、USOもパンデミックを助長しないという姿勢を明確化。
「エボラをまき散らさない」を標語にクリスマスの中止を宣言していたのである。

しかし、実際にはどうであったかというと、同組織のサンタ軍団はクリスマスを強行。
全世界にプレゼントを配って回り、攻撃を加えてきた戦闘機は全て撃墜したという。

「彼らは、サンタというよりサタンというべきようなやつらです。
子供の夢のためならば何だってする、大人にとっては悪夢のような存在です。
あの赤い服が実は血で染めたものだといわれても、私は驚きません。
彼らは、それほどまでの武闘派でして、とにかく強いんです」。

三田氏は、サンタ軍団が実は獰猛であり、世界の軍事力すら上回る力を持つと指摘。
そのうえで、クリスマス中止宣言を信じることなく、常に警戒を怠ってはならないと主張した。


ちなみに、2年前には日本の自衛隊がサンタに対しスクランブル飛行を実行
再三の警告を行ったらしいが、無視されたうえに防衛ラインが突破されたと言われている。


▲PageTop

4年ぶりの新横綱!『変態番付』で側溝道関が正式に西の横綱に昇進!

未分類

某巨大掲示板こと2ちゃんねるで作成される『変態番付』
その『変態番付』で、4年ぶりに新横綱が誕生したと話題になっている。

変態番付とは、厳正な審議が行われた上で作成される変態のランクづけ。
ニュースで印象に残った変態達を親方衆と呼ばれる審査員達が審査したうえで、
相撲の番付にしたがってランク付けしていくというお遊びによって作られている。

相撲の番付を流用しているだけあって、その認定基準はかなり厳しいとされる。
そこいらに溢れていそうな変態精神の持ち主では、
番付に認定されるどころか親方衆に入門すら断られてしまうからだ。
また、人を物理的に傷つけたり等の変態道とあまり関係のない犯罪行為が認められた場合、
外道行為による破門処分として番付から除外されることもある。
まさしく、心・技・体が揃った真の変態を極めし者のみが、番付に名を残すことを許されるのだ。

その心・技・体をもとにした認定基準の厳しさもあってか、
『変態番付』では長らく新横綱が4年前より誕生してなかった。
リストの記載が増えるにつれ、どんどん厳しくなっていく番付の基準と親方衆の目。
この厳しい基準の前には、もはや横綱級の変態が出てくることはないとさえ言われていた。


しかし、先日その流れを打ち破る大物が角界に舞い戻ってきた。
それが、2年前に大物大関として認定されていた「側溝道関」であった。

側溝道関は、2年前に変態番付上で大関と認定されていた強者。
スカートの中を覗き見るために側溝に身をひそめるという独創的な技と忍耐。
そして、有給をとってまでも取り組み(犯行)にいそしむという高い志を兼ね備えている。
初優勝(逮捕)当初は小結や関脇が妥当との評価もあったが、
優勝後に発したとされる「生まれ変わったら道になりたい」という名言で状況が一変。
親方衆からの高い評価を得て、満場一致で大関に認定されるほどの存在となっていた。

しかも、側溝道関はただの大関ではない。
番付史上初めて、親方衆から四股名を与えられた大関であったのだ。
史上初めての四股名持ち大関という実績が示している通り、
側溝道関は他の大関勢とは一線を画する存在として番付に君臨していた。
最も横綱に近い大関は側溝道関だと、親方衆も大いに期待を寄せていたのである。


そして、親方衆の期待に応えたのかどうかは知らないが、
側溝道関は以前と変わらぬ取り口で再び賜杯を抱いた
2015年11月9日、ニュース報道などから、側溝道関が2度目の優勝(逮捕)を果たしていたことが発覚。
技と忍耐力にさらなる磨きをかけたうえで、
前回よりもはるかに難易度が高い取り組みをやってのけていたことが明らかとなったのである。

2場所目の優勝という報告を受けて、『変態番付』の横綱審議委員会は大いに沸き立った。
『変態番付』上では、2場所優勝というのはただでさえ珍しい出来事である。
それをすでに大関の身にある側溝道関が決めたとあっては、
張出横綱はおろか正横綱への昇進すらあり得る状況になるのも不思議ではない。
これまで長らく行われていなかった横綱昇進の審議が行われるのだから、
横綱審議委員会が落ち着いていられないのも当然であった。


もっとも、側溝道関の綱取りに関する審議は慎重を期した。
側溝道関が横綱にふさわしくない振る舞いをしていたとの情報が、親方衆の耳に入っていたためだ。

まず懸念の一つにあげられたのが、取組中にスマートフォンが使用されていたことであった。
報道によれば、側溝道関は今場所での取組の際にスマートフォンを使用。
側溝からの風景を写真や動画に収めていたとのことであった。
側溝道関の強みは、自らの目で側溝からの風景を観測しようという取組姿勢にこそある。
それゆえ、スマートフォンの使用は、立ち合い変化に値する行為ではないかとの意見が出されたのだ。

次に懸念とされたのが、出張稽古でおこしたとされるトラブルであった。
報道などによれば、側溝道関は電車内でも稽古(盗撮)を実行
取組場所(側溝)以外で、以前にもトラブルを起こしていたという。
四股名が表しているように、側溝道関の評価のゆえんはあくまでも側溝に賭ける執念にこそある。
ゆえに、電車内で起こしたトラブルは、側溝に対する背信行為にも等しいとすら考えられるのだ。
変態番付の頂点たる横綱の座に推挙するにはいかがなものかと、
親方衆からの異議が出てくるのも当然のことであった。


しかし、それらの懸念がありながらも、側溝道関の評価は揺るがなかった。
カメラの使用や電車部屋でのトラブルは懸念材料として議論されたものの、
親方衆は側溝を使った取り組みでの2場所優勝を高く評価。
せめて、張出横綱昇進くらいは認定すべきであろうとの見解が多数を占めた。

そこに、わんぱく相撲(低年齢)のころから技を磨き続けていたという情報をはじめとして、
ひたすら技を極め続ける側溝道関の姿勢を伝える報道が相次いだ。
20数年間も側溝と向き合い続けてきたという姿勢は、誠に横綱に値するものである。
そこで、親方衆は側溝道に対する評価を改め、張出横綱ではなく正横綱として推挙していったのであった。

そして、11月10日19時55分ごろ、横綱審議委員会は側溝道関の横綱昇進を正式に決定
4年ぶりに『変態番付』に新横綱が誕生したのであった。


なお、この横綱昇進の翌日、2ちゃんねるでは「世界のスケベ板」が新設された。
そのため、掲示板自体が新横綱誕生を祝福しているようだと話題になったようだ。
だが、実際にはakbをskbと打ち間違えたためにできてしまった板だとのことで、
側溝道関の横綱昇進とは一切関係がないのだという。

おまけ:競馬で側溝といえば・・・


側溝に落ちる馬

競馬で側溝といえば、真っ先に思いつくのはダークシャドウであろう。
調教中に何故か側溝にはまってしまい
2013年の天皇賞(秋)を回避してしまったという珍事件は記憶に新しい。

しかし、馬からしてみると障害物でしかないものも、真に変態道を極めしものにかかれば立派に活用される。
やはり、どんな分野であろうとも極めし者はすごいものである。
いろいろな意味で・・・。

▲PageTop

««

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム