リアル競馬ネタ

5億円を粉砕するひと噛み!

 ←福島記念めぐり、J○A内部分裂!? →ジャパンカップネタ
(ソースの一例:日刊スポーツ)

spider bite

 ブラックキャビアの半弟ことJimmy(ジミー)が、毒グモであるWhite-tail spider(ホワイトテールスパイダー)に
噛まれてしまったことにより、危機的な状況に陥ってしまった。
同馬の価格は約5億円でオーストラリアの当歳馬史上最高落札価格であった。
今回はそんな最高落札金額がひと噛みにして吹き飛んでしまったというわけである。
現在は、ひとまず容体が安定したとのことであるが、依然予断を許さない状況ではあるだろう。

 今回の件でホワイトテールスパイダーKOEEEEE!と感じるかもしれないが、
実はこの毒グモ少しかわいそうなやつなのである。
というのも、ホワイトテールスパイダーに噛まれたことにより死亡した報告は5件あるが、
内3人は自殺と間接的にかかわってはいるものの直接的な死因にはなることは少ない(ソース)。
今回の場合も、記事のタイトルは5億円をひと噛みとしたが、
馬を危機的状況に陥れた直接的な原因は抗生剤である。
また、このクモはことあるごとにクモ咬刺症(Necrotising arachnidism)の原因にされ、
メディアにも大きく取り上げられてきたが、実際に調査してみると原因は別のクモなどにあり、
こいつ自身には直接的な原因はないとされたこともある。
いわば、メディアでよく叩かれまくる毒グモであるのだが、
今回の件でまた「ホワイトテールの野郎!」となるのはまず間違いないであろう。


 さて、話は変わって、ここからは今回の件を受けた競走馬界の反応を見てみることにしよう。



 まずは、日本競馬でクモといえばこのお方!
飼葉に混じっていただの、じんましんで出走回避など、現役時代はクモに辛酸をなめさせられたという
噂があるあの馬ことM.Tさん!
現在は日本軽種馬毒蜘蛛対策委員会の委員を務めているが、そんな彼はどのような反応を見せるのか!?

マチカネインタ

 「毒グモに噛まれて危機的状況に?そうだな・・・

噛まれたくなければ、先に食え」


 やられる前にやる。噛まれたくなければ噛まれる前に処理してしまえばいいのである。
「万一、噛まれれば命を落とすかもしれないが、食えば蕁麻疹とGⅠ一つ逃すだけで済むからね。」
とM.Tさんは続けて答えた。
さすがは、経験者(?)発言に重みがあります・・・。




続いては、蹄葉炎から奇跡の現役復活を果たした米国のあの馬!
BCクラシックの結果が芳しくなく、いまだストレスがたまっているところに突撃してみた。



paynter.png

 「蹄葉炎・・・?そうだな、根性でどうにかしろ。

 いわく、一に根性、二に根性、三四がなくて五に根性だとか・・・。

「とりあえずいい医師にかかっておけ。あとは気合だ、根性だ。
かなり痛ぇから、弱虫じゃどんなことしても弱音はいて終了だぜ。
あと・・・競走馬になれないかもとか言ってるようじゃ甘ぇんだよ!
と続けて発言してくれた。

 さすがは奇跡の馬・・・、精神力も要求するものも一味違います。



 ともあれ、たとえ助かったとしても、デビューせずに即スタッド入りする可能性があるジミー。
オーストラリア毒グモ界の中でも中堅クラスのクモであったとはいえ、その影響力はすさまじいものである。
しかし、過去には毒蛇に噛まれたが活躍したとされる種牡馬も存在している。(あくまで噂であるが)
現実では、某映画のようにクモに噛まれたことによってスーパーパワーを得る・・・なんて
そう簡単にいくものではないが、是非ともジミーには復活してもらって、
「スパイダー馬」として大活躍してもらいたいものである。

スパイダー馬
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【福島記念めぐり、J○A内部分裂!?】へ  【ジャパンカップネタ】へ