スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←史上初の雨天決戦!ドバイワールドカップDAY2017! →もはや夢ではない!?VR技術が変える競馬!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

エイプリルフール2017

競馬伝説、新仕様リンクシステム導入を発表

 ←史上初の雨天決戦!ドバイワールドカップDAY2017! →もはや夢ではない!?VR技術が変える競馬!
これからは「つながり」を重視したゲームにしていく。

4月1日、本格競馬シミュレーションゲームの競馬伝説の運営は、
ゲームに新たな仕様を導入することを発表した。

その名も「リンクシステム」。

文字通り、カード同士の相性、プレイヤー同士の掛け合い、馬同士の相性等、
ゲームを進めるうえで「つながり」が重要なカギとなる様、今後行っていく仕様変更の総称だという。


現段階では、通称「リンクシステム」と呼ばれる新仕様の全容は明らかにされておらず、
ゲームの仕組みがどれほど変わるのかは明確にされていない。

ただし、仕様変更の第一弾が「併せ調教」になることだけは決定しており、
その新仕様についてだけは、会見にて運営が特別に情報を公開したようだ。

そこで今回は、「リンクシステム」の導入によって生まれ変わる併せ調教、
通称「リンク併せ」を、当ブログでも紹介してみることにする。

新たなスロット、リンクスロット


新たなる仕様「リンク併せ」では、従来までの併せ調教と違い、
調教カードの配置が重要な意味を持つようになる。

これまでの調教では、3つあるスロット全てにカードを設置することができ、
調教のたびに質の良い調教カード3枚を設置することでゲームを有利に進めることができた。

しかし、新たなリンク併せでは、そのカードの設置に制限がかかることになる。

新たに生まれ変わる調教画面では、従来の3つのカードスロットの上に、
「リンクスロット」なる4つ目のカード設置場所が登場する。
このリンクスロットは通常のスロットと異なる色で表示され、
「リンク併せ」では、その場所にしか調教カードを設置することができなくなる。

すなわち、新たな仕様では、ただ単に強力な調教カードを設置するだけでは、
ゲームを優位に進めることができなくなるわけだ。

新画面
(画像:新たな併せ調教画面、青色になっているスロットにしかカードを設置できない。)

新たなカード、「リンクカード」


リンクスロットの登場と同時に、競馬伝説では新たな種類のカードが登場する。

その名も「リンクカード」。

五つの方向を指すオレンジ、または黒の矢印が記載されている青いカードだ。


LINKカード  LINKカード2  LINKカード3
(画像:通常の調教カードとは一風変わったリンクカード)


リンク併せにおいて、この「リンクカード」は重要な役割を持つ。
その役割というのが、最初の設定では1つしか存在しないリンクスロットを増やすこと。
リンクスロットにリンクカードを設置することで新たなリンクスロット、
すなわち新たに調教カードを設置できる場所を、増やすことができるのだ。

リンクスロットにリンクカードを設置した場合、カードに記載されているオレンジの矢印が
指し示すスロットが、新たにリンクスロットとして設定される。
多くの調教カードを設置するためには、リンクカードの矢印をうまくつなげなければならない。


単独リンク  リンクをつなぐ
(画像:リンクカードを繋げれば、カードを4つセットすることも可能に)


このリンクカードに記載されているオレンジの矢印の数は、
通常のカードでレベルが記載されている場所に「LINK-X」という表記で示される。
つまり、この「LINK数」が多いカード程、よりリンクスロットを増やしやすいカードであることを表している。

しかし、レベルと同じく、LINK数が高いカード程レアリティが高めに設定されているため、
早々簡単にリンクスロットの数を増やすことはできない。

現時点の予定では、リンクカードはログインチャンスやイベントでのみ入手可能なアイテムになり、
マーケットやトレードには制限がかかるとのこと。
マーケットでの売買は一切できないのに加え、トレードにおいても、
同じLINK数を持つリンクカード同士でしか交換ができない見込みであるため、
今までの様に調教カードを使いたい放題使えるというわけにはいかない。

ただし、プレミア会員同士であれば、LINK数が異なってもトレードすることが可能になるという。
もっとも、単純にLINK数が多いカード程強力というわけでもないため、
この特典をうまく活用できるかはプレイヤー次第である。

リンク例
(画像:LINK数が多く、矢印の向きも良いカードは使いやすいが、入手しにくい)


また、これまでのカードと違い、リンクカードにはテキストに一切かかれていない
「テキスト外効果」なる隠された効果が存在する。
その効果はカードの設置場所次第で増減し、設置の仕方次第では、
逆にプレイヤーに不利に働くこともあるとされる。

様々な設置方法を試し、他のプレイヤーと情報を共有することで最適な組み合わせを模索する。
リンク併せでは、様々な「つながり」がゲームを優位に進めるカギになるわけだ。

リンクカードの力を引き出す「相互リンク」


リンクカード同士が互いの設置場所を矢印で指し示し合う様に設置された場合、
それらのカードは「相互リンク」と呼ばれる状態になる。
「相互リンク」状態にあるリンクカードは通常よりも高い効果を発揮し、
調教効果により大きな影響を与えるようになる。

ただし、相互リンクする組み合わせ次第では効果がマイナスに転じることもある。
むやみやたらに相互リンクになる様にカードを設置すれば良いわけでなく、
従来よりも考えてカードを設置しなければならない。

相互リンク
(画像:「悩める柏木」同士で相互リンクを成立させた状態、カード効果が大幅にアップする。
もっとも、柏木の効果はプラスになりにくそうだが・・・?)

リンクシステムのカギを握るキャラクター?


リンクシステムが導入されると同時に、競馬伝説内にダービーガール以外の
新キャラクターが久々に追加されるという。

その追加されるキャラクターというのが、馬場雄造(ばばゆうぞう)。
なんでも、競馬場の馬場管理一筋で生きてきた人物で、
馬場のことなら何でも知っているスペシャリストという設定のキャラのようだ。

また、ゲーム内では「グラウンドメーカー」という愛称で多くの人に知られている設定のようで、
他のキャラクターからは愛称で呼ばれることが多いとのことだ。

果たして、馬場のスペシャリストという新キャラクターが新仕様にどのように関わってくるのか、
そして、新キャラのグラフィックはどのようなものになるのか、
今後のアップデートに注目が集まることであろう。

新仕様で揺れるプレイヤー達


この新たに導入される「リンクシステム」は、競伝プレイヤー達の間で大きな議論を巻き起こしている。

「リンク併せ」仕様の導入によって、従来は問題なく使えていた一部調教カードが、
今後はリンクカードがなければ満足に使えなくなる。
そのため、今後行われる予定の仕様変更も含め、
多くのプレイヤーがゲームの行先に不安を感じ始めている。

また、「1日5分」でプレイが可能という触れ込みで当初は宣伝していた競伝だけに、
従来よりも複雑な仕組みが導入されることに対する批判も多い。

リンクシステムによってこれまで以上にゲームが楽しくなると期待を寄せる声がある一方、
仕様変更によって引退者が続出するとも一部では危惧されており、
競伝の今後はどうなるかわからない状態にあるといえそうだ。


様々な「つながり」がゲーム攻略のカギとなる「リンクシステム」。
この思い切った仕様変更が競馬伝説のサービスを「つなぐ」カギとなるのか、
今後の動向に注目である。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

12ダスカバナー  12ウオッカバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【史上初の雨天決戦!ドバイワールドカップDAY2017!】へ  【もはや夢ではない!?VR技術が変える競馬!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。