スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←大きな盛り上がりを見せるも、投資者には厳しかったペガサスWC →大阪杯BC特別レース、有力サーバーはどこだ!?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

リアル競馬ネタ

ペガサスWCに続け!? オーストラリア競馬界、賞金A$1000万のジ・エベレストの開催を発表!

 ←大きな盛り上がりを見せるも、投資者には厳しかったペガサスWC →大阪杯BC特別レース、有力サーバーはどこだ!?
12の開催権を販売し、世界最高賞金のレースを開催する。

当初は成功するか半信半疑であったが、アロゲートとカリフォルニアクロームの再戦を演出する等、
新たな仕組みで運営されるペガサスWCは、多くの注目を集めることに成功した。

そして、そのペガサスWC開催から数日たった2月1日、
出資型高額賞金レース開催の流れに乗るかの様に、オーストラリア競馬界がとある発表を行った。


総賞金1000万オーストラリアドルのレースを開催する。

メルボルンC約2回分に相当する超高額賞金の芝スプリントレースを、
今年10月14日、ランドウィック競馬場で開催するというのだ。



オーストラリア競馬界が満を持して開催を発表したレースの名は、「エベレスト」。
競馬のピークを向かえる開催の意で世界最高峰の山脈の名を与えられた、
芝1200mというオーストラリア競馬らしいスプリント戦だ。


まるでペガサスWCを意識しているかのように、ジ・エベレストの仕組みはペガサスWCと類似している。
出走可能頭数は最大で12で、各枠は60万オーストラリアドルで販売される。
これらの出走枠は、ペガサスWCの出走枠と同様にトレードすることが可能だ。

一方で、ペガサスWCとジ・エベレストには、レース条件以外にも若干の違いが存在する。

ペガサスWCでは出走権ならぬレースの経営権が売買されるが、
ジ・エベレストで売買されるのは、あくまで出走権だけである。
そのため、ジ・エベレストではペガサスWCと違い、
馬券売り上げやスポンサー料等が出資者に均等に配当されることがない。


代わりにレース賞金を全て出資金で用意するペガサスWCに対し、
ジ・エベレストでは、レース総賞金が出走枠購入資金を超える設定となっている。
各出走枠の販売額が60万オーストラリアドルであることから、
出走枠の売買で回収できる資金は、1000万に満たない720万オーストラリアドルが最大である。

それゆえ、不足している280万オーストラリアドルは、馬券売り上げやスポンサー料等の収益から
捻出されるため、間接的に収益の一部が出走関係者に配分される形にはなっている。


ちなみに、レース賞金1000万オーストラリアドルの配分は、
それぞれ以下の表の通りになると公式で発表されている。

1着A$5,800,000
2着A$1,425,000
3着A$800,000
4着A$400,000
5着A$250,000
6着以下A$175,000
馬の
福利厚生用
寄付金
A$100,000
合計A$10,000,000


アメリカ競馬界に続く形で、超高額賞金レースの開催に踏み切ったオーストラリア競馬界。
果たして、このペガサスWC方式がどこまで定着していくのか、「エベレスト」の動向に注目だ。


おまけ:ジ・エベレストの前売りオッズ動向


正式な開催発表がされたばかりにもかかわらず、
ジ・エベレストの前売りオッズには早くも動きが見られているようだ。


このレースで当初一番人気に推されていたのは、意外にも1200m戦にはあまり顔を出さないウィンクス
幅広い距離で高いパフォーマンスを見せ、絶賛13連勝中でコックスプレートを連覇した馬であるが、
スプリント路線の馬達を抑えて人気していたようだ。

しかし、レース開催の日程が発表されたことで、ウィンクスが3連覇を目指すコックスプレートと
エベレスト日程が、予想されていたよりも近いことが発覚。
ウィンクスの出走可能性は低いとしてオッズが上昇し、代わりにシャトークアフライングアーティ
エクストリームチョイス等が、同率1番人気に推される市場動向になっているようだ。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【大きな盛り上がりを見せるも、投資者には厳しかったペガサスWC】へ  【大阪杯BC特別レース、有力サーバーはどこだ!?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。