リアル競馬ネタ

大きな盛り上がりを見せるも、投資者には厳しかったペガサスWC

 ←競馬伝説 ファンサイトランキングまとめ →ペガサスWCに続け!? オーストラリア競馬界、賞金A$1000万のジ・エベレストの開催を発表!
出資者から資金を集め、世界最高賞金のGⅠを開催する。

当初は無謀とすら思われた計画であったが、結果的に新設GⅠのペガサスワールドカップは、
アロゲートとカリフォルニアクロームの招致に成功し、
非3冠レースの中では歴代最高レベルの視聴率を得る等、
初回から大きな盛り上がりを見せるレースとなった。



(動画:ペガサスワールドカップ2017)


しかし、レース自体が大きな盛り上がりを見せた一方、
初回の出資者達には厳しめの結果が待ち受けていたようだ。

Paulick Reportによると、12の出資団体の内、第一回ペガサスWCで出資金を回収、
もしくは利益を出せた団体は、わずか3団体のみと推測されるという。
それら3つの団体はそれぞれ、1着馬のアロゲートを招致したクールモアグループ、
2着馬のシャーマンゴーストを所有する企画の発案者フランク・ストロナック、
そして、3着馬のネオリシックを所有するスターライト・レーシングであった。

第一回ペガサスWCでは、1着馬に700万ドル、2着馬に175万ドル、3着馬に100万ドルが与えられ、
4着以下に一律25万ドルが配分される賞金体系になっていた。
そのため、4着以下になった馬の招致者もしくは関係者が出資額を回収するためには、
その他に75万ドル以上の配当を得なければならない計算だ。

しかし、実際に出たと推定される配当額は、75万ドルを下回るものとなった。
Paulick Reportによれば、出資12団体に配分されたであろう推定配当額は、
15万ドルから20万ドルの範囲に落ち着くという。

実際の配当額は公式で一切発表されていないが、4着以下の馬の関係者達は、
おおよそ出資額の半分近くの資金を失ったと見てよさそうだ。


出資者には厳しい結果になったとはいえ、ペガサスWCの馬券売り上げ自体は好調であった。
DRFが報じたところによると、レース単体の売り上げ額は1568万ドル。
昨年のBCクラシックの売り上げ2820万ドルには遠く及ばないが、
ペガサスWCの前身であるドンHの昨年売り上げ86万6710ドルと比較すれば、
かなり大きな前進であったと評価できる。

また、ペガサスWCによる馬券売り上げ増の影響もあって、
1日を通じたガルフストリーム競馬場の馬券売り上げは4020万ドルを突破。
計12レースにわたるペガサスWC開催は、昨年の計14レースにわたるフロリダダービー開催を越え、
ガルフストリームパークでの一開催馬券売り上げ記録を叩き出した


だが、その売り上げがあってしても、配当額はいいとこ7万ドル程度にしかならないという。
DRFが通常の利益率とされる5%で試算したところによれば、
ペガサスWCでガルフストリームが得た収益はおおよそ78万4千ドル程。
その額を12団体で均等に割り振ると、馬券からの配当額は大体6万5千ドル程度になる計算だ。

一応、ペガサスWCの馬券の売り上げ利率は高めになるよう交渉されているが、
それでも出資金回収には至ったかどうかは怪しいところである。


初回のペガサスWCは、ストロナック・グループがNBCのテレビ放映枠を買い取ることで、
多くの宣伝とレース放送を実現している。
そのため、企画の発案団体である同団体は、将来的にはテレビ放映権を逆に販売し、
それらを出資者に配当できる様なレースにしていきたいと考えているようだ。

また、ストロナック・グループのCOOを務めるTim Ritvo氏によれば、
長期的な計画としては、上位4頭が利益を得て、4着から8着までが出資金を回収、
9着から12着までが若干の赤字で済むくらいの体制を目指しているようだ。


おまけ:ポセイドンHのレース映像


ペガサスワールドカップの前座にして、2次登録馬達が出走したレース、ポセイドンハンデ。
2014年にチャンピオンズカップに遠征してきたインペラティヴが、初代王者に輝いていたようだ。





下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【競馬伝説 ファンサイトランキングまとめ】へ  【ペガサスWCに続け!? オーストラリア競馬界、賞金A$1000万のジ・エベレストの開催を発表!】へ