リアル競馬ネタ

リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトが怪しそうと競馬ファンの間で話題に

 ←東京大賞典、初の海外売り上げ実績まとめ →リアル『ウォーリーをさがせ!』!?欧州の元騎手が話題に
リヤンドファミユを種牡馬入りさせよう」

オルフェーヴルの弟としてデビューから期待を集めながらも競走成績が振るわず、
12月1日のサラブレッドオークションに出品されたリヤンドファミユ。
その同馬の種牡馬入りを目指すクラウドファンディングプロジェクトが、
いかにも怪しい雰囲気を醸し出していると、一部競馬ファンの間で話題になっていたようだ。


疑惑の始まり


「リヤンドファミユがファンドに利用されているのではないだろうか。」
 
一部競馬ファンがプロジェクトに対して疑いを持ち始めたきっかけは、
そのプロジェクトの説明ページの中にあった。

クラウドファンディング開始当初、プロジェクトに関する情報の多くは明らかにされていなかった。
唯一明かされていたのが、リヤンドファミユを種牡馬入りさせるというプロジェクトの主旨、
協力を表明しているらしい馬主3名の氏名、
そして、プロジェクトを代表する組織の名がリヤンドファミユパートナーシップで、
そのマネージャーの名が藤井だということ。

馬の居場所や処遇、マネージャーの藤井氏とリヤンドファミユとの関係、馬の落札者について等、
クラウドファンディングを実行する上で重要な数々の情報が、まったくもって提供されていなかった。

そのような情報開示不足もあって、どことなく詐欺の臭いがすると、
一部の競馬ファンがプロジェクトを警戒し、ネタにするようになっていった。


12の13時点
(画像:12月13日時点でのクラウドファンディング趣旨説明ページの一部)


また、出資者に対する特典の説明にも、ネタとなる要素が多く詰まっていた。

クラウドファンディングページに記載されている特典一覧をよく見てみると、
多くの項目で交通費や会費が一律実費だと明記されている。
一見投資によって受けられる特典がいっぱいあるように思えるが、
実質ただの招待だけのものが多く、あまり特典といえるようなものが存在していない。

某マリオランでは、「課金しなければピーチ姫を救いに行けない」といった風のコメントが、
突っ込みどころ満載だとネタにされていたが、
リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトの方は、本当に追加課金しなければ、
本馬に会うことも、様々な集まりに参加することもできない仕様になっている。


実費の例
(画像:よく見ると招待だけの特典が存在する)


そのうえ、まるで1年で廃用になることを確信しているかのような
「2017年末までしか更新されないFacebookページ」の特典も、
プロジェクトの怪しさにますます拍車をかけていた。


2017年末まで
(画像:なぜか更新期限が定められているFacebook特典)


ファンドプロジェクトで集めた金だけを巻き上げ、すぐに関係者が蒸発するのではないだろうか。
一部競馬ファン達の間では、そのような疑惑すらもささやかれるようになった。


新たな情報、新たな疑い


一部競馬ファンがプロジェクトに対して疑いの目を向ける中、プロジェクト実行者側にも動きが見られた。
 
ネット上での指摘や疑いを気にしたのか、プロジェクト実行者側は緊急会議を招集。
12月16日、プロジェクトページに当初は明かされていなかった一部情報を追記したうえ、
プロジェクト責任者である藤井氏のフルネームが、「藤井義人」であることを明らかにした。


最新のページ
(画像:1月時点での最新のページ、当初より情報が大幅に増えている)


しかし、情報が開示されてもプロジェクトの疑いが晴れることはなかった。
 
むしろ、情報が明らかになっていくにつれ、一部競馬ファンのプロジェクトに対する疑いは、
より一層深まっていく事態となった。


まず、ネット上の指摘によって、『GM2.5』というブログが、
プロジェクトに関する記事を更新していたことが判明した。

『GM2.5』というブログは、K氏という人物が開設しているとされるブログ。
同氏は、リュウレーシングランチという育成牧場の代表を務めていたとされる人物で、
今年1月にネオスターダムの代理人と喧嘩したとされる競馬関係者の一人といわれている。

その当時から某巨大掲示板等では怪しいと噂され、あまり関わらない方がよいと評されていたようだ。

ともあれ、『GM2.5』の記事が発見されたことで、プロジェクトにK氏が関わっている疑惑が浮上。
一部競馬ファンがプロジェクトへ向ける疑いは、ますます強まることになった。
 
なお、理由は定かではないが、プロジェクトに関する記載があったブログ記事は、
現在『GM2.5』上から削除されているという。


そのうえ、プロジェクトの話題が広まり、ネット上での調査が進んていったことによって、
代理人と協力馬主との間に最初から関係があった疑いも浮上した。

協力馬主として名を連ねる「山上和良」氏は、医療法人グリーンスウォードの理事長を務めているのだが、
その法人で事務局長を務めているのが、あろうことがプロジェクトマネージャーと同名の
「藤井義人」なる人物だと判明したのである。


備考
(画像:求人サイトに掲載されている備考欄)


自身が理事を務める法人の従業員を利用してプロジェクトの実態を隠し、
怪しいクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げているのではないだろうか。
この発見によって、一部競馬ファンのプロジェクトに対する疑惑はさらに深まった。

「普段は競馬と無縁の職業でサラリーマンをして」いると、
プロフィール上では説明されているプロジェクト代表の藤井義人氏。

そして、「今回リヤンドファミユ種牡馬入り計画が立ち上がり、協力させていただくこととなりました」と、
プロジェクトページに藤井氏とは無関係な立場から応援コメントを出している山上和良氏。

プロジェクト以前からこの二人には最初から関係があり、
藤井氏が最初から競馬と深く関わりを持つ人物ともなれば、
プロジェクトの説明ページ上には最初から虚偽記載が存在していることになる。

最初から虚偽の情報を提示してくる様なクラウドファンディングの募集ともなれば、
なおさら信用を失うことになりかねなかった。


協賛コメント
(画像:協賛コメントの一部)


この疑いに対し、山上氏は「グリーンスウォードは法人馬主ではないので、
基本的には医療法人とはなんの関係もありません」とツイートしている模様。
 
しかし、馬主のグリーンスウォードも医療法人のそれと同様、
山上氏が中心となって結成されている組織であるため、
あまり釈明になっていないと一部競馬ファンの間では見られている。

その後・・・


その後、リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトに関する某巨大掲示板のスレッドは、
パート3に突入してから次第に勢いを消失。
現在では、アクティブなスレッドは存在していない模様。

また、ネットケイバ等でもプロジェクトに対する話題が一時期盛んであったようだが、
現在では落ち着きを見せているようだ。


今では一部の競馬ファンの間でひっそりと注目を集めているリヤンドファミユの種牡馬入りプロジェクト。
募集終了期日は1月の末となっているが、果たしてプロジェクトの行く末はどうなるのか。
今後もひっそりと注目を集めることになりそうだ。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【東京大賞典、初の海外売り上げ実績まとめ】へ  【リアル『ウォーリーをさがせ!』!?欧州の元騎手が話題に】へ