日本馬・騎手遠征レース関連

凱旋門賞への挑戦!マカヒキ、前哨戦のニエル賞に出走!

 ←第一回コリアカップ&スプリント、日本調教馬4頭出走! →JRAのダートレース、ケンタッキーダービー選定レースに設定される
日本調教馬初となる凱旋門賞制覇を目指し、

日本時間 9月11日 22時00分、
マカヒキが前哨戦のニエル賞に挑む!




生中継サイト


以下のサイトを利用して、ニエル賞をライブ観戦しよう。

PMUのサイトにジャンプしたら、ページの右側にある【LES COURSES EN DIRECT】と
書かれている場所を探しましょう。
探したら、次に【Nationales】と下に書かれている方の再生ボタンを見つけましょう。
あとは、その再生ボタンを押せば、フランス競馬の中継サイトにつながるはずです。

ここ
(参考画像)

当日はグリーンチャンネルでもライブ中継されるみたいですので、
グリーンチャンネルに契約している方は、そちらで観戦しましょう。

出走表


枠番馬名性齢斤量騎手
1Midterm牡358.0kgV Cheminaud
2Darabad牡358.0kgC Soumillon
3Doha Dream牡358.0kgG Benoist
4Carzoff牡358.0kgC Demuro
5マカヒキ牡358.0kgC.ルメール


レース結果・映像 等




着順馬番馬名ZEturfオッズPMUオッズ
15マカヒキ1.31.3
21Midterm8.48.6
33Doha Dream6.85.9
42Darabad7.08.5
54Carzoff29.951.7


評価に悩むブックメーカー達


レース自体が着差の付きにくい極端なスローペース戦であったこともあり、
ブックメーカー各社は、マカヒキの勝利をどのように評価するか決めかねているようだ。


ブックメーカーがマカヒキの評価に悩んでいることは、
ニエル賞終了直後の凱旋門賞前売りオッズの動きによく表れていた。

ニエル賞でのマカヒキのパフォーマンスを一番評価したStanJames社は、
同馬のオッズを9倍から(8-1)から6倍(5-1)へ切り下げ。
オッズチェッカーに記載されているブックメーカーの中では、最も低いオッズを提示した。

他方、Ladbrokes社とBetfair社の2社はStanJames社とは逆にマカヒキの評価を下げた。
両社は、元々9倍(8-1)程であったマカヒキのオッズを11倍(10-1)にまで引き上げ、
オッズチェッカーに記載されているブックメーカーの中では、最も高いオッズを提供する勝負に出た。

なお、残りの大半のブックメーカーは、レース後も評価を保留する傾向を見せている。
オッズチェッカーで調べたところ、多くのブックメーカーはマカヒキのオッズを
8倍(7-1)から10倍(9-1)の間で設定しており、前述のStanJames、Ladbrokes、Betfairの3社以外では、
マカヒキのオッズが大きく変動することはなかったようだ。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【第一回コリアカップ&スプリント、日本調教馬4頭出走!】へ  【JRAのダートレース、ケンタッキーダービー選定レースに設定される】へ