リアル競馬ネタ

ソードダンサーS(GⅠ)で迷走したペースメーカー、再び抗議される

 ←英愛ダービー馬Harzand、ニエル賞に出走する可能性が浮上 →まさかの事態に大混乱!?競伝界で1年ぶりに満月が観測される
フリントシャーのラビットとしてソードダンサーSに出走し、迷走の限りを尽くしたInordinate
その迷走した同馬に対し、6着入線したRoman Approvalの馬主が再び抗議したようだ。





問題のInordinateは、スタートでいきなり出遅れると、ラビットの役目を果たすために一気に先頭へ。
そのままの勢いで短距離戦のような前半ラップを刻み、
ペースメーカーならぬペースクラッシャーと形容される様な迷走を見せた。

そして、直線を向く際には、あろうことかサポートするはずのフリントシャーの進路を塞いでしまったため、
Inordinateは、外側にいたRoman Approvalに対して強烈なタックルを実施。
強引に内側の進路をこじ開けて、フリントシャーの前方に進路を作ったのであった。





しかし、レース後、強烈なタックルをかました5着のInordinateに対して、
半馬身差で6着入線したRoman Approvalの調教師であるMike Maker氏が抗議を実施。
フリントシャーの表彰式が着々と進む裏で、上位馬と馬券に関係のないバトルが開幕した。

上位馬の着順にあまり関係ない抗議であることから、Inordinateに対する抗議は、
あまり意味のないように思えるかもしれない。
だが、5着賞金が$40,000であるのに対し、6着賞金は$30,000。
審議の結果で賞金が$10,000も変わるとあって、関係者にとっては重要な問題であった。





レース後すぐに行われた審議では抗議は却下され、採決は着順を入れ替えない判断を下した。
そこで、今度はRoman Approvalの馬主であるKirk Wycoff氏が、レース後の裁定に対して抗議を実施。
ソードダンサーSの表彰式の裏で行われていたバトルが、再燃することになったのであった。


なお、被害馬の騎手であるFlorent Geroux氏がレース後に抗議を行わなかったことについて、
馬主のWycoff氏は、Inordinateの調教師であるChad Brown氏が、
サラトガ競馬場のリーディングトレーナーであることが影響していたと主張。
リーディングトレーナーともあれば、Florent Geroux騎手が管理馬に騎乗する機会も多いため、
同騎手は抗議することに気が引けていたと、Wycoff氏はDaily Racing Formに対して説明している。


ニューヨーク州ゲーミング委員会の規則によれば、もし同じ調教師の管理馬が同じレースに複数出走し、
そのうちの1頭が失格処分を受けた場合、妨害の程度次第では、別の管理馬にも制裁の影響が及ぶとある。
それゆえ、Inordinateに対する判決次第で、ルール上はフリントシャーが失格になることもあり得る。

しかし、審議対象が1着から大きく離された5着と6着であることから、
たとえ裁定がひっくり返ったとしても、1着馬に抗議の影響が及ぶ可能性はないとみられている。


ちなみに、余談であるが、今回審議対象となっているInordinateは、
6月11日のベルモントパーク最終レースでも、Roman Approvalの進路を妨害していたりする。
もっとも、この時はRoman Approval側の抗議が通り、Inordinateが1着から5着に降着した。






下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【英愛ダービー馬Harzand、ニエル賞に出走する可能性が浮上】へ  【まさかの事態に大混乱!?競伝界で1年ぶりに満月が観測される】へ