日本馬・騎手遠征レース関連

木幡初也騎手、フランス若手騎手戦で3着に入線

 ←競馬伝説の有馬記念BC特別レースの非公式PVを作成してみた →2/3の3倍は6/9!?数学界を揺るがす驚愕の定理!


毎年フランスのシャンティイ競馬場で開催されている若手騎手限定戦の
"Prix Longines Future Racing Stars"(ロンジン・フューチャー・レーシング・スター賞)。
6月19日、そのレースに日本から木幡初也騎手が参戦し、日本勢としては歴代最高の3着に入線した。

  
日本勢の歴代成績
年度騎手名騎乗馬名出走頭数着順レース条件
2012年参加なし15頭芝1800
2013年平野優Chock Dee14頭8着芝1800
2014年森一馬Usbeke14頭6着芝1800
2015年水口優也That's Notall Folks7頭6着芝1800
2016年木幡初也It's a Privilege14頭3着芝1600


ロンジン・フューチャー・レーシング・スター賞は、3勝から35勝までの実績を持つ25歳以下の騎手を
世界中から選抜し、それぞれの騎手に騎乗馬を抽選で割り当てたうえで開催するレース。
将来有望な13才以下のテニスプレイヤーを集めて開催する「ロンジンフューチャーテニスエース」から
発想を得て2012年に創設されたレースであり、その開催は今年で5回目となる。

G1競走のディアヌ賞と同日に開催されることもあって、参加騎手達は、
自らの騎乗を世界中にアピールする機会を得て、大舞台での騎乗経験を積むことができる。


今年の同レースには、アイルランド、フランス、トルコ、アメリカ、ドイツ、モロッコ、オーストラリア、
イギリス、日本、南アフリカの10か国から、合計14名の若手騎手が参戦。

その中で木幡騎手は、5~8番人気のIt's a Privilegeに騎乗した。

馬番馬名騎手騎手の所属国
1FawleyConor McGovernアイルランド
2Theo DanonGianni Saffiaアイルランド(兼フランス?)
3OrphicNathan Kasztelanフランス
4Full PeltMuhammed Bedir Sakallilarトルコ
5Ship RockChad Lindsayアメリカ
6Salar GloriousMelina Ehmドイツ
7Tostaky BlueAmine Moughatモロッコ
8ChopsoaveNicola Sechiドイツ
9ZyrjannTahlia Coxオーストラリア
10Don SallusteGeorgia Coxイギリス
11It's a Privilege木幡初也日本
12Precious FireCalvin Ngcobo南アフリカ
13AratikaLaura Poggionovoフランス
14Come And Find MeKieran Schofieldイギリス
(参考:France Galop Twitter


レースを制したのは、アイルランドのConer James McGovern騎手。
3~4番人気に推されていたFawleyに騎乗し、モロッコのAmine Moughat騎手が騎乗する
2014年の4着馬Tostaky Blueを抑えきって勝利した。


なお、昨年2番人気でこのレースを制したTheo Danonは、
今年はGianni Saffia騎手を背に1番人気に推されたが、5着に敗れた。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【競馬伝説の有馬記念BC特別レースの非公式PVを作成してみた】へ  【2/3の3倍は6/9!?数学界を揺るがす驚愕の定理!】へ