リアル競馬ネタ

世界最高賞金レースのペガサスワールドカップ、1月28日の開催が予定される

 ←英2000ギニー馬ガリレオゴールド、遺伝子検査の結果に従いダービー回避かと思いきや・・・? →フランケル産駒、いきなり勝利を挙げる (+おまけ)
ペガサス


アメリカ競馬の未来のために世界最高賞金のレースを創設する。
今年1月12日にガルフストリームパーク競馬場で行われた会議で、ストロナックグループ代表の
フランク・ストロナック氏が構想を披露し、競馬界で話題を集めたペガサスワールドカップ
現地時間の5月11日、その話題のレースの開催が来年1月28日に予定されていることが、
ストロナック氏によって発表された。

ストロナック氏によれば、開催日を1月28日にすることで、ブリーダーズカップ及び
ドバイワールドカップとの競合を避けるという。


ペガサスワールドカップは総賞金1200万ドルのダート競走で、
その施行距離は当初の予定とは変わって1800mになる。
レースの出走頭数は12頭に制限されており、
出走権を1つ得るためには100万ドルを支払わなければならない。

出走権を得た馬主は、自らの所有馬だけでなく、リース、権利の一部購入、契約を行い、
他馬主の馬を代わりに走らせることもできる。
また、株のように出走権自体を他人に売り渡してしまうことも可能だ。


当初の構想通り、100万ドルの出資者達には、レースによって生まれた収益が配当される。
馬券売り上げ、放映権買い取り、スポンサー料などのレースによって生じた収益は、
出走馬12頭の出資者達の間で均等に配分されることになる。


なお、ストロナックグループの発表では、Starlight Racing社の創始者であるJack Wolf氏が、
ペガサスワールドカップの最高経営責任者を務めるとのこと。
ブリーダーズカップの役員を務めるTom Ludt氏と共に、ペガサスワールドカップの開催と
マーケティングの支援を行っていく予定だという。

参考資料





下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【英2000ギニー馬ガリレオゴールド、遺伝子検査の結果に従いダービー回避かと思いきや・・・?】へ  【フランケル産駒、いきなり勝利を挙げる (+おまけ)】へ