リアル競馬ネタ

ラニ、生産地での呼び名は「ジョーズ」だった

 ←種牡馬の馬主会公開数制限、撤廃が決定する →英2000ギニー馬ガリレオゴールド、遺伝子検査の結果に従いダービー回避かと思いきや・・・?
ラニジョーズ

去勢されていないことが奇跡とアメリカで言われているほどに気性が悪いラニ
そんな同馬が生産牧場内では「ジョーズ」と呼ばれていたことが、
Thoroughbred Racing Commentary(以下TRC)の記事で判明した。

Lane's End FarmのOak Tree区画の管理を補佐するCurt Ramsey氏の
TRCに記載されたコメントによれば、ラニは生後1か月からすでにうるさい馬であったという。
同馬は、遊び好きで少々扱いづらい典型的ともいえるタピット産駒であり、
牧場内では【ジョーズ】と呼ばれていたのだとか。
ただ、ジョーズと呼ばれるほどに元気な馬ではあったものの、
特筆する程に大きな問題等を起こしたことはなかったらしい。

また、Oak Tree区画で1歳馬を管理するDave Denton氏のTRCに記載されたコメントによれば、
ラニは牧場で【リーダー犬】のような存在であったという。
Lane's End Farm時代のラニは、売却予定のない6、7頭の牡馬と一緒に生活し、
朝は厩舎内、昼は外で餌をもらっていたという。
そこで、同馬は、全馬の飼い葉桶から最低でも一口盗み食おうと動いては、
毎回の食事にある種の競争をもたらしていたのだとか。

なお、ラニによる他馬のカイバ盗み食いは、結構な確率で成功していたそうだ。

気性の悪さのせいでパドックでは隔離され、今やゴジラなどと形容されることもあるラニ
そんな同馬は、幼いころから元気で扱いづらい馬であったみたいだ。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【種牡馬の馬主会公開数制限、撤廃が決定する】へ  【英2000ギニー馬ガリレオゴールド、遺伝子検査の結果に従いダービー回避かと思いきや・・・?】へ