リアル競馬ネタ

自称元ペルー3歳チャンピオンのアヤファスカ、諦めずにオールウェザーに再挑戦

 ←再び香港で勝利を飾れるか!モーリス出走、チャンピオンズマイル! →仁義なき戦い!払い戻し機を巡る、馬券師バトル!

強敵感

国際G1に出走可能なレート115を持つペルーの元3歳チャンピオン。
高額賞金のレースだけに出走するため、募集価格8000万円でも確実に収益を見込める。

そのように紹介されていたのも今は昔で、今では低賞金レースの常連になりかけているアヤファスカ

そんな同馬は、初オールウェザー挑戦となった前走での敗戦にもめげず、
再びオールウェザーに活路を見出そうとしていた。



再起をかけるアヤファスカが復帰戦に選んだレースは、4月28日にイングランドの
Chelmsford City競馬場で行われるYMCA PRESIDENT, LADY RUGGLES-BRISE'S HANDICAP。
約2700mの距離で行われる7頭立てのハンデ戦であった。

YMCA PRESIDENT, LADY RUGGLES-BRISE'S HANDICAPは、
【レート95以下の馬】のみが出走できる条件戦。
もはや、【レート115】を売りにしていた馬が出走するレースじゃない気がするが、
100超えのレートを持つ相手がいない分、相手関係に少しばかり恵まれる一戦だ。
出走馬の中で2番目のハンデを見込まれたアヤファスカにとって、
十分に好走が期待できるレースである。


このレースの出走に至るまでの間、アヤファスカはアイルランドでレースを1度直前に回避している。
たとえイングランドに遠征することになったとしても、渾身の仕上げでレースに使いたい。
まるで、そのような意気込みでも伝わってくるかのようなローテで、
児玉調教師は、アヤファスカをこのオールウェザーの一戦に送り込んでいた。

おまけに、レースの1着賞金は£8,715.00(約135.42万円)で、
前走の£8,023.26(約124.68万円)より£691.74(約10.75万円)高くなっている。
相変わらず高額賞金とは到底言えないようなレースではあるが、
前走より少しばかり賞金が高いレースを選択してきたあたりに、【高額賞金レースに出走】の公約を
なんとか守ろうとする涙ぐましい努力の跡が見受けられるような気がしないでもない。


レースでのアヤファスカの人気は、単勝オッズ26倍の7番人気。
近走の惨敗っぷりから考えれば、当然ともいえる最低人気であった。
しかし、近走の成績がダメであっても、アヤファスカは元3歳ペルーチャンピオン。
たとえ、遠征競馬でハンデを背負っていたとしても、ここでなら勝負になるはずであった。

そして、日本時間29日の3時30分、パンチェスタウン・フェスティバルのレースも終わり
多くの人々が眠りにつく中、アヤファスカのレースが静かに始まったのであった・・・





・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

うん、前走同様、見どころは充分であった。
そう、見どころは・・・、ね。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

NoTitle 

この厩舎の馬は全く競馬にならない馬ばかり
血統はそこそこなので調教に問題があるのでは
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【再び香港で勝利を飾れるか!モーリス出走、チャンピオンズマイル!】へ  【仁義なき戦い!払い戻し機を巡る、馬券師バトル!】へ