海外レース紹介

チェコの名物障害レースで、史上初のドーピング失格発生か!?

 ←平地レースが障害レースに!?中京1レースでリアルサイコクラッシャーアタック! →競走馬診療の未来を変えるか!?新技術、Equimagine(エクイマジン)
毎年10月にチェコのパルドゥビツェ競馬場で行われる名物障害競走、ヴェルカ・パルドゥビツカ
過去に完走頭数0頭や、1着馬のタイムオーバーが記録されたこともあり、
あのグランドナショナルすらも超えるといわれるほどの難関レースである。

今回、そんな欧州最難関ともいわれる障害レースにおいて、
史上初めてドーピングによって1着馬が失格になるかもしれないといわれている。


昨年に行われたヴェルカ・パルドゥビツカを制したのは、ニカス(Nikas)という10歳馬であった。
同レース四連覇という偉業に挑むJan Faltejsek騎手が騎乗するUniverse Of Gracie
Rabbit Wellが人気を集める中、ニカスは単勝オッズ20-1(21倍)とあまり期待されていなかった。
しかし、レースでニカスは人気薄とは思えない競馬を披露。
レース終盤で好位から先頭に立つと、そのまま追いすがるRibelinoらを抑えきって優勝。
2008年に走行コースを間違えて勝利をはく奪されたMarek Stromsky騎手に、
念願のヴェルカ・パルドゥビツカのタイトルもたらしたのであった。



だが、今年に入って、昨年にニカスが繰り広げた9分にわたる激闘が、
全て無駄に終わるかもしれない可能性が出てきた。
レース後に行われた2回のドーピング検査で、
同馬から許容値を越える量のアルカロイドが検出されたためである。

報道によれば、レース後に採取されたニカスの尿からは、
2.89マイクログラムのカフェインテオブロミンが検出されたという。
ルール上、許容されているカフェインとテオブロミンの検出量は、最大2.00マイクログラムまでだ。
よって、ニカスの尿から検出されたカフェインとテオブロミンの量は、
ルールで規定された許容量を若干上回っていたのである。

また、B検体で行われた再検査においても、
一度目の検査と同じくカフェインとテオブロミンの陽性反応が認められた。
そのため、チェコ競馬会は、1着馬ニカスのドーピング違反を認定。
ルールに従って、同馬が失格処分となるであろうとの見通しを発表した。


もっとも、ルール通りにニカスを失格処分すべきか否かは、難しい問題でもある。
チェコ競馬会の反ドーピング委員会代表のIvo Strauss氏によれば、
2.89マイクログラム程度のカフェインとテオブロミンは、競走能力にあまり影響を与えないという。
それゆえ、許容値を若干上回っていたからといって、
ヴェルカ・パルドゥビツカという厳しいレースを完走した馬に対し、
ルール通りに失格処分を与えるのは悩ましい問題でもあったのである。
実際、今回の失格処分を不服とした関係者や競馬ファンの一部の手によって、
失格処分取消しを求める署名が募られていたりするくらいだ。


なお、ニカスの調教師であるStanislav Popelka氏は、
今回のアルカロイド検出問題の原因が飼料メーカーにあったのではないかと疑っている。
同調教師が管理するCarirayという馬は、ヴェルカ・パルドゥビツカの前日にクリスタルカップを勝利。
その後の検査で、尿内から許容値を越えたアルカロイドが検出されてしまい、
ヴェルカ・パルドゥビツカでのニカスと同様に失格処分を受けていた。
そのことから、Stanislav調教師は、カフェインとテオブロミンは飼料を通じて馬体内に取り込まれたと推測。
飼料メーカーに対し、近いうちに訴訟を起こす予定であるという。

参考資料





下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【平地レースが障害レースに!?中京1レースでリアルサイコクラッシャーアタック!】へ  【競走馬診療の未来を変えるか!?新技術、Equimagine(エクイマジン)】へ