海外レース紹介

エイブルフレンド、V逸!ビューティーフレイムの美しき炎に焼却される!

 ←懸命の治療もレッドカドー助からず、メルボルンCで3年連続で競走馬が死亡する事態に →競馬界に衝撃!アメリカで競走馬から初めてAH-7921という薬物が検出される!
エイブルフレンド、それは香港に君臨している最強マイラー。
その最強馬が香港マイル連覇を目指して、先日ジョッキークラブマイル(GⅡ)に出走した。

昨年11月に本格化してからは連戦連勝。
負けたレースはアスコット競馬場で走ったアウェイの一戦のみ。
前走は苦手とされたスプリント戦に出走して、トップハンデを背負いながらも他馬を粉砕した。



香港のマイル戦での成績は9戦8勝。
不得意とされた重馬場での1戦以外は負けなしという驚異的な成績だ。

もはや、香港の良馬場のマイル戦では負ける要素が見当たらない。

どんなに頑張ろうが、ビューティーフレームなんて馬はただの引き立て役。
かつてライバルであったデザインズオンロームですら、いまや霞んで見える程度の存在。
どんな馬が来ようとも、エイブルフレンドの前ではもはやただの引き立て役に成り下がる。

オッズは下がりに下がって1.4倍。
まずはここで楽々連勝を決めて、次に狙うは3連勝での香港マイル連覇だけ。

まさしく、「Vやねん!歩歩友(エイブルフレンド)!」といった状態であったのだ。

Vやねん!エイブル



しかし・・・



さすがは「Vやねん!」フラグ。
フラグを背負ってしまったエイブルフレンドは、美しき炎に完全焼却されてしまったのである。


エイブルフレンドは、いつものようにゆったりとしたスタートから後方に控えてレースを進めた。
そして、これまたいつものように余裕を見せつつ追走。
前方で必死に頑張っている馬達なんぞ、最後の直線で軽く抜いてやろうという態度を見せていた。

しかし、今回のレースはいつもとは一味違った。
シークレットシャムビューティーフレイムがペースをつくる中、馬群は800-1200m区間で一旦減速。
ペースアップのタイミングを意図的に遅らせることで、先行勢が一息を入れる展開をつくりだしたのである。

こうなってしまえば、追い込み勢にとっては厳しい競馬となる。
いつもなら馬なりで外から楽々上がってくるエイブルフレンドといえども、
今回ばかりは先行勢との差を詰めることができない。
そのため、直線手前で鞍上のモレイラ騎手の手が動き始めるという、珍しい事態が発生したのであった。

そして、直線に向いてからも、エイブルフレンドは状況を打開できなかった。
2番手にいたビューティーフレイムシークレットシャムを捉えて先頭に立つ中、
エイブルフレンドはラチ沿いから強烈な追い込みを見せた。
しかし、その勢いはゴールまで続くことはなく、
エイブルフレンドは先頭のビューティーフレイムに並びかけることすらできなかった。

結果的に、エイブルフレンドビューティフレイム(美しい炎)に焼却されたばかりか、
2着のコンテントテントメント(満足)にも抑えられて3着で入線。
大本命が「Vやねん!」フラグの重圧の前に沈んだことで、、
現地の穴党馬券師にとって「満足」のいく「美しい」結果となったようだ。


ちなみに、これまでVやねん!フラグの前に沈んだ馬達(アメリカンフェイローゴールデンホーン)は、
いずれも次走の本番レースを勝利している。
その意味では、エイブルフレンドの香港マイル連覇の期待も高まったかもしれない。

スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【懸命の治療もレッドカドー助からず、メルボルンCで3年連続で競走馬が死亡する事態に】へ  【競馬界に衝撃!アメリカで競走馬から初めてAH-7921という薬物が検出される!】へ