リアル競馬ネタ

懸命の治療もレッドカドー助からず、メルボルンCで3年連続で競走馬が死亡する事態に

 ←回避王グレンイーグルス、馬場ソムリエを引退して一仕事6万ユーロの種牡馬に →エイブルフレンド、V逸!ビューティーフレイムの美しき炎に焼却される!
レース中に左前球節を故障し、今年のメルボルンCで競走を中止していたレッドカドー
同馬は、レース後にWerribeeにある治療施設に緊急搬送されて治療されていたが、
本日予後不良の診断を出されて安楽死の措置が取られた
レーシングヴィクトリアの報告によれば、予後不良の診断が下されたのは、
故障した左前脚の血流減少に加えて複数の合併症が出てしまったためであるという。

レッドカドーは、エド・ダンロップ調教師が管理していた英国所属の9歳セン馬。
実績的にはそれほど飛びぬけて優れているといった馬ではなかったが、
同馬は長きにわたって多くの競馬主要国のGⅠレースで好走。
多くの国で顔が知られており、ファンも多いという馬であった。
それだけに、今回の死亡情報は多くの競馬ファンに悲しみを与えている。


レッドカドーが助からなかったことにより、メルボルンCでは3年連続で競走馬が死亡したことになった。
2013年には、フランス調教馬のVeremaレース中に右前脚を骨折して安楽死
その翌年の2014年には、日本のアドマイヤラクティがレース中の心房細動による急性心不全で死亡
さらに、レース後引き上げていく際に観客が掲げた国旗に驚いて怪我したAraldoが、
予後不良診断を受けて安楽死となっている。


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【回避王グレンイーグルス、馬場ソムリエを引退して一仕事6万ユーロの種牡馬に】へ  【エイブルフレンド、V逸!ビューティーフレイムの美しき炎に焼却される!】へ