海外レース紹介

世界最高レートは誰の手に!?生産者の祭典ブリーダーズカップ!

 ←メルボルンC目前のオーストラリア競馬界、採決長の自宅に弾が撃ち込まれる →日本馬2頭出走!国中が活動を止めるレース、メルボルンC!
アメフェ
三冠馬として初めてBCクラシックに挑む馬。


ゴルホ
凱旋門賞馬として、
史上初のBCターフを制覇を目指す馬。



ダートテイスティング
至高の馬場を求めて、
ダートにも挑戦する馬。



エソテリ
ラシックスなんていらない
それを証明しようと戦う馬達。



レイチェルヴァレ
そして、来年のクラシックを目指す馬達。


世界各地の馬が集うアメリカ・キーンランド競馬場。
No.1は誰の手に!?

生産者の祭典
ブリーダーズカップ開催中!

中継サイト


ニコニコ生放送
BC公式サイト
キーンランド競馬場公式
アットザレーシズ

ブリーダーズカップの生中継サイト集。
特に理由がない限り「ニコニコ生放送」を利用するのが便利です。

あと、全レースを観戦するという方には「徹夜上等!」というくらいの根性が必要です。
徹夜まではちょっと・・・という方は、BCターフとクラシックを観戦するのがお勧めです。

発走時間・出走表・レース動画


◯開催日時(日本時間):
10月31日 朝4時~ 
11月 1日 朝1時~6時35分


公式レーシングプログラム (レース名クリックでダウンロード)
日本語版出走表

1日目(10月31日)


BCジュヴェナイルターフ(GI)

発走時刻(日本時間) 4:30AM
レース条件:芝8ハロン 2歳牡馬・セン馬



ムーア騎手騎乗のヒットイットアボムが、最後方付近からの追い込みを決めて勝利。
まさしく爆弾のような爆発力のあるレースとなった。
なお、初日の一番初めのレースから、後に欧州勢にとって致命的となる
2馬身ほど遅れるユーロ式スタート(Euro Break)がみられている。

BCダートマイル (GI)

発走時刻(日本時間) 5:10AM
レース条件:ダート8ハロン 3歳以上



途中まで1.1倍(1/9)と今年のBCのレースの中で1番支持率が高かったリアムズマップが完勝。
同馬は、スタートで軽く出遅れた影響でライバルが結託して作った壁に包まれたが、
最後は2着馬リーが抜けたスペースをついて壁を崩壊させた。

BCジュヴェナイルフィリーズターフ (GI)

発走時刻(日本時間) 5:50AM
レース条件:芝8ハロン 2歳牝馬



混戦模様のレース制したのはキャッチアグリンプス
スローな流れの中、道中2番手の位置を確保。
そのままの流れで先頭に立ち、最後まで後続の追撃を振り切った。

BCディスタフ (GI)

発走時刻(日本時間) 6:35AM
レース条件:ダート9ハロン 3歳以上牝馬



ストップチャージングマリアステラウインドの猛追を抑えて勝利。
直線での斜行に対して2着馬から異議を申し立てられたが、特に問題なくそのままの着順で確定した。
なお、2着馬の調教師サドラー師は、これでBC通算成績が36戦0勝となった。

2日目(11月1日)


BCジュヴェナイルフィリーズ (GI)

発走時刻(日本時間) 1:05AM
レース条件:ダート8.5ハロン 2歳牝馬



抜けた人気に推された無敗馬ソングバードが楽勝。
レイチェルアレクサンドラ産駒として
注目を集めていたレイチェルズヴァレンティーナは、離された2着に終わった。

BCターフスプリント (GI)

発走時刻(日本時間) 1:45AM
レース条件:芝5.5ハロン 3歳以上



先に抜け出したモンゴリアンサタデーが、レイディーシップマンの追撃をぎりぎりしのいで勝利。
土曜日開催のBCでモンゴル馬主が所有する馬が勝つ。
まさしく、真の「モンゴリアンサタデー」を体現するレースになった。

BCフィリー&メアスプリント (GI)

発走時刻(日本時間) 2:25AM
レース条件:ダート7ハロン 3歳以上牝馬



人気薄のウェーヴェルアヴェニューが快勝。
自身の重賞初勝利をBCの舞台で決めた。
なお、2着のラヴァダッドと3着のタリスの間でレース後に審議が発生したが、
着順が入れ替わることはなかった。

BCフィリー&メアターフ (GI)

発走時刻(日本時間) 3:10AM
レース条件:芝9.5ハロン 3歳以上牝馬



NBCの予想解説曰く、「ステファニーズキトゥンはない!絶対来ない!
こいつを買うくらいなら、他の9頭を適当に買ったほうがましだ!」とのこと。
このセリフを頭に入れたうえで、レースをご覧ください。

BCスプリント (GI)

発走時刻(日本時間) 3:50AM
レース条件:ダート6ハロン 3歳以上



BCスプリント3回目の挑戦となるプライベートゾーンと7戦6勝の新星3歳馬ランハッピー。
今年のスプリント決戦は、この2頭のマッチレースとなった。
結果的にはランハッピーが勝利し、
調教師のボレル師がBC初挑戦にしていきなり勝利をあげることになった。

BCマイル (GI)

発走時刻(日本時間) 4:30AM
レース条件:芝8ハロン 3歳以上



レースプログラム上では中穴扱いであったが、実際の馬券では人気に推されたテピンが快勝。
3番人気に落ち着くまでは1番人気であったこともあり、
何か裏情報でも回ってたのかもしれないというネタになる。
一方、人気を集めていた欧州勢は、ユーロ式スタートからの後方待機と全くいいところがなかった。

BCジュヴェナイル (GI)

発走時刻(日本時間) 5:10AM
レース条件:ダート8.5ハロン 2歳牡馬・セン馬



無敗のアンクルモー産駒ナイキストが5連勝を達成。
エクリプス賞最優秀2歳牡馬の受賞をほぼ確実なものとする。
2着にはこれまでナイキストの2着になること3回という実績のスワイプが入線。
これが4回目のナイキストの2着となり、ナイキストのストーカーというキャラを確立させる。

BCターフ (GI)

発走時刻(日本時間) 5:50AM
レース条件:芝12ハロン 3歳以上



シルバーコレクターとして有名なファウンドがついに1着をゲット。
初の凱旋門賞とBCターフ同時制覇というゴールデンホーンの野望は打ち砕かれた。
なお、ゴールデンホーンはレース前に、
ここまで禄に的中していなかったNBC予想解説のダブル本命に推されていた。
そのため、僅差で負けたのはNBCのズッコケ予想組のせいだというネタが、ニコ生で生まれることになった。

ちなみに、実際のゴールデンホーン陣営は、
もはやおなじみの「馬場ガー」というコメントをレース後に出している。

BCクラシック (GI)

発走時刻(日本時間) 6:35AM
レース条件:ダート10ハロン 3歳以上



「一世一代の馬」アメリカンフェイローが「グランドスラム」を達成。
史上初めてBCクラシックに出走し、かつ制した3冠馬になった。

なお、NBCの中継では、レース直後に非公式ゴールタイムが1:35.47と掲示された。
そのため、アメリカンフェイローは馬を超えた歴代最速の存在というネタが、
最後の最後に生まれることとなった。

ちなみに、実際の勝ち時計は2:00.07の好タイム。
NBCの1:35.47は、マイル標識の通過タイムであった。

スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【メルボルンC目前のオーストラリア競馬界、採決長の自宅に弾が撃ち込まれる】へ  【日本馬2頭出走!国中が活動を止めるレース、メルボルンC!】へ