本家ネタ

久々に競伝ネタでも

 ←トレヴV逸!凱旋門賞を制したのはゴールデンホーン! →船橋競馬、ついにアメリカ競馬化する
※この記事は競伝プレイヤー向けです。

前々回のメンテから先週のメンテまでの間、合成5倍キャンペーンが行われていましたね。
前回は合成3倍キャンペーンとして多くのプレイヤーを狩ってきたヘル千夏
今回はさらにパワーアップして帰ってきていたみたいですが、
みなさまの合成結果はいかがでしたでしょうか。

超ヘル千夏


さすがに5倍というだけあって「大当たり」を入手した人もいたみたいですが、
3倍の時と比べて犠牲者の数がどうなったのか気になりますね。

さて、話は変わって、本日のメンテでいよいよマーケット機能が導入されますね。
そんなわけで、今回はその大幅アップデートの前に、
これまで扱っていなかった色々な競伝ネタを久々に書いていこうと思います。


アスコットサーバーのイベントで思わぬミス


アスコットサーバーでは、ついに喜寿イベントが本格的に開始されたみたいですね。
第1回目の討伐イベントも無事に開催されて、すでに複数頭のイベント馬も出走したそうです。

その一方で、討伐イベント関連でもミスが発生していましたね。
なんでも、参加者の指摘によって、
討伐対象となるレースの条件がそもそも存在しないものであったことが発覚
その後、全討伐イベントレースの条件が見直された上で、リスト上の複数の項目が修正されたとか。

ともあれ、レース前日の発覚していきなりパニックに・・・、
なんて事態にならなくて一安心でしたね。

ちなみに、この出走できないレースを指定するというミスは、3年ほど前に旧競伝運営も犯していたりします。

このようなことを見ると、やはり大規模イベントをやる上では、
レース条件ミスは定番のミスであるのかもしれませんね。


中山サーバーの協賛イベントも告知開始


アスコットサーバーのイベントが本格的に開始される中、
中山サーバーの協賛イベントも開催のめどがついたみたいですね。
現在、他のサーバーからの参加者も募集するための告知が打ち出され始めたようです。

アスコットサーバーに続いて始動する中山サーバーの協賛イベント「超早熟杯」
今後の競伝界を占ううえでも、是非盛り上がってほしいところですね。

解消されたマーケット機能の不安


運営が変更されて以来、新運営の手によって変革がもたらされている競馬伝説。

予定より大幅に遅れていながらも、新運営はトピック機能を実装することに無事成功。
最初に予告していた通りに、次のマーケット機能の実装にとりかかりました。

そして、マーケット機能導入の最初の一歩として、
マーケット機能の草案が運営のブログで公表されたのですが・・・、
その草案とやらが、プレイヤーの間に長らく混乱をもたらしましたね。


まず、9月18日に出されたマーケット機能の草案にて、
新運営はレア度10のアイテムがフリレ設定できなくなるという案を発表

いつぞやのブログ更新で、
今遊んでいただいているユーザ様のモチベーションに少しでも良い変化をもたらすことを期待」して
協賛イベントを促進していると書いていたにもかかわらず、
いきなりその協賛イベントの勢いを殺しかねない案を出してきたのです。

なにせ、フリレでレベル10が設定できなくなるということは、
協賛イベントでユーザーがレベル10の景品を提供できなくなるということを意味しています。
それゆえ、この案がそのまま通ってしまえば、協賛イベントの勢いがなくなってしまう可能性がありました。


そして、やはり草案が不評であったのか、その後のブログ更新で新運営は方針を変更。
「レア度10アイテムのフリレ設定に関しては、プレミア会員様のみが設定できる」という案を
検討するという宣言を出しました。

しかしながら、この修正草案でも、プレイヤーのマーケット機能に対する不安は高まりました。
なぜなら、新運営はこの草案修正を知らせる更新で、
レベル10のアイテムをフリレ設定できなくしようとした理由の一つに、
「プレミア会員と通常会員との差別化」をあげていたからです。

当時の競馬伝説の仕様上、フリレでの景品設定はプレミア会員の特権でした。
フリレで景品を設定する「撒き」という行為を行えるのはプレミア会員だけ。
通常会員はどんなレベルのカードであっても、フリレには設定できなかったのです。

このことを踏まえると、運営がやろうとしていたことがおかしなことに見えました。
フリレ設定が最初からできない通常会員の行動をなぜか縛ろうとして、
プレミア会員の特権に制限をかけるという案を出しているように思えたからです。
しかも、「プレミア会員と通常会員との差別化」をはかるという理由で。

要は、理由と案とが全く一致していないように見えたという訳です。
そのようなわけで、もしかしたら新運営はゲームの仕様すら把握しきっていないのかもしれない。
そんな一抹の不安をユーザー達はしばらくの間抱くことになりました。


そして、10月5日、この疑問がようやく解消されました。
この日のブログ更新で、新運営はフリレ景品の設定を通常会員にも限定的に開放することを発表。
これまでの草案を巡る騒動は、
フリレ景品設定の通常会員への開放にともなうものであったことが判明したのでした。

それにともない、運営がゲームの仕様を理解していないのではないかという不安も払拭。
マーケット機能草案を巡る騒動は、ひとまず鎮静化することになったのでした。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ヘル千夏単体


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

Re: NoTitle 

> グラファイスさん

中山サーバーのイベントが盛り上がってくれることを期待しています。

リンクの件については、当ブログは断りなしにリンクしていただいて構いません。
  • #190 馬主のようでそうでない人 
  • URL 
  • 2015.10/10 02:09 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

告知ありです~^^
イベント頑張ります^^
ところで・・・このブログを私のブログのリンクに追加してもいいでしょうか?
検討お願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【トレヴV逸!凱旋門賞を制したのはゴールデンホーン!】へ  【船橋競馬、ついにアメリカ競馬化する】へ