海外レース紹介

アメリカンフェイロー、「人気馬達の墓場」サラトガ競馬場にピラミッドを建てる

 ←衝撃の結末、インターナショナルS! →「Vやで!◯◯」とフラグを立ててみる + 先週のニュース
Vやねん!ファラオ

Vやねん!アメリカンフェイロー

2015年8月29日、サラトガ競馬場は完全に「Vやねん!」ムード一色であった。

37年ぶりに米国3冠を達成
前走のハスケル招待ステークスでもキーンアイスを馬なりで粉砕。
もはや同世代に敵はいないとされたアメリカンフェイローが、
4冠を目指してトラヴァーズステークスに出走していたのだ。

出走するだけでレースの賞金総額が跳ねあがり
調教するだけで万単位の観客を呼び寄せる
ひとたびレースに出走すれば入場者数も売り上げ記録も大幅に更新し、
しまいにはファッション雑誌のヴォーグにも写真が掲載されるスーパースター。

もはや競走馬というより、
単語をスペルミスするドジっこアイドルがごとき存在となったアメリカンフェイロー
そんな彼を管理する陣営にとって、
考えるべきことは次なるマーケティングとお披露目の予定だけであった。

フロステッドキーンアイス?敗北の可能性?
そんなものをいちいち考える必要などない。

サラトガ競馬場が「人気馬の墓場」と語り継がれていようが関係ない。
1941年にワーラウェイが達成して以来、
誰も米国4冠を達成したことのないという事実など知ったことか。

単勝オッズは下がりに下がって1-5(1.2倍)。
まさしく、当日のサラトガ競馬場は「4冠待ったなし!」のムードに包まれていたのだ。




しかし、「人気馬達の墓場」サラトガ競馬場にとって、
「Vやねん!」ムードは格好の獲物でしかなかった・・・。


何がVやねん!ファラオ

何がVやねん!アメリカンフェイロー

「人気馬の墓場」ことサラトガ競馬場に、新たな「人気馬のピラミッド」が建立された。

フロステッドと激しい先行争いを繰り広げたアメリカンフェイローが、
直線でバテたところをキーンアイスに豪快に差し切られてしまったのである。
(※ちなみに最初の1/4マイル通過がスロー、マイル通過が過去25年では最速
レーポス曰く、もしあのままバテなければレート150越えやねん!)

そして、この敗戦によって、レース前の「Vやねん!」ムードが一転してお通夜に。

馬主のザヤット氏は意気消沈し、
やけくそ気味にアメリカンフェイローこのまま引退させる可能性について発言
一部のファンが現実逃避用レース動画を作成。
騎手のエスピノーザ氏に至っては、企業ロゴ入りブーツと自身の名が入ったズボンを
レース中に許可なく着用したとして、後日1万5000ドルもの罰金制裁の追撃をくらうなど

とにかくフェイロー陣営とファンにとっては散々な日となったようであった。

補足:人気馬達の墓場 (Graveyard Of Favorites)


1863年に設立され、今では全米で3番目に長い歴史を持つサラトガ競馬場
近くに鉱泉があることから"SPA"という愛称で呼ばれ、
長らくアメリカ競馬ファンから親しまれている存在である。

しかし、親しまれる一方で、この競馬場は恐ろしい別の一面を持っていた。

その一面というのが、「人気馬達の墓場」(Graveyard Of Favorites)というもの。

1919年にアップセットの用語を全米に広めたマンノウォーの敗戦をはじめとして、
ギャラントフォックスセクレタリアトレイチェルアレクサンドラ
さらには繋駕速歩競走(ハーネスレース)の名馬ナイアトロスなど、
サラトガ競馬場は競走形態に関係なく、圧倒的1番人気に推された数々の名馬を飛ばしてきたのだ。
(※特に単勝・複勝の販売なしというナイアトロスの「Vやねん!」ムードがすごい)

その飛ばしっぷりの衝撃はすさまじく、
過去には「人気馬達の墓場」をテーマにサラトガ競馬場のビデオが作られたり、
本が書かれたりしているくらいである。


なお、これだけ聞くとおぞましい競馬場のように思えるが、
実際の統計上では1番人気の勝率は悪くないことで知られる。
むしろ、他の競馬場よりも人気馬の勝率が良いとさえいわれるくらいだ。

また、「王者の墓場」(Graveyard Of Champions)とも形容されることがあるが、
ケルソネイティヴダンサーなど、サラトガで無敗だった名馬も過去には存在している。

おまけ2


どうやらグレンイーグルス陣営がBCクラシック出走の可能性をほのめかしたことで、
ブックメーカーはグレンイーグルスとアメリカンフェイローの対決が
実現するか否かの賭けを始めたとのこと。

レーシングポストの記事によれば、現在のオッズは8-1(9倍)。
対決の実現確率は約11%とちょっとくらいと見込まれているようだ。

かたやドリームアヘッド級の馬場ソムリエで回避王
かたや敗戦一回だけで意気消沈する馬主所有の馬・・・。

これに賭けるにはかなりの度胸がいりそうだ。

追記(9/3 23:45)


アメリカンフェイローは引退せず、BCクラシックを目指すとのこと
どうやら、時間がたってオーナーも冷静になったようだ。
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

NoTitle 

馬主のようでそうでない人さんこんばんは。

アメリカンフェイロー残念な結果でしたが、
今回はペースも厳しかったですし、仕方ないですね。

グレンイーグルスとの対戦楽しみですが、
おそらく実現しないでしょうねえ…

NoTitle 

そういえば本日週ベがVやで!タイガースとかいう新しい爆弾を投入しましたね(ニッコリ
今年の週ベの呪い回数見たらDeNAが2回も呪われてるんですねぇ・・・

グレンイーグルスが後の方になってダートの馬場状態わからへんとかいう理由で回避がありそうなんだよなぁ・・・
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【衝撃の結末、インターナショナルS!】へ  【「Vやで!◯◯」とフラグを立ててみる + 先週のニュース】へ