スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ついに明かされる実力!謎のペルー馬、アヤファスカ! →欧州障害競走の祭典、チェルトナムフェスティバル!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

インディアン・フリレ

強豪対決!インディアンフリレ・アスコットステージ、決着!

 ←ついに明かされる実力!謎のペルー馬、アヤファスカ! →欧州障害競走の祭典、チェルトナムフェスティバル!
※この記事は競伝プレイヤー用です

競り合い
(画像:直線で叩きあう3頭 [引用元])

3月10日、インディアン・フリレ6大陸選手権の第5戦、アスコットステージが開催された。
残り少なくなったグランドチャンピオン戦の出場権を目指し、38名のプレイヤーが熾烈な争いを繰り広げた。

これまでの4戦とは打って変わり、
アスコットステージは歴戦の強豪たちが顔をそろえるレベルの高い戦いになった。
今期の大会では初めて新規参戦組が一人もいないうえに、
出場者の大半が過去の大会で上位入賞を果たしているという豪華メンバーであった。

強豪ぞろいの決戦を制したのは7050氏(ニューマーケット所属)。
見事初めてのインディアンフリレタイトルをその手に収めた。
同氏は前回の福島ステージでは惜しくも決勝で敗れており、
アスコットステージでその雪辱を果たすことになった。

アスコットステージでは予選がこれまでとは違う方式で運営された。
これまで3組に分かれていた予選は2組に縮小され、
変わりに本戦に進出できるプレイヤーが従来の15名から10名に変更。
予選の重要性が増したこともあり、これまでにないほど激しい戦いが予選で繰り広げられることになった。

レースは京都競馬場の芝1100mで開催された。
芝1100mはデータも少なく、通常プレイで見慣れない距離条件。
福島ステージと似たような状況で、参加者たちは愛馬のタイム調整に苦戦した。

そんな中、決勝にまでコマを進めたのは7050氏、とーも氏、ジェームス氏の3名であった。
とーも氏とジェームス氏は過去のインディアンフリレ優勝経験者。
6大陸選手権でも高い予選突破率をほこり、インディアンフリレ界でも一目置かれている存在だ。
一方、7050氏は最近好調が目立つ新規精鋭。
前半戦では予選落ちが目立っていたものの、
前回の福島ステージでは2位入賞を果たす活躍を見せていた。

決勝では事前に告知されていたコース条件の変更が行われ、
阪神競馬場の芝1900mが決戦の舞台となった。
当日初めて明かされた芝1100m同様にデータの少ない条件を前に、
決勝進出者3名はそれぞれダンチヒメルド(7050氏)、
アンフルール(ジェームス氏)、トモノチョウチョウ(とーも氏)を選出。
芝1100m戦で使用した愛馬をそのまま信じて送り出す選択をとった。

事前に発表されていなかった条件にもかかわらず、決勝戦はインディアンフリレ史に残る名勝負になった。
道中は互いに牽制し合う中、スローペースに。
しかし、直線に入ると3頭が横一線で叩き合いを繰り広げる手に汗握る展開に。
最後はダンチヒメルドがアンフルールとの叩き合いの末に2着を確保し、
見事に選出した馬主の期待に応えて初のインディアンフリレタイトルをもたらした。

決着タイムは1:55.3。推定指数は107であった。

今回のアスコットステージで、ジェームス氏がグランドチャンピオン大会への出場権を獲得。
7050氏ととーも氏はすでに出場権を獲得していたため、
出場権利獲得者は13名になり、残る出場枠が5つとなった。

残る開催も少なくなり、ますます激しさを増すインディアンフリレ。
ベルモントステージの中止が発表されたことにより、
最後の5枠の行方は新大陸選手権の結果にゆだねられることになった。
果たして新大陸選手権ではどのような戦いが繰り広げられるのか、今から楽しみである。

(※この記事では芝1100の指数100を1:06.0、芝1900の指数100を1:56.0として扱っています。)

(記事:競伝スポーツ・インディアンフリレ面)


◯おまけ(イベント運営者の発表)

3月10日、BCワールドで衝撃的なことがイベント運営者から発表された。
なんと第2回BCワールドカップイベントの特別協賛金が、
第一回の10万円から大幅アップして23万6千円になるというのだ。

BCワールドカップは、ユーザーであると同時に運営協賛イベントである。
イベントが企画される際、参加人数などの詳細をユーザーが提出することで、
運営会社のG社が特別協賛金という形で支援するという体制で運営されている。

そこで、参加人数の増加等もあり、
イベント運営の方々は協賛金が12万程に増額されると想定していたといわれている。
ところが、実際に発表された額は2倍近い23万6千円。
予想外の協賛金の増額に、イベント運営の方々も驚きを隠せないようだ。

協賛金の増額を受けてイベント運営者はイベントと景品のアップグレードを決定。
今後はBCサーバーのBBSにて随時意見を募集したり、報告を行っていくという。

なお、現在は特別協賛アイテムの決定に関する投票を行っているようだ。

(記事:競伝スポーツ・BCワールド面)


◯おまけ(レース結果)





最終確定結果
優勝7050(ニュ)[②]
準優勝ジェームス(新潟)[①]とーも(京都)[②]
グランドチャンピオン戦進出ライン
準決勝敗退一之瀬海(笠松)[②]SAO2611(笠松)[①]
2戦目敗退黄金(小倉)[①]羅生門ファーム(ロン)[②]
1戦目敗退celeron2G(ドン)[①]ぽっくん(アー)[②]
熱カリー(川崎)[①]


全体統計
練習含む練習抜き
平均指数104.4103.6
分散14.87
標準偏差3.852.65

1戦ごとの統計
練習1戦2戦3戦決勝
平均指数106.4103.4104.1101.6106.3
中心値105.5103.5104103107
最高値115107109103109
最低値9710010299103
タイム幅187746



◯おまけ(詳細データ)


予選①
馬主名所属サーバー主な実績突破
ジェームス新潟女心と秋の空②1位
SAO2611笠松小倉st3位
黄金小倉女心と秋の空②2位
celeron2Gドンカスター福島st14位
熟カリー川崎女心と秋の空②3位
ななぱぱ川崎初代グランドチャンピオン
さざえさん一家中山バーバリアンズカップ1位
シャオサン笠松中山st2位
あーりんアーリントンバーバリアンズカップ2位
中島みゆきベルモント中山st3位
浜松小倉中山st7位
JKA福島笠松st6位
豪玉翁笠松小倉st13位
ゆらたん中山中山st10位
ジャバロンシャン福島st予選敗退
快走ルパンベルモントオールカマー3位

予選②
馬主名所属サーバー主な実績突破
とーも京都ゲリラ開催②1位
7050ニューマーケット福島st2位
一ノ瀬海笠松無料限定戦①1位
羅城門ファームロンシャン中山st6位
ぽっくんアーリントングランドフィナーレ6位
ヤマシン中山福島st1位
シンアスコット小倉st8位
るんるん笠松福島st4位
大門中山女心と秋の空①1位
エモーショナルカラー川崎中山st13位
たばこ小倉バーバリアンズカップ9位
ごっどチャーチルダウンズダブルヘッダー①2位
トラスタ川崎中山st11位
サウザンドベルモント小倉st5位
波牧場ベルモント砂の器7位
すたおう福島第一回開催8位

各プレイヤーの戦略分析用
7050練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数7着1045着1042着1063着1032着107
使用馬ダンチヒメルド
ジェームス練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数3着1128着1024着1042着1031着109
使用馬アンフルール
とーも練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数6着1057着1036着1024着1003着103
使用馬トモノチョウチョウ
一ノ瀬海練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数2着1134着1043着1041着103--
使用馬サラードチャーム
SAO2611練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数4着1073着1055着1025着99--
使用馬インディキャット
黄金練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数8着1046着1031着109----
使用馬コーズウェー
羅城門ファーム練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数9着1019着1007着102----
使用馬クラッシュアウディ
celeron2G練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数10着971着107------
使用馬アウトドライブ
熟カリー練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数5着1062着106------
使用馬チェリーエイド
ぽっくん練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数1着11510着100------
使用馬マーチャマコブキチヴァー


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ウオッカちゃん
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ついに明かされる実力!謎のペルー馬、アヤファスカ!】へ  【欧州障害競走の祭典、チェルトナムフェスティバル!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。