リアル競馬ネタ

ついに明かされる実力!謎のペルー馬、アヤファスカ!

 ←雨天決戦!インディアンフリレ福島ステージ、決着! →強豪対決!インディアンフリレ・アスコットステージ、決着!
強敵感

皆様は、あの謎のクラブと募集馬を覚えているだろうか。

時は遡ること1年ほど、競馬界に謎のホースマンクラブが出現した。
そのホースマンクラブの名は、インターナショナル・アイルランド・オーナーズクラブ(以下IIOC)。
アイルランドで唯一の日本人調教師である児玉敬氏が専属調教師を務めているとのことで、
一時期日本のスポーツ新聞などで取り上げられた。

IIOCは「投資した競走馬が、必ずGⅠレースに出走できる、日本で初めてのオーナーズクラブ」引用元)。
収益性を重視する方針を打ち出しており、種牡馬になりえるほどの素質を持つ
現役馬だけを厳選して所有し、会員(出資者)を募るという。

要は、すでに結果を残している現役競走馬をクラブが資金を集めて購入するというわけだ。
そして、出資馬が世界でもメジャーなレースに参戦することで、
出資者は高額なレース賞金と特別観戦席等の様々な特典を得られるという寸法だ。
ある意味怪しさ満載な出資話であったため、一部の競馬ファンの注目を集めていたのであった。

怪しいクラブことIIOCは、ある1頭の馬に対する出資者を募集していた。
その1頭の馬が、謎のペルー馬ことアヤファスカである。

アヤファスカは7戦6勝の成績を誇るペルーの馬。
デビューから6連勝で3歳チャンピオンの座に輝いた実績を持つとIIOCは説明している。
最高で115の国際レーティングを記録したこともあるらしく、
国際GⅠの出走ボーダー(110)を超えている逸材ということをIIOCはウェブページ上に記載していた。

ともあれ、この謎の馬はアルゼンチン共和国杯、ジャパンカップ、有馬記念と
次々に日本の重賞に出走登録をかけていったため、
色々な意味で日本の競馬ファンの注目を集めることになった。
怪しい理念を掲げる謎のクラブが所有する謎のペルー競馬に君臨した謎の3歳チャンピオン。
多くの謎に包まれたアヤファスカとは一体どんな馬でどれほど実力をもつのか・・・。
いつしか一部の競馬ファンが注目するネタ的存在となっていた。

だが、その謎の馬の実力が日本で明らかになることはなかった。
アヤファスカは日本の重賞に出走登録をかけては回避を繰り返し、ついには1度も出走してこなかったのだ。
結果的に、アヤファスカは謎に包まれたままの馬となった。



あれから1年、謎の馬アヤファスカは意外な場所で発見された。
その場所とはなんとドバイ。
そう、ドバイワールドカップデーの前哨戦が一挙に開催されるスーパーサタデーに姿を現したのだ。

出走していたのは、芝2400mのGⅡDubai City Of Gold。
スーパーサタデーに開催されるドバイシーマクラシックの前哨戦である。
賞金総額は25万ドルで、現在のレート換算すると日本円で3025万ほどのレースだ。
日本の中央競馬から見れば1600万下競走くらいのものであろう。

ところで、IIOCのページには
「当クラブの所有馬は常に高額賞金のみのレースに出走しておりますので
配当妙味を得る事が出来ます。」
 (引用元
との説明があるだが・・・。
おそらく、気にしたら負けなのであろう。

ともあれ、
「昨年のアルゼンチン共和国杯勝ち馬のアスカクリチャンのレイティングが110。
アヤファスカの国際レイティングは115を与えられており、日本のGII レベルでの勝ち負けは当然のこと、
ジャパンカップを制したジェンティルドンナの117、有馬記念2着馬ウィンバリアシオンの116とも遜色はなく、
GI 優勝の可能性は十分にあるはず」
 (引用元
とまでIIOCがウェブページ上で豪語していた幻の馬が、ついに国際重賞の舞台に現れたのである。


それではご覧いただこう。
これが長らく謎に包まれていた幻のペルー3歳チャンピオン、アヤファスカの実力だ!





・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
よ、よえぇぇ・・・。
(※ダントツの最下位で入線しているのがアヤファスカ。)

補足:ちなみに、このレースを走るまでにアヤファスカは数戦走ってたとのこと


◯おまけ

同日、同じく南米のウルグアイの3歳チャンピオンこと無敗三冠馬サーフィーバーが出走していました。



・・・が、あっさり敗れました。

無敗3冠馬は3冠目の次走でいきなり敗戦する確率が高いということもあるので、
次走のUAEダービーで巻き返せるかどうかに注目ですね。


【主な無敗3冠後すぐの敗戦例】
馬名3冠の種類敗戦レース
ディープインパクト日本3冠有馬記念
シンボリルドルフ日本3冠ジャパンカップ
シアトルスルーアメリカ3冠スワップスS
ニジンスキーイギリス3冠凱旋門賞
アイシングラスイギリス3冠 ランカシャー・プレート
インヴァソールウルグアイ3冠UAEダービー


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

NoTitle 

この馬ネタ今後も宜しくお願いします。

Re: NoTitle 

> 331さん

元々のクラブの公約が怪しさ満載で無理難題の山であることから、
ろくな結果にならなさそうな予感がありましたが…。

それでもアヤファスカの走りは色々な意味で想像以上でした。
  • #138 馬主のようでそうでない人 
  • URL 
  • 2015.03/14 20:41 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

馬主のようでそうでない人さんこんばんは。

アヤファスカのレース映像見させてもらいましたが、
これはちょっと詐欺に近いものがありますねえ。
確かにレーティングからはGⅠに出走することはできるのでしょうけれど…
GⅠに出走するだけなら、条件馬でもできますしねえ。
これだけ大々的に募集しておいてこの結果とは、ある意味残念です。
今後の推移を見守りたいところです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【雨天決戦!インディアンフリレ福島ステージ、決着!】へ  【強豪対決!インディアンフリレ・アスコットステージ、決着!】へ