インディアン・フリレ

コンマ1秒を調整せよ! ~本日のバーバリアンズカップ展望~

 ←本日はコーフィールドカップ発走日 →【非公式結果速報】バーバリアンズカップ決着!
※この記事は競伝プレイヤー用です。

インディアンデフォル

長かったBCワールドのイベント事業もいよいよ佳境。
これから2日の間にインディアンフリレ真の王者が決定します。

本日はインディアンフリレ決戦こと、バーバリアンズカップの決勝戦が行われますね。
バーバリアンというといかにも馬が派手に暴れそうな名前のレースですが、
実はコンマ1秒を巡る繊細で緊張感のある戦いなのですw

特に選りすぐりのメンバーによる決勝戦だけあって、
非常にレベルが高く見ごたえのある決戦になることが予想されます。

イベント参加者は コチラ のニコニコ生放送にて緊張感のある決戦の様子を
観戦することができますので、閲覧してみてはいかがでしょうか。
(※なお、観戦にはニコニコアカウントとコミュニティ登録の承認が必要です。事前に済ませておいてください。)


○予選のレース全体の振り返り

さて、ここではそんな緊張感のある戦いをより面白く観戦するために、
予選の様子を振り返っておきましょう。
なお、無観客戦であったため分析は行うかどうか迷いましたが、
公式にて全予選のタイムが誰でも確認できたため行うことにしました。





予選1組
標本サイズ60
平均指数103.5
分散31.9
標準偏差5.7







予選2組
標本サイズ44
平均指数101.2
分散16.4
標準偏差4







予選3組
標本サイズ44
平均指数103
分散30.3
標準偏差5.5

(※練習のタイムを抜いて集計した数値です)

表から見ると予選2組が一番ブレ幅(標準偏差)が小さく、
3つの予選の中で一番レベルが高かったといえるでしょう。

予選1と予選3では予選3のほうがわずかにブレ幅が小さいのですが、
予選1は3戦の中で唯一フルゲート(欠員なし)で行われています。
それゆえ、試行回数も1回多くブレ幅が大きくなりやすくなっているため、誤差の範囲といえるでしょう。

インディアンフリレとしてのレベルは予選2が一番高く、予選1と3があまり変わらないくらいといえるでしょう。
観戦する上では、予選2突破組に注目してみるのもいいかもしれませんね。


○個別のタイムマネジメント分析

しかし、インディアンフリレも特殊なルールとはいえレースはレースです。
現実の競馬のようにレベルの高いところを潜り抜けたからといって、
レベルの低いところを突破してきたものよりも強いかといわれればそうとは限らないのです。
そのため、レース全体ではなく出場者個別のタイムコントロールの精度を分析しなければ、
真の有力出場者を見つけ出すことはできないのです。

そこで、ここでは出場者1人1人の予選での戦いぶりを振り返ってみましょう。

予選1
プレイヤー名最高指数最低指数ブレ幅
シャオサン1101028
トリエー1071025
熟カリー1071016
奈良1061024
ことぶき104986
たばこ107989


予選2
プレイヤー名最高指数最低指数ブレ幅
にら玉1031021
ばんえい1051014
あーりん105996
ロッシたん1021002
ひろうし1061006
仲村1041013


予選3
プレイヤー名最高指数最低指数ブレ幅
さざえさん一家1101046
モカ1091054
獣の奏者104995
わっく1021011
ゴルド102984
アサヒ1061015


※敬称略 
※上の数値は全て練習レースのタイムを除外して出しています。


こうして見ても、レース分析の通り予選2組は他の予選の参加者とと比べて
比較的タイムのブレを小さく抑えていますね。
しかし、同時に予選1組や3組の出場者にも、
予選2組の出場者と遜色のないタイムコントロールっぷりを見せている者がいるのも事実です。
やはり、まだまだ勝負の行方は分からないといえるでしょう。

一方、ブレ幅4~6が多く存在する中、特に目を引くのがブレ幅1~3の出場者たちです。
このブレ幅は今まで行われてきたインディアンフリレの中でも、
特に非常にレベルの高いタイムコントロールぶりを表しているといえるでしょう。

予選ではこのブレ幅に抑えたものが4名存在していたのですが、
もしこのままの調子を維持できれば決勝でもまず間違いなく優勝争いに絡んでくるでしょう。

しかし、ブレ幅は馬の調子次第で変化するものでもあります。
予選ではブレ幅が大きかったプレイヤーも決勝にうまく照準を合わせてこられれば、
まだまだ逆転する可能性もありますね。
そのあたりを踏まえたうえで、予選と決勝でのタイムのブレ幅の違いを比較してみるのも面白いかもしれません。


○予選最終戦のタイム分析

上ではブレ幅がいかに小さいかを紹介しましたが、
いくらブレ幅が小さくても狙ったタイムが基準タイムとならなければ意味がありません。
そこで、予選最終戦で参加者が出したタイムから、
決勝戦でのおおよその展開を予想してみましょう。

予選1予選2予選3
21.922.221.8
22.222.322
22.222.422.1
22.322.422.4
22.422.422.4
22.522.422.4

(※単位 秒)

平均指数102.4
分散3.9
標準偏差1.97
中心値101.5
頻出値101


さすがに決戦ではブレ幅が大きく出ると思いますが、もしこのままのタイムを各馬出してくるとすれば、
今までのインディアンフリレで一番レベルの高い争いになるかもしれませんw

頻出値や平均などから見るに、決勝戦では指数101~103あたりをコントロールする戦いになりそうですね。


○個別オッズ

これまでのことを踏まえたうえで、決勝の指数予測と予選のデータだけで
バーバリアンズカップのブックメーカー風個人優勝オッズを出すとすれば・・・

プレイヤー名オッズ
わっく5-1
にら玉6-1
ロッシたん7-1
仲村8-1
ゴルド10-1
ばんえい10-1
奈良12-1
獣の奏者15-1
アサヒ15-1
トリエー18-1
ことぶき20-1
あーりん20-1
ひろうし20-1
熟カリー20-1
たばこ30-1
モカ50-1
さざえさん一家50-1
シャオサン50-1

(※敬称略)

こんな感じでしょうか。

優先事項はブレ幅の小ささと頻出値付近の指数101~103を出せるか否かです。
それゆえ、ブレ幅が少なくても101~103の指数を出してないプレイヤーのオッズはかなり高めになっています。
逆に言えば、その指数ラインが崩れれば、勢力図がガラッと変わる可能性も十分ありますね。


○チーム表
最後に、バーバリアンズカップは個人戦であると同時にチーム戦でもあります。
もし最後まで2人残せるチームが出てくれば圧倒的優位に立てますね。

チーム名DPW(中山)
大門×ポザウネ×ワイルド×
チーム名アーリントンパークの脇役たち(アー)
スノーファーム×ドンバン×ロッシたん
チーム名グラチャン出場3バカトリオ(中山)
さざえさん一家よゐこ×レック×
チーム名黄煙牛(小倉)
たばこひろうし黄金×
チーム名50(大井)
奈良ギャングスター×ノワール×
チーム名はえぬき(川崎)
ななぱぱ×熟カリーばんえい
チーム名チーム老眼(アー)
あーりんトリエーアサヒ
チーム名ブたウま(函館)
トキ伝説×しの×赤線×
チーム名ベル1(ベル)
快走ルパン×中島みゆき×ピンチ×
チーム名アーリントンパークの女帝閣下と執事たち(アー)
モカスターレイク×にら玉
チーム名笠松のしっかり者とその他(笠松)
シャオサン獣の奏者ユース×
チーム名ピアノの森(笠松)
ゴルド一ノ瀬海×WELSPER×
チーム名ベル2(ベル)
波牧場×ターフ×サウザンド×
チーム名過疎でも楽しいじょ~
りょうこ×れい×仲村
チーム名チャーチルのブラ(チャーチル)
なつみかん×ごっど×神風牧場×
チーム名ガラスの脚(福島)
わっく鳳龍×ことぶき


しかし、改めて見ると勝手につけたオッズでの上位陣は、見事に各チームに散らばっています。
際立って有力なチームというものはなさそうですね。
強いて言うならば、チームとしてはメンバー全員が生き残っている「チーム老眼」が順当に最有力でしょう。

ともあれ、これだけ混戦ですと、チームワークもこの対戦を制するカギになってくるかもしれません。
観戦の際には、そのことにも注目してみてもいいかもしれませんね。


○最後に
バーバリアンズカップは、 10月22日 (BC歴6月3週) 22時10分 発走 です。
詳細はイベント公式サイトをご確認ください。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ウオッカちゃん



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【本日はコーフィールドカップ発走日】へ  【【非公式結果速報】バーバリアンズカップ決着!】へ