リアル競馬ネタ

最近3歳馬が強い気がする

 ←新登場の何かとは!?+α →インディアン・フリレ・チーム戦の雑感
harp.png

さすがはペースメーカーことトウケイヘイロー・・・。
ドバイDFのように持久戦を作り出し、GⅠ馬の能力をフルに引き出しましたねw

というわけで、札幌記念はハープスターがゴールドシップを引き連れて快勝。
オークスのパフォーマンス的に牡馬相手に通用するのか不明でしたが、問題ありませんでしたね。
経験的にも、初めて上がりが最速でなくかつ35秒かかったレースでゴールドシップを抑え込んだことは、
ヨーロッパのロングスパート戦に対してもプラスに働くかもしれませんね。

ゴールドシップのほうも、一時期は「稀代の癖馬」「走らせてみないと分からない馬」なんて
国内外で評価されるまで迷走してましたが、
某U騎手を降ろしてからはきっちり自分のペースで走れるようになってますね。

今回は後方ポツンをしてましたが、
画像を見る限り60秒中盤で最初の1000mを通過しているので、
そこそこ速いペースで走っていたように思われます。

58秒
トウケイヘイロー 1000m 58秒4 (画像は58.39時点)

60秒5
ゴールドシップ 1000m推定 60秒中盤


少なくとも、「走らせてみないと分からない馬」の評価の原因となった悪夢のジャパンカップと比べたら、
ポツンでもまともなペースでちゃんとレースしてますねw

悪夢のJC


ここ数日は、凱旋門のオッズが変動するレースが続いたため、
この札幌記念も注目のレースだったのですが・・・・・・

アークオッズ

レース後にはあまりオッズが変動しませんでした。
ただ、ムラ馬評価されて出走の可能性がほぼ0なエピファネイアやジェンティルドンナより
人気を低くされていたゴールドシップは、すこしまともなオッズになってきてるかもしれませんw

しかし、レース後の調教師コメントでゴールドシップの敗因に5キロ差が挙げられているのに対して、
凱旋門賞でも斤量差変わらんぞと調教師に伝えてやれとレーポスのコメント欄に書かれていたのは笑いましたw


欧州のほうではタグルーダがあっさり同世代牝馬のタペストリーに負けた以外は、
オーストラリアが凱旋門賞に来ない可能性が濃厚なこともあり、オッズに影響がありませんでしたね。
ただ、インターナショナルSでの3歳ワンツーとキングジョージ勢全敗の結果を受けて、
テレスコープ師匠の評価はガタ落ちしたかもしれませんw

しかし、いま改めてオッズを見てみたら、シーザムーンが4.5倍~5倍で一番人気なのに対して、
Winning Nationality(おそらく勝ち馬の所属国?)でドイツが6倍ついているのですが・・・。
これはなにかからくりがあるのでしょうか・・・w


アメリカのほうでも今年は久々に3歳勢力が波に乗っていて、
昨日は無敗のシェアードビリーフが古馬相手に完勝していました。
ついでに2着も3歳馬で、UAEダービーでハイペースを押し切った3歳馬トーストオブニューヨークが入線。
BCクラシックではカリフォルニアクロームとの3歳馬決戦が見られるかもしれません。


今年は主要国の競馬で3歳馬の活躍が目立つ傾向になってきてますね。
テレスコ師匠のように古馬があれなだけなのか、それとも3歳のレベルが高いのかはまだわかりませんが、
少なくとも去年よりはいろいろと期待できそうですねw


○おまけ:ハープスターの成績

成績

札幌記念の結果により、ハープスターの競走成績が上記のようになりました。
こうもパターン(1着2回→2着1回)がありそうな成績になってくると、なんとなく次も1着が来そうな気がしてくる・・・。
これは期待できる・・・かも?w


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

Re: NoTitle 

> ほそ さん

たしかに戦法的にハープスターとジャスタウェイは、
トウケイヘイローがペースメイクしてくれたほうが競馬しやすそうですね。

ゴールドシップのオッズについてですが、去年のレースぶりからレーポスなどに
気分屋という印象をもたれているため、結構高めにオッズが設定されている印象があります。
その意味では、オッズ的においしいというのは間違いじゃないかもしません。

今のところ出走馬が固まっていないので何とも言えませんが、
パリ大賞典で穴あけたギャランテあたりが上がり馬になるかもしれませんね。(隠れてませんがw)
ここまで全戦ロンシャン、地元フランスのファーブル厩舎所属で父はモンジューですしw
古馬のほうでは、昨年はキズナに敗れた現在5連勝中のスピリットジムが、
地元フランス調教馬として隠れた上がり馬になれるかもしれません。
  • #93 馬主のようでそうでない人 
  • URL 
  • 2014.08/27 20:10 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

お久しぶりです^^
トウケイが、凱旋門賞に出てくれれば、日本馬の勝率が倍は上がると思ってます(わりとガチ(笑))
個人的に一番期待しているのはゴールドですが、ブックメーカーのオッズ的には美味しい気がします(よね?)。
PS今年は、去年ぐらいチャンスがあると個人的に思っていますが、ソレミアや、ペンライパビリオンみたいな隠れた上がり馬に負けそうな気がしてます(笑)。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【新登場の何かとは!?+α】へ  【インディアン・フリレ・チーム戦の雑感】へ