競馬(?)ネタ

衝撃の走り!世界を震撼させたCrazy Man!

 ←競馬界が注目する技、「ポゼッション」! →競馬伝説におけるロイヤルミルクティーの考察
running_with.png

※この記事には、多くの誇張とフィクションが含まれています。


先週、イギリスのレスター競馬場にて衝撃的な怪物がデビューした。
その怪物の名はCrazy Man。
なんとこの男、競走馬相手にスパート地点で、大きなリードをとる走りを見せたのだ!
その衝撃的な走りに、ネット上では早くも次回オリンピックのスター候補出現かとも言われ始めている。


sportinglife.png
(世界に注目されるクレイジーマンの一例)


以前このブログでは、競馬通の究極系として「馬と並走する」という技を紹介したことがあったが、
Crazy Manの走りは実際にその技を再現しようとしたものだともいえるであろう。
以前より、世界中で人々は馬を越えようと様々な競走をしかけ、勝ち負けを繰り返してきた。
しかし、今回のCrazy Manのように、実際のレース中にリードをつくった事例はないといえる。
やはり、スパートで一時的にでもリードをつくったこの男の走りは、
過去の事例と比較してもずば抜けていたといえるであろう。

もっとも、直線でひとたびリードをとった後は大きく失速。
最後は、並ぶ間もなく差し返されたため、
真の競馬通としてはまだまだ鍛錬が足りないともいえるCrazy Man。
しかし、Association of Horse Race Expert (AHRE・競馬通協会”通称アーレ”)は、
Crazy Manの走りは近年出現していない真の競馬通誕生に一つの光をもたらしたと評価している。
そのうえで、今後も競走馬への理解を深め、自らの走りを極めていってほしいと
Crazy Manへ対しての声明を発表した。

AHREは、今後Crazy Manが真の競馬通になるには、
最後の1ハロンの失速とスパートコントロールが課題になるという。
映像では、リードをとった後、ひたすら後ろを確認しながら馬場の中央へヨレる
Crazy Manの走法を確認することができる。
レース中に集中力を欠くことを表す”ソラを使う”という競馬用語があるが、
まさしく今回のCrazy Manはソラを使って失速したといえるであろう。
それゆえ、さらなる高みを目指すならば、後方を気にする癖を矯正しなければならないであろう。

また、競馬通の流儀では、走者は競走馬と並走状態を保たなければならない。
そのため、真の競馬通となるには、スピードコントロールを覚えなければならないのだ。
Crazy Manのスパートは一瞬でリードをつくれるため、たしかに魅力的ではある。
しかし、今のままでは長続きせず、ゴール前で大きく失速してしまうのである。
前半で大きくリードするスタイルから、前後半を一定のイーブンラップで走り抜ける
スタイルに変更する必要があるのだ。

加えて、AHREを初めとした複数の団体は、抜かれた後のCrazy Manのリアクションにも着目した。
直線で馬たちにかわされた後、Crazy Manは怒りをあらわにした。
これに対し、複数の団体はオリンピックを目指すのであれば、
マナーの向上が必要であるかもしれないとした。
また、AHREは気性が改善されないと、せっかくの能力を生かし切れないと語った。

一方、Crazy Man自身は、自らの走法が崩れたのは休み明けと馬場状態のせいであるとした。
レース後に彼は、
「初めて競馬場の芝コースに足を踏み入れたんだが、予想以上に厄介だった。
トレーニングで走るのと実際に全力で走るのでは感触が違うね。」と
馬場の感触が予想と違ったことを口に出していた。

さらに、「久々の実戦で足が思うように上がっていかなかった。
それで、余裕がなくなって後ろを必要以上に気にしてしまった。
課題はわかっているので、今後はそれを修正していきたい。」と
今後の意気込みを語ったという。

なお、オリンピックを目指すかどうかの質問に対しては、
「簡単に決められることではないので、考えさせてほしい。」と語っていたとか・・・。

ともあれ、イギリスのレスター競馬場に突如現れた怪物Crazy Man。
彼の今後の走りに注目である。


○余談
競馬場での登録名をCrazy Manではなく、Irresponsible Spectatorとする動きもあった。
しかし、競馬と生産に関する国際協約(パリ協約)によって、
名前は18文字までに制限されていたため、結果的にCrazy Manが採択された。

○おまけ~人と馬の激戦、真の競馬通への挑戦集~
※クリックでYou Tubeに飛びます。
第36回日本ダービー 馬場に飛び出すダイシンボルガードの厩務員
人vs 繫駕速歩
ゲートスタートからのスプリント勝負
ピストリウス vs 馬   (※ピストリウス wikiリンク
ジェイミーボールチ vs 馬 (※ジェイミー・ボールチ wikiリンク
22マイルのクロスカントリー (※人は15分の先行スタートを切る。)
22マイルのクロスカントリー馬上景色

○おまけ~競馬通の理想、目標集~
真の競馬通の理想図 (※CMの一部です。)
ハリボテエレジー1.0
ハリボテエレジー2.0
ハリボテエレジー3.0

元ネタ:Irresponsible Spectator Invades Leicester Racecourse and then Races Horses (racingtips)
     Crazy man runs on the track during a horse race (FORTHEWIN)
     レスター競馬場で人間が乱入も逆噴射の末、最下位(2ch)


スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 本家ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png リアル競馬ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競馬(?)ネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 海外レース紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート企画
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作中報告
記事一覧  3kaku_s_L.png ニコアプリネタ
記事一覧  3kaku_s_L.png 競伝関連まとめ
記事一覧  3kaku_s_L.png Frankel in Japan

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【競馬界が注目する技、「ポゼッション」!】へ  【競馬伝説におけるロイヤルミルクティーの考察】へ