更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 06

【  2016年05月  】 

好メンバーに好実況、レベルの高かった日本ダービー2016

リアル競馬ネタ

2016.05.30 (Mon)

 今年の日本ダービーは良いレースであった。皐月賞での上位五頭が、着順を入れ替える形でダービーでも掲示板を独占。一部の変な競馬をした馬を別とすれば、今年のダービーは、多くの観客が待ち望んでいたような熱戦であったといえるだろう。そして、今年のダービーで特に目立ったのが、競馬実況分析学(※1)の研究対象になるレース実況がなかったことだ。(※1)競馬実況分析学一般の競馬ファンには見えない現象もプロの実況者の目に...全文を読む

PageTop▲

JRA、ダービー記念で喜旦フチ子氏に特別短期騎手免許を交付

競馬(?)ネタ

2016.05.28 (Sat)

 JRAは、5月18日、ダービー開催記念と称して、喜旦フチ子氏(年齢不詳)に短期騎手免許を交付する異例の決定を発表した。騎手の経歴がない人物に短期免許を交付するのは、JRA史上初めての措置。まさかともいえる異例の決定は、競馬界に大きな波紋を呼びそうだ。ただ、女性のフチ子氏が短期免許を取得したことによって、JRAには、一時的に現役女性ジョッキーが2人揃うことになる。藤田奈七子騎手のデビューが大きな話題を集...全文を読む

PageTop▲

逆方向が正しい方向となるか!?カナダ競馬、時計回りレースを初めて実施する

リアル競馬ネタ

2016.05.27 (Fri)

 時には間違った方向(wrong way)に進むことで、正しい方向(right way)へ至ることができるかもしれない。カナダにあるウッドバイン競馬場は、芝レースを活性化させるため、あえて通常とは逆方向に周回するレースの開催を試みている。ウッドバイン競馬場が取り組んでいるのは、通称【Euro Turf Series】と呼ばれるものだ。ユーロターフシリーズとは、2016年6月から開催予定の約40の芝レースの総称で、アメリカとカナダ競馬で基本とさ...全文を読む

PageTop▲

ピムリコ競馬場の内に潜む狂気、フリークネスS!

競馬(?)ネタ

2016.05.26 (Thu)

 コンクリートのトンネルを抜けると狂気があった。(画像:最後の警告 画像引用元:twitter)クラシック2冠目のプリークネスSが行われるピムリコ競馬場。その内馬場には、競馬とは隔離された【狂気の空間】が広がっている。狂気の空間は、通称【フリークネスS】(Freakness S)とも呼ばれているものだ。そこでは、酒を飲みまくった大量の飲んだくれ達が、最高にハイになってバカ騒ぎをしている。プリークネスS発走直前まで続く...全文を読む

PageTop▲

エイシンヒカリの欧州挑戦初戦、イスパーン賞2016!

日本馬・騎手遠征レース関連

2016.05.24 (Tue)

 ロイヤルアスコットを目指して、エイシンヒカリが欧州競馬に初挑戦!(画像引用元: FG Chantilly twitter)遠征初戦の相手は、昨年のジョッケクルブ賞馬のニューベイだ。他には、ポストポーンドやハイランドリールに遊ばれてたが、ガネー賞を制したダリヤン。昨年のパリ大賞典以降、あまり成績がぱっとしないイラプト。オールウェザー戦で直線で前が詰まったソロウに軽く差されたヴァダモス。BCマイル2着だが、香港マイルでは12...全文を読む

PageTop▲

ラニ出走!アメリカクラシック2冠目、プリークネスステークス2016!

日本馬・騎手遠征レース関連

2016.05.22 (Sun)

 【スポーツの中で最も偉大な2分間】ことケンタッキーダービーで牝馬を探し求め、パドックと馬場入りでただ一頭隔離されたラニ。そんな同馬が、アメリカクラシック2冠目のプリークネスSに挑む!(画像引用元:America's Best Racing)ラニを落ち着けるため、ダービー後に陣営が用意したのは、プライバシー完全確保の馬房。上から下まで板を打ち付けることで、個室の入り口を塞げるようにした特殊仕様だ。関係者によれば、これでラ...全文を読む

PageTop▲

ペガサスワールドカップ、12の出走枠がわずか1日で完売!

リアル競馬ネタ

2016.05.21 (Sat)

 今年1月に構想が発表され、開催予定日が5月に公表された、新設予定の世界最高賞金額レース【ペガサスワールドカップ】(以下PWC)。今月19日、1枠100万ドルする同レースの出走及び開催権12枠が、5月17日までに全て売り切れたことが発表された。第一回PWCの出走枠を購入した12の法人及び個人は、(1)Frank Stronach、(2)James McIngvale、(3)Sol Kumin and James Covello、 (4)Coolmore、 (5)Reddam Racing、(6)Ca...全文を読む

PageTop▲

競馬伝説、種牡馬シンジケート導入に伴いバグラッシュ!

本家ネタ

2016.05.19 (Thu)

 ※この記事は、競伝プレイヤー用です。そのようなわけで、血統大辞典未使用での活性表示等、種牡馬シンジケート導入後にたくさんのバグが発生しましたね。トレードが機能しなくなったり、馬主会種牡馬のソート機能が使えなくなったり、レース賞金5倍カードの効果が発揮されていなかったり・・・挙句の果てには、公式が大量メール爆弾を投下していたようですね。まさか、某イベント時にネタにした迷惑伝説を【種牡馬株落選メール】大...全文を読む

PageTop▲

稀代の馬場ソムリエ・グレンイーグルス、種牡馬として良血牝馬を集める

リアル競馬ネタ

2016.05.18 (Wed)

 サセックスS、ジャックルマロワ賞、インターナショナルS、愛チャンピオンS・・・「馬場が湿っている」というただ1つの理由だけで、4つのG1レースで立て続けに当日回避(スクラッチ)を実行した、【稀代の回避王】ことグレンイーグルス。そんな同馬は現在、種牡馬として良い繁殖牝馬を集めているようだ。種牡馬入りの発表当初、SNS上ではグレンイーグルスに相手が集まらないと予想されていた。重馬場で走ることを断固として拒...全文を読む

PageTop▲

フランケル産駒、いきなり勝利を挙げる (+おまけ)

海外レース紹介

2016.05.15 (Sun)

 (画像:アスコット競馬場に立つフランケルの銅像 画像引用元:Sky Sports)生涯成績14戦無敗にして、修正後で歴代最高となるレーティング140を記録。そんな英国競馬界の伝説ともいえる馬、フランケル。5月13日、その馬の初年度産駒が、デビュー初戦でいきなり勝利を挙げた。レース動画リンク(クリックでジャンプ)フランケル産駒初となる勝利を挙げた馬の名は、Cunco(クンコ)。母Chrysanthemum(クライサンテマム)のフランケ...全文を読む

PageTop▲

世界最高賞金レースのペガサスワールドカップ、1月28日の開催が予定される

リアル競馬ネタ

2016.05.13 (Fri)

 アメリカ競馬の未来のために世界最高賞金のレースを創設する。今年1月12日にガルフストリームパーク競馬場で行われた会議で、ストロナックグループ代表のフランク・ストロナック氏が構想を披露し、競馬界で話題を集めたペガサスワールドカップ。現地時間の5月11日、その話題のレースの開催が来年1月28日に予定されていることが、ストロナック氏によって発表された。ストロナック氏によれば、開催日を1月28日にすることで、ブリーダ...全文を読む

PageTop▲

英2000ギニー馬ガリレオゴールド、遺伝子検査の結果に従いダービー回避かと思いきや・・・?

リアル競馬ネタ

2016.05.13 (Fri)

 今年の英2000ギニー馬ガリレオゴールドは、遺伝子検査の結果にしたがい英ダービーを回避する。5月5日、調教師のHugo Palmer氏が発表した。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで行われたエクイノム検査によると、ガリレオゴールドのミオスタチン遺伝子はCC型であったという。遺伝子型CCの馬は、1000mから1600mの中に適性距離がある可能性が高く、2400mをこなせる可能性は統計上1%未満とされる。そのため、2400mのダー...全文を読む

PageTop▲

ラニ、生産地での呼び名は「ジョーズ」だった

リアル競馬ネタ

2016.05.13 (Fri)

 去勢されていないことが奇跡とアメリカで言われているほどに気性が悪いラニ。そんな同馬が生産牧場内では「ジョーズ」と呼ばれていたことが、Thoroughbred Racing Commentary(以下TRC)の記事で判明した。Lane's End FarmのOak Tree区画の管理を補佐するCurt Ramsey氏のTRCに記載されたコメントによれば、ラニは生後1か月からすでにうるさい馬であったという。同馬は、遊び好きで少々扱いづらい典型的ともいえるタピット産...全文を読む

PageTop▲

種牡馬の馬主会公開数制限、撤廃が決定する

本家ネタ

2016.05.13 (Fri)

 ※この記事は競伝プレイヤー用です。5月11日、種牡馬シンジケートと同時に、事前説明なしで導入された【馬主会公開数の制限】。案の定、批判が殺到したその制限の撤廃が決定しましたね。元々期待されていた種牡馬シンジケート制度に反発が強まったのが、4月に【馬主会公開種牡馬の種付け数制限】が発表された時期でした。そのことから考えても、馬主会公開にさらなる制限がかかるとなれば・・・。もはや、言わずもがなといった展開...全文を読む

PageTop▲

競馬伝説の新仕様、種牡馬シンジケート まとめ改2

競伝関連まとめ

2016.05.10 (Tue)

 ※この記事は競伝プレイヤー用です。新仕様【種牡馬シンジケート】の導入が間近に迫り、運営のブログ上では新たな情報が公開された。それによって、前回と前々回のまとめには間違いがあることが判明したため、今回は前回のまとめを改めたものを更新することにする。このまとめが、種牡馬シンジケートの検証などの参考にでもなれば幸いである。種牡馬シンジケートまとめ※以下の要素は、タイトル(見出し)をクリックすることで展開し...全文を読む

PageTop▲

まるでデジャブ!?ケンタッキーダービー公式絵が英オークスの写真にそっくりだと話題に

リアル競馬ネタ

2016.05.08 (Sun)

 この叩き合いの風景、どこかで見たことがあるような・・・。今年のケンタッキーダービーでレーシングプログラムの表紙を飾った絵が、2015年の英オークスで撮影されたとある写真にそっくりだと話題を集めている。(画像:ケンタッキーダービー公式絵 画像引用元:Churchill Downs 作者:John Mattos)話題となった表紙絵は、サンフランシスコを拠点に活動するグラフィック・アーティストのJohn Mattos氏が描いた作品であった。Mat...全文を読む

PageTop▲

「スポーツの中で最も偉大な2分間」、ケンタッキーダービー2016!

日本馬・騎手遠征レース関連

2016.05.06 (Fri)

 来年のクラシックはSongbirdの1強だ。BCジュベナイルを上回るパフォーマンスで、BCジュベナイルフィリーズを楽勝する牝馬。その姿を見た多くの人々は、そう思っていた。(画像引用元:Horse Racing Nation)だが、1強時代と思われたクラシック路線は、翌年思いがけない展開を向かえた。期待されたSongbirdは、ケンタッキーダービーに出走しないことを明言するどころか、4月に風邪を引いた影響で、ケンタッキーオークスまでも回...全文を読む

PageTop▲

ラニ、ゲート入り演習でゲート入りを嫌がる

日本馬・騎手遠征レース関連

2016.05.04 (Wed)

 アメリカ競馬のクラシック1冠目であるケンタッキーダービー。そのアメリカ最高峰ともいえるレースを間近に控え、ゲートクルー達はゲート入れの練習を行っていた。スタートでのトラブルは、良くも悪くもレース結果に大きく響く。できるだけ公平で安全なレースを実施するためには、ゲート入りはスムーズでなければならない。また、ケンタッキーダービーは世界中の注目を集めるレースである。中継時間が限られているテレビ番組に合わ...全文を読む

PageTop▲

新外国人騎手ミルコ・デミール、名古屋競馬で活躍し話題に

リアル競馬ネタ

2016.05.04 (Wed)

 「これ程までに乗れる逸材だったとは・・・」。名古屋競馬場に集まった競馬関係者たちが、口々に驚きの声をあげた。5月3日に名古屋競馬場で行われた交流重賞、かきつばた記念。そのレースを日本初騎乗となる外国人騎手が制したことで、競馬界には大きな衝撃が走った。(動画:かきつばた記念2016 注目の箇所は2:18 ~ 2:21のあたり)日本の競馬界を驚かせた外国人騎手の名は、ミルコ・デミール。【ミルコ】と言う名前から、どこと...全文を読む

PageTop▲

仁義なき戦い!払い戻し機を巡る、馬券師バトル!

競馬(?)ネタ

2016.05.03 (Tue)

 馬券とは戦いである。レースで馬達が優劣を競っているように、そのレースを予想する馬券師達もまた、競馬場にて日夜熾烈な争いに身を投じている。8割から7割という払い戻し率で馬券購入側が圧倒的に不利な状況の中で、何が何でもプラス収支を出そうともがき続ける。馬券師とは、そのような厳しい世界で互いに蹴落とし合う存在だ。そして、そのような馬券師達からすれば、競馬場とは戦場に他ならない。パドックでの場所取り、馬券の...全文を読む

PageTop▲

自称元ペルー3歳チャンピオンのアヤファスカ、諦めずにオールウェザーに再挑戦

リアル競馬ネタ

2016.05.01 (Sun)

 国際G1に出走可能なレート115を持つペルーの元3歳チャンピオン。高額賞金のレースだけに出走するため、募集価格8000万円でも確実に収益を見込める。そのように紹介されていたのも今は昔で、今では低賞金レースの常連になりかけているアヤファスカ。そんな同馬は、初オールウェザー挑戦となった前走での敗戦にもめげず、再びオールウェザーに活路を見出そうとしていた。【ニコニコ動画】謎のペルー馬アヤファスカ、オールウェザー...全文を読む

PageTop▲

再び香港で勝利を飾れるか!モーリス出走、チャンピオンズマイル!

日本馬・騎手遠征レース関連

2016.05.01 (Sun)

 昨年の香港マイルでエイブルフレンドを撃破したモーリスが、再び香港の地で決戦に挑む!チャンピオンズマイル、5月1日17時10分(日本時間)発走!生中継サイト以下のサイトを利用して、日本調教馬の挑戦をライブ観戦しよう!The Hong Kong Jockey Clubニコニコ生放送当日はグリーンチャンネルでも中継が行われます。グリーンチャンネルで視聴可能な方は、そちらを利用しておきましょう。出走表漢字表記に切り替える馬番ゲート...全文を読む

PageTop▲

前月     2016年05月       翌月

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム