更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 11

【  2014年10月  】 

過去最凶のイベント馬

本家ネタ

2014.10.31 (Fri)

 本日はハロウィン。収穫祭、もといくれるモノくれなきゃいたずらしてやるという脅しが許される祭りですが・・・競馬伝説の運営が仕掛けてきました。なんと、イベント発生条件がどう頑張っても満たせない状態を作り出してきたのですwというのも、フリーレース中に 出現するシステム馬 に先着すると景品がゲットできるというイベントなのですが、肝心のシステム馬が 出現しない 設定になっていたという・・・wさすがは、ハロウ...全文を読む

PageTop▲

【速報】 馬番2番、クラシック3冠達成!

リアル競馬ネタ

2014.10.26 (Sun)

 ゼッケン製作者と白帽子製作者の悲願がかなった模様。グレード制導入以降はおそらく初の快挙。そして、クラシック追加登録による菊花賞制覇はヒシミラクル以来だとのこと。そのヒシミラクルも菊花賞は1枠2番で制している。しかし、タイム3分1秒って・・・。競伝だと指数135で理論値越えてますがなw今の京都競馬場は競馬ゲームのタイムですら超えてくるのね・・・。...全文を読む

PageTop▲

想いをつなげ!2番ゼッケンに託された想い ~菊花賞編~

リアル競馬ネタ

2014.10.26 (Sun)

 クラシック3冠それは、生涯に一度しか挑戦が許されない高き壁。これをすべて勝ち抜いた名馬は、その世代最高の名誉を手にする。しかし、この偉業は生半可な能力と覚悟では達成できない。競走馬の高き能力とそれをサポートするスタッフ、そして運・・・全てがかみあわさった時に、初めて達成されるのだ。世界的に見れば、今年はトリニダードトバコで三冠馬がMomentumが誕生し、ウルグアイでもSir Feverが偉大なるInvasorの軌跡をた...全文を読む

PageTop▲

最終決戦!グランドチャンピオン大会、本日発走!

インディアン・フリレ

2014.10.23 (Thu)

 ※この記事は競伝プレイヤー用です。いよいよインディアン・フリレの最終決戦、グランドチャンピオンの発走日ですね。泣いても笑っても、真の初代チャンピオンが今宵誕生します。発走時刻は本日の22:10ですので、お忘れのないように。また、ニコニコ生放送もあるみたいですので、イベント参加者は是非観戦していってください。とりあえず、発走まで2時間くらいしかないため手短にいきます。昨日のバーバリアンズカップをもっ...全文を読む

PageTop▲

【非公式結果速報】バーバリアンズカップ決着!

インディアン・フリレ

2014.10.22 (Wed)

 10月22日 22時10分よりインディアンフリレ決戦のバーバリアンズカップが開催された。(生放送組の動画 リンク)優勝したのはグランドチャンピオン出場権を持つ優勝経験者のさざえさん一家。予選から一貫して一頭の馬を信じぬいての勝利であった。グランドチャンピオン大会出場枠3つに入るプレイヤーは、優勝チームがグラチャン出場3バカトリオ(中山)であったため公式発表まで不明の模様。なお、全順位は以下の通りであ...全文を読む

PageTop▲

コンマ1秒を調整せよ! ~本日のバーバリアンズカップ展望~

インディアン・フリレ

2014.10.22 (Wed)

 ※この記事は競伝プレイヤー用です。長かったBCワールドのイベント事業もいよいよ佳境。これから2日の間にインディアンフリレ真の王者が決定します。本日はインディアンフリレ決戦こと、バーバリアンズカップの決勝戦が行われますね。バーバリアンというといかにも馬が派手に暴れそうな名前のレースですが、実はコンマ1秒を巡る繊細で緊張感のある戦いなのですw特に選りすぐりのメンバーによる決勝戦だけあって、非常にレベル...全文を読む

PageTop▲

本日はコーフィールドカップ発走日

日本馬・騎手遠征レース関連

2014.10.18 (Sat)

 本日はメルボルンカップの前哨戦こと、コーフィールドカップの発走日です。バンデは本番含めて出走取り消しになってしまいましたが、日本からはまだアドマイヤラクティが何故かG1馬のレッドカドーやキャバルリーマンより上のトップハンデ58kgで出走していますw(※斤量ハンデはメルボルンカップと同じ設定です。)現在人気はLUCIA VALENTINA1番人気で、ラクティは6~7番人気くらいのようです。(参考:Sports Betのリンク)...全文を読む

PageTop▲

インディアン・フリレ分析 ~Road to グランドチャンピオン~

インディアン・フリレ

2014.10.17 (Fri)

 ※この記事は競伝プレイヤー向けですいよいよ、第一回BCワールドカップのインディアン・フリレも終盤戦に差し掛かりましたね。チャンピオン決定戦ことグランドチャンピオン大会の出場枠も、残すところはバーバリアンズカップ優勝チームに与えられる3枠だけとなりました。そこで今回は、未だ当ブログでは触れていなかった近4開催の分析をしたうえで、グランドチャンピオン戦のおおよその展望を予測してみましょう。○インディアン...全文を読む

PageTop▲

フリレイベと増え続けるダービーガール

本家ネタ

2014.10.15 (Wed)

 さて、本日は定期メンテ後から競馬伝説でフリーレースイベントが始まりますね。フリレイベがあると回線トラブルが通常よりも多くなりますので、これから佳境を迎えるユーザー主催のBCワールドのイベントでもトラブルが起きやすくなりそうですwあとは久々にシークレットレース形式のフリレイベみたいですので、運が悪いとイベントスクショ担当にとっては最大の悪夢ことカメラ独占システム馬が出現しますねwそして、ダービーガー...全文を読む

PageTop▲

凱旋門賞 雑感

日本馬・騎手遠征レース関連

2014.10.07 (Tue)

 (元ネタ画像:リンク)前日のシリュスデゼーグルに続き、凱旋門賞当日のジャン・リュック・ラガルデール賞でも1位入選のグレンイーグルズが降着処分を受けるという不穏な空気に包まれたロンシャン競馬場。レース後フランス競馬の裁定の基準や、2007年のディラントーマスのあれが何でセーフだったのかについての話題が出たのは言うまでもないです。そんなこともあり、フルゲート20頭の凱旋門でも1頭くらい降着処分食らうん...全文を読む

PageTop▲

本日は凱旋門賞!

日本馬・騎手遠征レース関連

2014.10.05 (Sun)

 本日は凱旋門賞ですね。ロンシャンではドラール賞4勝目を挙げようとしたシリュスデゼーグルが降着を食らうなどの不穏な空気が、前日から漂っていますが当日は何とかなるでしょう。あと、問題児チキータが内に切れ込むには絶好の大外に配置されているという不安要素もありますが・・・、たぶんレースをぶち壊すようなことは・・・・・・ないでしょうwレーシングポストが出しているポジション予想図では中断・後方待機組が圧倒的に...全文を読む

PageTop▲

凱旋門賞、タペストリー参戦

日本馬・騎手遠征レース関連

2014.10.02 (Thu)

 あのタグルーダの無敗記録を止めたタペストリーが、凱旋門賞へ追加登録してきました。(ソース)ブリーダーズカップへ向かう可能性が高いと思われていたため、意外な決定だったといえるでしょう。鞍上は今季タグルーダとオーストラリアを仕留めるなど絶好調のライアン・ムーアの模様。ムーアが乗る馬に注目が集まっていましたが、ここできましたね。この時点でShamkalaが登録を取り消したので、凱旋門賞の登録はペースメーカー1頭...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年10月       翌月

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム