リアル競馬ネタ

【 リアル競馬ネタ 】 記事一覧

ペガサスWCに続け!? オーストラリア競馬界、賞金A$1000万のジ・エベレストの開催を発表!

リアル競馬ネタ

12の開催権を販売し、世界最高賞金のレースを開催する。

当初は成功するか半信半疑であったが、アロゲートとカリフォルニアクロームの再戦を演出する等、
新たな仕組みで運営されるペガサスWCは、多くの注目を集めることに成功した。

そして、そのペガサスWC開催から数日たった2月1日、
出資型高額賞金レース開催の流れに乗るかの様に、オーストラリア競馬界がとある発表を行った。


総賞金1000万オーストラリアドルのレースを開催する。

メルボルンC約2回分に相当する超高額賞金の芝スプリントレースを、
今年10月14日、ランドウィック競馬場で開催するというのだ。



オーストラリア競馬界が満を持して開催を発表したレースの名は、「エベレスト」。
競馬のピークを向かえる開催の意で世界最高峰の山脈の名を与えられた、
芝1200mというオーストラリア競馬らしいスプリント戦だ。


まるでペガサスWCを意識しているかのように、ジ・エベレストの仕組みはペガサスWCと類似している。
出走可能頭数は最大で12で、各枠は60万オーストラリアドルで販売される。
これらの出走枠は、ペガサスWCの出走枠と同様にトレードすることが可能だ。

一方で、ペガサスWCとジ・エベレストには、レース条件以外にも若干の違いが存在する。

ペガサスWCでは出走権ならぬレースの経営権が売買されるが、
ジ・エベレストで売買されるのは、あくまで出走権だけである。
そのため、ジ・エベレストではペガサスWCと違い、
馬券売り上げやスポンサー料等が出資者に均等に配当されることがない。


代わりにレース賞金を全て出資金で用意するペガサスWCに対し、
ジ・エベレストでは、レース総賞金が出走枠購入資金を超える設定となっている。
各出走枠の販売額が60万オーストラリアドルであることから、
出走枠の売買で回収できる資金は、1000万に満たない720万オーストラリアドルが最大である。

それゆえ、不足している280万オーストラリアドルは、馬券売り上げやスポンサー料等の収益から
捻出されるため、間接的に収益の一部が出走関係者に配分される形にはなっている。


ちなみに、レース賞金1000万オーストラリアドルの配分は、
それぞれ以下の表の通りになると公式で発表されている。

1着A$5,800,000
2着A$1,425,000
3着A$800,000
4着A$400,000
5着A$250,000
6着以下A$175,000
馬の
福利厚生用
寄付金
A$100,000
合計A$10,000,000


アメリカ競馬界に続く形で、超高額賞金レースの開催に踏み切ったオーストラリア競馬界。
果たして、このペガサスWC方式がどこまで定着していくのか、「エベレスト」の動向に注目だ。


おまけ:ジ・エベレストの前売りオッズ動向


正式な開催発表がされたばかりにもかかわらず、
ジ・エベレストの前売りオッズには早くも動きが見られているようだ。


このレースで当初一番人気に推されていたのは、意外にも1200m戦にはあまり顔を出さないウィンクス
幅広い距離で高いパフォーマンスを見せ、絶賛13連勝中でコックスプレートを連覇した馬であるが、
スプリント路線の馬達を抑えて人気していたようだ。

しかし、レース開催の日程が発表されたことで、ウィンクスが3連覇を目指すコックスプレートと
エベレスト日程が、予想されていたよりも近いことが発覚。
ウィンクスの出走可能性は低いとしてオッズが上昇し、代わりにシャトークアフライングアーティ
エクストリームチョイス等が、同率1番人気に推される市場動向になっているようだ。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


スポンサーサイト

▲PageTop

大きな盛り上がりを見せるも、投資者には厳しかったペガサスWC

リアル競馬ネタ

出資者から資金を集め、世界最高賞金のGⅠを開催する。

当初は無謀とすら思われた計画であったが、結果的に新設GⅠのペガサスワールドカップは、
アロゲートとカリフォルニアクロームの招致に成功し、
非3冠レースの中では歴代最高レベルの視聴率を得る等、
初回から大きな盛り上がりを見せるレースとなった。



(動画:ペガサスワールドカップ2017)


しかし、レース自体が大きな盛り上がりを見せた一方、
初回の出資者達には厳しめの結果が待ち受けていたようだ。

Paulick Reportによると、12の出資団体の内、第一回ペガサスWCで出資金を回収、
もしくは利益を出せた団体は、わずか3団体のみと推測されるという。
それら3つの団体はそれぞれ、1着馬のアロゲートを招致したクールモアグループ、
2着馬のシャーマンゴーストを所有する企画の発案者フランク・ストロナック、
そして、3着馬のネオリシックを所有するスターライト・レーシングであった。

第一回ペガサスWCでは、1着馬に700万ドル、2着馬に175万ドル、3着馬に100万ドルが与えられ、
4着以下に一律25万ドルが配分される賞金体系になっていた。
そのため、4着以下になった馬の招致者もしくは関係者が出資額を回収するためには、
その他に75万ドル以上の配当を得なければならない計算だ。

しかし、実際に出たと推定される配当額は、75万ドルを下回るものとなった。
Paulick Reportによれば、出資12団体に配分されたであろう推定配当額は、
15万ドルから20万ドルの範囲に落ち着くという。

実際の配当額は公式で一切発表されていないが、4着以下の馬の関係者達は、
おおよそ出資額の半分近くの資金を失ったと見てよさそうだ。


出資者には厳しい結果になったとはいえ、ペガサスWCの馬券売り上げ自体は好調であった。
DRFが報じたところによると、レース単体の売り上げ額は1568万ドル。
昨年のBCクラシックの売り上げ2820万ドルには遠く及ばないが、
ペガサスWCの前身であるドンHの昨年売り上げ86万6710ドルと比較すれば、
かなり大きな前進であったと評価できる。

また、ペガサスWCによる馬券売り上げ増の影響もあって、
1日を通じたガルフストリーム競馬場の馬券売り上げは4020万ドルを突破。
計12レースにわたるペガサスWC開催は、昨年の計14レースにわたるフロリダダービー開催を越え、
ガルフストリームパークでの一開催馬券売り上げ記録を叩き出した


だが、その売り上げがあってしても、配当額はいいとこ7万ドル程度にしかならないという。
DRFが通常の利益率とされる5%で試算したところによれば、
ペガサスWCでガルフストリームが得た収益はおおよそ78万4千ドル程。
その額を12団体で均等に割り振ると、馬券からの配当額は大体6万5千ドル程度になる計算だ。

一応、ペガサスWCの馬券の売り上げ利率は高めになるよう交渉されているが、
それでも出資金回収には至ったかどうかは怪しいところである。


初回のペガサスWCは、ストロナック・グループがNBCのテレビ放映枠を買い取ることで、
多くの宣伝とレース放送を実現している。
そのため、企画の発案団体である同団体は、将来的にはテレビ放映権を逆に販売し、
それらを出資者に配当できる様なレースにしていきたいと考えているようだ。

また、ストロナック・グループのCOOを務めるTim Ritvo氏によれば、
長期的な計画としては、上位4頭が利益を得て、4着から8着までが出資金を回収、
9着から12着までが若干の赤字で済むくらいの体制を目指しているようだ。


おまけ:ポセイドンHのレース映像


ペガサスワールドカップの前座にして、2次登録馬達が出走したレース、ポセイドンハンデ。
2014年にチャンピオンズカップに遠征してきたインペラティヴが、初代王者に輝いていたようだ。





下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

ハチャメチャすぎる!?カリフォルニアクロームの年度代表馬受賞スピーチ

リアル競馬ネタ

「年度代表馬の受賞式でやってはいけない例」だ。

カリフォルニアクロームの今日同馬主の一人であるペリー・マーティン氏、
彼が年度代表馬の受賞式で行ったスピーチが、色々な意味で話題を集めている。



誰にも感謝の言葉を告げることなく、時間の限り競馬記者に対する文句や面白ストーリーを話す。
このある意味斬新ともいえる受賞スピーチに対し、ネット上では「ひどすぎる」だとか、
逆に「いいぞ、もっとやれ」といった反応が飛び交っていたようだ。

そこで、今回当記事では、約6分強続く話題のペリー・マーティン氏受賞スピーチを、
当ブログができる限り意訳したものを掲載してみることにする。

なお、原文版の全文は、"JC / Railbird"が記載しているものを参考にしている。

カリフォルニアクローム共同馬主の一人、
ペリー・マーティン氏の年度代表馬受賞スピーチ




今夜、俺らのグループの少数のみだけがここに立っている。
だから、俺らのウィナーズサークルの写真よりはましだろう。

今夜我々は最優秀古馬と年度代表馬を受賞し、
そして、皆は俺に良い仕事をしたと告げてくれた。
だから、俺も「同上」と言いたい。

そして、このタキシードを借りた際、俺はポケットの中を見たんだが、
そこには小さな包の物が詰まっていたんだ。
それには文字が3行分書かれており、1行目には「乾燥材」と書かれていた。

そこにいる彼は、これが何かわかっていないようだ。

すみません、あなたはDRFのベイヤー指数を担当していらっしゃる者ですか?

では、理解しやすくしてあげよう。
2行目には「シリカゲル」と書かれていた。まだ、わからないか?
これでなぜ3行目が存在しているのか、俺はようやく理解したぜ。

3行目には、「食べるな」と書かれていた。

俺らは今、この3行目の文章の存在意義を知ることができた。
俺は考えていたんだ、あのな、赤ん坊が物を口の中に入れるのが好きなのは知っている。
だが、赤ん坊は文字の読み方を知らないだろう。
だから、彼らのためにこの文章を書いておくのは、ばかげていることだ。
だから俺らは分かった、俺は分かっていたんだ、一部には存在すると、
人口の一部にはこの文章が必要な人物がいることを。
そして、今わかったんだ、それは「競馬記者」だと。

競馬記者達はすばらしい。
俺は自分自身に関する記事を読んで、自身についてよく学んでいる。
俺は最低でも3つの記事が「感情を表すことなくジョークをいう」
(dry sense of humor)と俺のことを評しているのを読んだ。
だから、俺は最初に「乾燥材」ジョークでスピーチ始めなければならなかったんだ。

競馬記者達は俺のことをとても気にかけている。
なぜ俺がそう言えるかといえば、彼らは常に「どんな気持ちか」と俺に尋ねてくるからだ。

「ペリー、ケンタッキーダービーを勝っでどんな気分だい?」

「最高だぜ。」

「ペリー、ペンシルバニアダービーを負けてどんな気分だい?」

「最悪だぜ。」

「ペリー、ドバイワールドカップを勝っでどんな気分だい?」

「最高だぜ。」

「ペリー、ブリーダーズカップクラシックを負けてどんな気分だい?」

「どっちのクラシックだ?」

「好きな方で。」

「最悪だぜ。」

パターンが形成されているのに、気が付いた方はいるかい。
俺が話しすぎる前に・・・、俺は実際に・・・、だって、
俺らには多くの時間が与えられると君は言ったよな、そうだよな?
競馬記者達、俺が最近読んだ最低でも3つの記事では、
俺とデニスがカリフォルニア州ユバシティに住んでいると書かれていた。

俺達は2014年9月以降、カリフォルニア州のユバシティに住んでいない。
俺らは美しく、心地よいワイオミング州のアルパインに移り住んだんだ。
毎朝、俺は起きて、コーヒーを飲み、キッチンの窓から外を眺め、
そしてシカが俺を見つめ返してくる。
ここはいい場所だ。

だが、ユバシティは特別な場所だ。
人々はどうしてユバシティから去ったのかを俺に聞いてくる。
基本的に、答えは、引っ越せたから引っ越しただ。

ユバシティについて語らせてもらおうか。
2014年、デニス、俺、俺の息子ペリー・ジュニア、そして娘のケリー、今ここにいるやつな、
俺らはチャーチルダウンズまで電車で移動し、ケンタッキーダービーに挑んだ。
人々は「どうして電車をつかったのかい」と言ってきた。

俺がやっているのは空軍のための失敗分析だ。
俺は多くの墜落分析をやってきていて、毎晩食卓の中で、
家族に飛行機にどんな問題が起きたかの話をするんだ。
そして、何らかの理由で、俺の息子は飛んでくれなくなった。
俺にはどうしてかはわからないが。

だから、俺たちは電車を使った。
それで、俺らは電車に乗っていて、これは興味深い話だぞ、
我々の同僚の一人が、このリンクを見るべきと俺らにメッセージを送信してきたんだ。
お前についてローカルニュースが報じているぞと。

ローカルニュース、この時我々はまだユバシティに住んでいたんだが、
その基地局はカリフォルニア州サクラメントにあった。
そして、ユバシティに住む多くの住民は、
ケンタッキーダービー馬やダービー1番人気馬を生産や飼育していない。
どうしてなのか、俺は知らないが。
しかし、これはユニークなことではあったから、彼らはカメラクルーを送り込んできた。

俺らはダービー会場へ向かっていた、電車に乗って。
そして、このビデオを見たんだ。
それには我々の家の前に立つレポーターが映っており、俺らの近所にインタビューを行っていた。

そして、俺が最初にやったことは、デニスを見て、
「分かっていたんだ、(家の前の)芝生を刈っておくべきだったと。俺はわかっていたんだ」
と、言ったことだった。

だが、次に俺が言ったことは、あのな、
「こいつらは俺らと大量殺人鬼を分けて考えることができないみたいだな。
なぜかって、これは大量殺人鬼に対してこいつらがやることだからさ。
奴らはレポーターを家まで送り込んできて、近所の住人にインタビューを行う。
ああ、ケンタッキーダービーの1番人気馬を所有している馬主も、同じような扱いを受けるんだな」
だった。

それで、彼らは俺らの近所を回って歩いた。
「彼女」が出てきて、レポーターが尋ねた。
「ケンタッキーダービー1番人気馬の馬主が近所に住んでいて、どのような気分ですか」、と。

そして、「彼女」は言ったんだ。
「ユバシティの動物管理局が、裏庭に鶏を飼っているとして、私に法廷出頭を命じたんだ。
私が鶏を裏庭で飼えないというのに、どうして彼らは馬を飼えるんだい?
私が知りたいのはそれだよ」、と。

(会場にBGMが流れ始める。)

クロームが俺らの裏庭で生活したことはない。
彼は常にハリスファームにいたんだ。

だが、それではカメラクルーにとって十分ではなかった。
奴らは片っ端から電話し、地元で人気の場所、ハッピーバイキングバーを見つけだした。
そして、奴らはクルーをつれてハッピーバイキングへ出向き、バーにいる奴ら全員にインタビューを行った。

このBGMは壇上を降りろという俺への合図か?


余談


ちなみに、この年度代表馬受賞スピーチの後日、
カリフォルニアクロームの共同馬主となっているテイラーメイドファームは、
ペリー氏のコメントはテイラーメイド側と一切関係ないとの声明を発表している。






下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

馬主生活26年目にして初勝利をあげた欧州の馬主が話題に

リアル競馬ネタ

メルボルンCにおけるゴドルフィンの呪いやかつてのサトノの呪い等、
特定のレースやG1を勝てないというジンクスは、競馬界では時たま話題に上がることがある。

しかし、こと馬主生活を20年以上も続けているにもかかわらず、
一度もウィナーズサークルに立てたためしがないともなれば、どうだろうか。


ほぼ27年もの間、一度も勝利を味わうことなく馬主生活を続ける。
関係する調教師ですら「狂気の沙汰」とコメントしてしまうほどの存在が、
現在のアイルランド競馬界に存在する

その話題を集めた馬主というのがBill Davis氏。
約27年近くオーナーブリーダーを続け、馬主生活26年目となる今年、
ようやく念願の初勝利を上げることに成功した人物だ。



Davis氏が初勝利を挙げたのは、1月18日のことだった。

同氏の愛馬であるAyr Of Eleganceは、リングフィールド競馬場の未勝利戦に出走。
ダントツ1番人気の支持に応え、2着に1と1/4馬身差をつけ、
見事馬主に20年以上待ち望んでいた初勝利をもたらした。
レース映像リンク


勝った一戦だけ見ると、これまで一勝もできなかったのが嘘のように思われるかもしれない。
しかし、この勝利を得るまでにAyr Of EleganceとBill Davis氏は、数々の不運に見舞われてきた。

Ayr Of Eleganceに勝利の期待がかかり始めたのは、2016年の4月ごろからであった。
この時期から同馬は未勝利戦で安定して上位に絡むようになり始め、
Davis氏が念願の初勝利を得るのも近いと思われ始めるようになった。
だが、そこから初勝利までの道は遠かった。

昨年5月には、ハナ差の接戦の末、レース後の審議で一度は勝利を認められかけた。
もっとも、その後に相手側の抗議が認められたため、一度認められた勝利ははく奪。
結果的に、ハナ差の2着で勝利を逃すはめになった。
レース映像リンク

また、昨年の8月には、同率1番人気に推されていたリングフィールド競馬場での一戦で、
ゲートに鼻をかけてしまうトラブルを経験。
絶好のチャンスと目されたレースで、スタート後に即競走中止というやらかしを行っていた。
レース映像リンク


これまでに数々の不運に見舞われ、勝利から遠ざかっていたBill Davis氏。
そのような彼が20年以上もの時を経てようやく掴んだ初勝利は、
ある意味、変なGⅠレースよりも格別なものであったといえるかもしれない。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトが怪しそうと競馬ファンの間で話題に

リアル競馬ネタ

リヤンドファミユを種牡馬入りさせよう」

オルフェーヴルの弟としてデビューから期待を集めながらも競走成績が振るわず、
12月1日のサラブレッドオークションに出品されたリヤンドファミユ。
その同馬の種牡馬入りを目指すクラウドファンディングプロジェクトが、
いかにも怪しい雰囲気を醸し出していると、一部競馬ファンの間で話題になっていたようだ。


疑惑の始まり


「リヤンドファミユがファンドに利用されているのではないだろうか。」
 
一部競馬ファンがプロジェクトに対して疑いを持ち始めたきっかけは、
そのプロジェクトの説明ページの中にあった。

クラウドファンディング開始当初、プロジェクトに関する情報の多くは明らかにされていなかった。
唯一明かされていたのが、リヤンドファミユを種牡馬入りさせるというプロジェクトの主旨、
協力を表明しているらしい馬主3名の氏名、
そして、プロジェクトを代表する組織の名がリヤンドファミユパートナーシップで、
そのマネージャーの名が藤井だということ。

馬の居場所や処遇、マネージャーの藤井氏とリヤンドファミユとの関係、馬の落札者について等、
クラウドファンディングを実行する上で重要な数々の情報が、まったくもって提供されていなかった。

そのような情報開示不足もあって、どことなく詐欺の臭いがすると、
一部の競馬ファンがプロジェクトを警戒し、ネタにするようになっていった。


12の13時点
(画像:12月13日時点でのクラウドファンディング趣旨説明ページの一部)


また、出資者に対する特典の説明にも、ネタとなる要素が多く詰まっていた。

クラウドファンディングページに記載されている特典一覧をよく見てみると、
多くの項目で交通費や会費が一律実費だと明記されている。
一見投資によって受けられる特典がいっぱいあるように思えるが、
実質ただの招待だけのものが多く、あまり特典といえるようなものが存在していない。

某マリオランでは、「課金しなければピーチ姫を救いに行けない」といった風のコメントが、
突っ込みどころ満載だとネタにされていたが、
リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトの方は、本当に追加課金しなければ、
本馬に会うことも、様々な集まりに参加することもできない仕様になっている。


実費の例
(画像:よく見ると招待だけの特典が存在する)


そのうえ、まるで1年で廃用になることを確信しているかのような
「2017年末までしか更新されないFacebookページ」の特典も、
プロジェクトの怪しさにますます拍車をかけていた。


2017年末まで
(画像:なぜか更新期限が定められているFacebook特典)


ファンドプロジェクトで集めた金だけを巻き上げ、すぐに関係者が蒸発するのではないだろうか。
一部競馬ファン達の間では、そのような疑惑すらもささやかれるようになった。


新たな情報、新たな疑い


一部競馬ファンがプロジェクトに対して疑いの目を向ける中、プロジェクト実行者側にも動きが見られた。
 
ネット上での指摘や疑いを気にしたのか、プロジェクト実行者側は緊急会議を招集。
12月16日、プロジェクトページに当初は明かされていなかった一部情報を追記したうえ、
プロジェクト責任者である藤井氏のフルネームが、「藤井義人」であることを明らかにした。


最新のページ
(画像:1月時点での最新のページ、当初より情報が大幅に増えている)


しかし、情報が開示されてもプロジェクトの疑いが晴れることはなかった。
 
むしろ、情報が明らかになっていくにつれ、一部競馬ファンのプロジェクトに対する疑いは、
より一層深まっていく事態となった。


まず、ネット上の指摘によって、『GM2.5』というブログが、
プロジェクトに関する記事を更新していたことが判明した。

『GM2.5』というブログは、K氏という人物が開設しているとされるブログ。
同氏は、リュウレーシングランチという育成牧場の代表を務めていたとされる人物で、
今年1月にネオスターダムの代理人と喧嘩したとされる競馬関係者の一人といわれている。

その当時から某巨大掲示板等では怪しいと噂され、あまり関わらない方がよいと評されていたようだ。

ともあれ、『GM2.5』の記事が発見されたことで、プロジェクトにK氏が関わっている疑惑が浮上。
一部競馬ファンがプロジェクトへ向ける疑いは、ますます強まることになった。
 
なお、理由は定かではないが、プロジェクトに関する記載があったブログ記事は、
現在『GM2.5』上から削除されているという。


そのうえ、プロジェクトの話題が広まり、ネット上での調査が進んていったことによって、
代理人と協力馬主との間に最初から関係があった疑いも浮上した。

協力馬主として名を連ねる「山上和良」氏は、医療法人グリーンスウォードの理事長を務めているのだが、
その法人で事務局長を務めているのが、あろうことがプロジェクトマネージャーと同名の
「藤井義人」なる人物だと判明したのである。


備考
(画像:求人サイトに掲載されている備考欄)


自身が理事を務める法人の従業員を利用してプロジェクトの実態を隠し、
怪しいクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げているのではないだろうか。
この発見によって、一部競馬ファンのプロジェクトに対する疑惑はさらに深まった。

「普段は競馬と無縁の職業でサラリーマンをして」いると、
プロフィール上では説明されているプロジェクト代表の藤井義人氏。

そして、「今回リヤンドファミユ種牡馬入り計画が立ち上がり、協力させていただくこととなりました」と、
プロジェクトページに藤井氏とは無関係な立場から応援コメントを出している山上和良氏。

プロジェクト以前からこの二人には最初から関係があり、
藤井氏が最初から競馬と深く関わりを持つ人物ともなれば、
プロジェクトの説明ページ上には最初から虚偽記載が存在していることになる。

最初から虚偽の情報を提示してくる様なクラウドファンディングの募集ともなれば、
なおさら信用を失うことになりかねなかった。


協賛コメント
(画像:協賛コメントの一部)


この疑いに対し、山上氏は「グリーンスウォードは法人馬主ではないので、
基本的には医療法人とはなんの関係もありません」とツイートしている模様。
 
しかし、馬主のグリーンスウォードも医療法人のそれと同様、
山上氏が中心となって結成されている組織であるため、
あまり釈明になっていないと一部競馬ファンの間では見られている。

その後・・・


その後、リヤンドファミユ種牡馬入りプロジェクトに関する某巨大掲示板のスレッドは、
パート3に突入してから次第に勢いを消失。
現在では、アクティブなスレッドは存在していない模様。

また、ネットケイバ等でもプロジェクトに対する話題が一時期盛んであったようだが、
現在では落ち着きを見せているようだ。


今では一部の競馬ファンの間でひっそりと注目を集めているリヤンドファミユの種牡馬入りプロジェクト。
募集終了期日は1月の末となっているが、果たしてプロジェクトの行く末はどうなるのか。
今後もひっそりと注目を集めることになりそうだ。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム