インディアン・フリレ

【 インディアン・フリレ 】 記事一覧

新星から真のスーパースターへ!バンク氏が無敗で2代目グランドチャンピオンに輝く!

インディアン・フリレ

インディアンフリレは経験のゲームだ。

相手のタイムを予測し、真ん中の着順を正確なタイムで射抜く。
多くの経験で磨き上げられた勘と
絶妙な調整を施された愛馬のみがなし得る職人技だ。

過去、数多くのインディアンフリレのチャンピオンは多くの経験を積んできた。
どうすれば走破タイムがどれほど変わるのか。
どうやれば走破タイムを安定させられるのか。
走破タイムを研究し続けたもの達が、栄冠を勝ち取ってきた。

だが、そんな強者たちにとっても、インディアンフリレを勝ち抜くことは難しい。
1度は勝てても、2度目を勝つプレイヤーは出てこない。
さざえさん一家氏が多くの挑戦の末にそれを打ち破る日まで、
その事実はインディアンフリレ界の常識として君臨していた。

2度目を勝つ難しさ。
それを多くの強者は身をもって体感している。

数多の経験なくしては、到達できない境地。
2度目のタイトルとはそういうものであり、それが常識であった。

だが、新たなグランドチャンピオンは、その常識さえも打ち破った・・・。



スタート映像
(画像:グランドチャンピオン大会での練習走行のスタート風景)


4月2日の22時、第2回BCワールドカップのインディアンフリレ最終戦、
グランドチャンピオン大会がBCサーバー内で開催された。

グランドチャンピオン大会は、インディアンフリレの真の王者を決める最終決戦。
今回で2回目となる決戦には、8回にわたる予選会で上位入賞を果たした14名が参戦。
京都競馬場の芝1400mを舞台に、激しいレースを繰り広げた。

14名のメンバーの中では、多くの実績を積んだ強豪プレイヤー達が中心に人気を集めた。
1番人気に推されたのは名優司氏(アスコットサーバー所属)。
予選会4戦での予選突破率が100%ということに加え、
4戦中3戦で上位入賞を果たしているという実績が買われて人気を集めた。

連覇を狙うななぱぱ氏(川崎サーバー所属)は、前回のグランドチャンピオン大会では
人気薄の立場であったが、今回は4番人気に推された。
今期はいまいち結果が出せずに苦戦していた初代王者であったが、
最終戦で巻き返した勢いのままに連覇できるかどうかに期待が集まっていた。

その他にも、今期2戦して2回とも決勝に残ったばんえい氏、
後半になって実績を出し始めてきた7050氏、
前期のグランドチャンピオン戦で人気を集めて今期も抜群の安定性を見せるとーも氏など、
歴戦の強豪達が順当に人気を集めていた。


だが、そんな並み居る強豪達を打ち破り、
2代目の王者に輝いたのは10番人気のバンク氏(小倉サーバー所属)。
なんと、これがインディアンフリレ2戦目となる新星プレイヤーであった。

バンク氏は、今期6大陸選手権の小倉ステージで、
インディアンフリレにデビューしたばかりの新星。
デビューレースでいきなり勝利を飾り、新時代の新星として期待されていたプレイヤーだ。
しかし、劇的な小倉st制覇からは一切インディアンフリレに出走しておらず、
その実力は本物であるかは明らかにされないまま、グランドチャンピオン大会を向かえていた。


レースでは、前半9人に絞られるまでは特殊な救済方式がルールとして採用された。
救済方式とは、本来最上位と最下位のプレイヤー2人が脱落するところで、
レース前に運営が指定したどちらか片方が救済されるルールである。
すなわち、本来ならば2人脱落するところで、1人しか脱落しなくなるというものだ。

しかし、バンク氏はそんな救済ルールには目もくれなかった。
1回戦こそ脱落寸前の1着争いをしてしまったが、それ以降はセンターの安全圏を確保。
愛馬のサクラナナ号と共に、バンク氏は危なげなく決勝戦までコマを進めた。


牽制し合う3頭
(画像:決勝戦のレース序盤 けん制し合う3頭)


最終決戦の決勝にコマを進め、バンク氏の前に立ちはだかったのは
名駿司氏とSAO2611氏(笠松サーバー所属)。
彼ら2人も救済方式に一切頼らず、決勝まで安定した走りで勝ち上がってきていた。

名駿司氏とSAO2611氏は共に主催者経験を持つ、
インディアンフリレを知り尽くしているプレイヤー。
事前評価でも名駿司氏が1番人気で、SAO2611氏が9番人気。
10番人気のバンク氏よりも高い評価を得ていたプレイヤーであり、
経験の差もあり不利なレースかとも思われていた。


叩きあう3頭
(画像:決勝戦、並んだまま直線に入る3頭)


だが、バンク氏の実力は本物であった。
1回戦から続いていたスローペースでけん制し合う展開の中、
インディキャット(SAO2611氏所有)、メイシュンヘイスト(名駿司氏所有)、
サクラナナの3頭は横一線に並んだまま、最後の直線に。
そこで、すかさず3頭が叩き合いの体制に入ったが、
残り200mすぎあたりでメイシュンヘイストが引き離され、
インディキャットとサクラナナはマッチレース体制に持ち込んだ。

一度マッチレースに持ち込んでから決着までは早かった。
メイシュンヘイストを十分突き放したのをうかがうと、サクラナナはすかさず速度を調整。
指数105にあたる1:20.0で芝1400mを走破し、きっちりアタマ差遅れた2着を確保した。

決着の瞬間
(画像:2着を確保し、ゴール板を通り過ぎたサクラナナ号)


決着の瞬間、インディアンフリレ界に新たな歴史が刻まれた。
バンク氏はこれが無傷のインディアンフリレ2勝目。
すなわち、この瞬間にインディアンフリレ史上初めて無敗のグランドチャンピオンが誕生したのだ。

レース後、鳴り止まぬバンクコールの中、
バンク氏の愛馬サクラナナ号はウイニングランを行った。
インディアンフリレ界に誕生した新たなスーパースターを前に、会場は大いに沸いた。
そして、サクラナナ号がウイニングランを終えると
掲示板には指数105にあたる1:20.0のタイムが表示されていた。

現在のインディアンフリレでは基準であり、象徴ともいえる指数105のタイム。
そんなタイムをウイニングランでも正確に出してきたバンク氏の実力は底知れない。
今回の開催で新時代の王者が与えた衝撃は、
このウイニングランのタイムと共にインディアンフリレ界で語り継がれることになるであろう。

(記事:競伝スポーツ・インディアンフリレ面)


◯おまけ(レース結果)






第2回グランドチャンピオン 結果
着順馬主名所属サーバーオッズ
1位バンク小倉16-1
2位SAO2611笠松14-1
3位名駿司アスコット6-1 F
4位ばんえい川崎7-1
5位グラファイス中山25-1
6位ロッシたんアーリントンパーク25-1
7位ななぱぱ川崎8-1
8位ヤマシン中山8-1
9位とーも京都10-1
10位中島みゆきベルモントパーク12-1
11位トラスタ川崎20-1
12位7050ニューマーケット7-1
13位ジェームス新潟20-1
14位シャオサン笠松14-1
DNRシロ中山16-1



◯おまけ(詳細データ)

全体統計
練習あり練習なし
平均指数103.4103.4
分散9.58.6
標準偏差3.12.9


各回戦ごとの統計
平均指数練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
103.21103.79104.38103.08102.91
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝戦
102.3102.78104103.8104
中心指数練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
104104105103102
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝戦
102.5102105104105
最高指数練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
109107109111109
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝戦
109107106106106
最低指数練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
97999995100
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝戦
9599101101101
タイム幅練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
12810169
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝戦
148555


◯おまけ(個別プレイヤー成績)

バンク小倉サーバー所属
今期成績笠松-小倉1位中山-
福島-アス-新大-無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順5着1052着1079着1043着1057着102
使用馬サクラナナ
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順5着1045着1024着1052着1052着105
使用馬サクラナナ
SAO2611笠松サーバー所属
今期成績笠松-小倉3位中山8位
福島脱落アス5位新大-無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順7着1047着1045着1062着1052着105
使用馬インディキャット
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順3着1066着1023着1053着1041着106
使用馬インディキャット
名優司アスコットサーバー所属
今期成績笠松5位小倉9位中山1位
福島-アス-新大-無限3位
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順10着1006着10510着10210着1016着102
使用馬メイシュンワイワイメイシュンヘイスト
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順9着983着1042着1064着1033着101
使用馬メイシュンヘイスト
ばんえい川崎サーバー所属
今期成績笠松3位小倉-中山-
福島-アス-新大1位無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順4着1063着1068着1047着1033着105
使用馬エイマニャー
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順4着1042着1056着1021着106--
使用馬エイマニャー
グラファイス中山サーバー所属
今期成績笠松2位小倉脱落中山-
福島脱落アス-新大14位無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順9着10213着10112着1005着10411着100
使用馬ホークライト
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順10着954着1045着1035着101--
使用馬ホークメアリーホークライト
ロッシたんアーリントンパークサーバー所属
今期成績笠松脱落小倉11位中山脱落
福島3位アス-新大-無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順12着994着1066着1056着10310着100
使用馬ナイトゴルスター
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順8着1008着1011着106----
使用馬ナイトゴルスター
ななぱぱ川崎サーバー所属
今期成績笠松8位小倉7位中山4位
福島7位アス脱落新大脱落無限1位
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順1着1098着1044着1064着1044着104
使用馬クリスタルミュークリスタルレイド
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順7着1007着1017着101----
使用馬クリスタルレイド
ヤマシン中山サーバー所属
今期成績笠松-小倉4位中山-
福島1位アス脱落新大15位無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順14着9714着997着1058着1035着103
使用馬ヤマノギムリオ
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順2着1061着107------
使用馬ヤマノギムリオヤマノシュエル
とーも京都サーバー所属
今期成績笠松脱落小倉2位中山脱落
福島脱落アス2位新大4位無限3位
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順8着10410着10211着1019着1029着101
使用馬トモノチョウチョウ
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順6着1019着99------
使用馬トモノチョウチョウ
中島みゆきベルモントパークサーバー所属
今期成績笠松脱落小倉脱落中山3位
福島5位アス脱落新大3位無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順2着10812着1013着10711着1018着101
使用馬ミユキプロテクト
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順1着109--------
使用馬ミユキプロテクト
トラスタ川崎サーバー所属
今期成績笠松-小倉脱落中山11位
福島15位アス脱落新大9位無限2位
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順3着1089着1041着1091着1111着109
使用馬スタングラーフスタンナトリスタングラーフ
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順----------
使用馬
7050ニューマーケットサーバー所属
今期成績笠松脱落小倉脱落中山脱落
福島2位アス1位新大16位無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順11着1005着1052着10812着95--
使用馬ディープナシュア
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順----------
使用馬
ジェームス新潟サーバー所属
今期成績笠松脱落小倉15位中山15位
福島6位アス3位新大12位無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順13着9811着10213着99----
使用馬アンフルール
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順----------
使用馬
シャオサン笠松サーバー所属
今期成績笠松-小倉6位中山2位
福島脱落アス脱落新大2位無限-
レース戦略練習戦1回戦2回戦3回戦4回戦
指数・着順6着1051着107------
使用馬インディギャット
5回戦6回戦7回戦準決勝決勝
指数・着順----------
使用馬



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ウオッカちゃん




スポンサーサイト

▲PageTop

第2回グランドチャンピオン大会、本日発走!1番人気は・・・!?

インディアン・フリレ

本日はグランドチャンピオン大会の開催日。
長かった第2回BCワールドカップのインディアンフリレもいよいよ最終決戦。
22時から15名のプレイヤーが、今期の真のチャンピオン戦に挑みます。

公式発表では、レースの条件は京都の芝1400m。
それなりに走りやすそうな条件ですので、王者決定戦にふさわしい激しい戦いが期待できそうです。

グランドチャンピオン出場者の成績
馬主名グラファイス
所属サーバー中山サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
2位予選敗退--
福島stアスコットst新大陸st無限大会
予選敗退-14位-
馬主名シロ
所属サーバー中山サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
1位---
福島stアスコットst新大陸st無限大会
--予選敗退-
馬主名ヤマシン
所属サーバー中山サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
-4位--
福島stアスコットst新大陸st無限大会
1位予選敗退15位-
馬主名トラスタ
所属サーバー川崎サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
-予選敗退11位-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
15位予選敗退9位2位
馬主名ななぱぱ
所属サーバー川崎サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
8位7位4位-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
7位予選敗退予選敗退1位
馬主名ばんえい
所属サーバー川崎サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
3位---
福島stアスコットst新大陸st無限大会
--1位-
馬主名シャオサン
所属サーバー笠松サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
-6位2位-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
予選敗退予選敗退2位-
馬主名SAO2611
所属サーバー笠松サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
-3位8位-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
予選敗退5位--
馬主名ロッシたん
所属サーバーアーリントンパークサーバー
実績笠松st小倉st中山st-
予選敗退11位予選敗退-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
3位---
馬主名名駿司
所属サーバーアスコットサーバー
実績笠松st小倉st中山st-
5位9位1位-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
---3位
馬主名とーも
所属サーバー京都サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
予選敗退2位予選敗退-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
予選敗退2位4位3位
馬主名バンク
所属サーバー小倉サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
-1位--
福島stアスコットst新大陸st無限大会
----
馬主名ジェームス
所属サーバー新潟サーバー
実績笠松st小倉st中山st-
予選敗退15位15位-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
6位3位12位-
馬主名7050
所属サーバーニューマーケットサーバー
実績笠松st小倉st中山st-
予選敗退予選敗退予選敗退-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
2位1位16位-
馬主名中島みゆき
所属サーバーベルモントパークサーバー
実績笠松st小倉st中山st-
予選敗退予選敗退3位-
福島stアスコットst新大陸st無限大会
5位予選敗退3位-



そんな王者決定戦への出場権を持つ強豪15名の中から
1番人気に推されたのは名駿司氏。
予選突破4回とコンスタントに上位入賞している実績が評価された形になりました。

それに続く人気なのが7050氏とばんえい氏。
7050氏は前半はあまり目立ちませんでしたが、後半には一転有力プレイヤーに。
優勝1回に2位が1回という成績が評価されて人気を集めました。

ばんえい氏のほうは、出走2回で2回とも決勝に残るというトップクラスの成績。
本来なら1番人気もあり得るといわれているほどの実績でしたが、
出席率の低さが懸念されて2番人気に落ち着きました。

連覇を狙うななぱぱ氏は前回は人気薄でしたが、今回は4番人気タイの人気プレイヤーに。
今期は最後の最後に出走権をとるというギリギリの戦いを強いられていましたが、
前期よりも成績の安定性は向上しています。
連覇に向けて期待が持てるでしょう。

また、前回は2番人気であったとーも氏は、今回は人気を落として6番人気に。
今期も前期と変わらぬ安定性を見せていますが、
優勝まで行けていないのが懸念材料とされています。


優勝オッズ
名駿司6-1
70507-1
ばんえい7-1
ななぱぱ8-1
ヤマシン8-1
とーも10-1
中島みゆき12-1
シャオサン14-1
SAO261114-1
シロ16-1
バンク16-1
ジェームス20-1
トラスタ20-1
グラファイス25-1
ロッシたん25-1

(※敬称略)

出走者15名の内、中山サーバーと川崎サーバー出身のプレイヤーがそれぞれ3名ずつ、
そして笠松サーバー出身プレイヤーが2名出走しています。
その状況の中、優勝プレイヤーの出身サーバーの予想オッズは以下のようになりました。


優勝プレイヤーの所属サーバーは?
サーバー名オッズ
川崎2-1
中山4-1
笠松5-1
それ以外4/5


果たして、ななぱぱ氏が連覇するのか、それとも新世代の王者が誕生するのか。
インディアンフリレ・グランドチャンピオン大会の発走が楽しみですね。

観戦者の方は発走までに優勝者を予想してみると、
よりレースが楽しくなるかもしれませんよ。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ウオッカちゃん


▲PageTop

初代王者の意地!インディアンフリレ・無料限定戦、決着!

インディアン・フリレ

※この記事は競伝プレイヤー用です

ゴール後

3月28日、現実世界がドバイワールドカップ開催で盛り上がる中、
競馬伝説ではもう一つの戦いが繰り広げられていた。
グランドチャンピオン戦の出走権をかけた戦い、無料会員限定のインディアンフリレ大会だ。

これまで新大陸選手権を含めて6戦行われてきた
グランドチャンピオン戦の予選会もいよいよ残すところは1戦。
ここで権利が取れなければ、グランドチャンピオン戦参戦への夢が断たれてしまうことになる。
最後のチャンスにかけようと、22名の参加者がダート1200mの舞台で熾烈な争いを繰り広げた。

そんな中、見事にグランドチャンピオン戦への切符を手にし
優勝を決めたのはななぱぱ氏(川崎サーバー所属)。
これが3つ目のタイトルとなり、インディアンフリレ勝利数では単独首位の座に躍り出た。

ななぱぱ氏は、インディアンフリレ界で知らない人はいない初代グランドチャンピオン。
今期は連覇がかかっていた本命的存在であったが、ここまで権利を獲得できず苦戦が続いていた。
しかし、最後の最後にようやく連覇に向けての可能性をつないだ。

決勝戦は、ななぱぱ氏、名駿司氏(アスコットサーバー所属)、
トラスタ氏(川崎サーバー所属)の3名による争いとなった。
コンマ1秒が命取りになるという展開の中、メイシュンヘイスト(名駿司氏所有)、
クリスタルレイド(ななぱぱ氏所)、スタンサハラ(トラスタ氏所有)の3頭は横一線に並んだまま直線へ。
そこからメイシュンヘイストとクリスタルレイドがわずかに抜け出し、2着争いはこの2頭に絞られた。

スタンサハラを交わしてからもメイシュンヘイストとクリスタルレイドの叩き合いは続き、
インディアンフリレ優勝を賭けた戦いは最後まで分からない展開となった。
そして、ゴール板手前でわずかに前に出てしまったのは、メイシュンヘイストのほうであった。

優勝の明暗を分けた差はわずか頭一つ分。
新旧タイトルホルダー対決は、初代グランドチャンピオンが意地を見せつける形となった。

優勝タイムは1:11.5。指数にして105であった。

予選会もすべて終わり、残すはグランドチャンピオン戦のみとなった今期のインディアン・フリレ。
勝ち抜いた15名のプレイヤーから新たな王者が誕生するのか、
それとも初代チャンピオンがこのまま連覇するのか。
運命の最終決戦は、4月2日22時に発走する。

(記事:競伝スポーツ・インディアンフリレ面)


◯おまけ(レース結果)






最終確定結果
優勝ななぱぱ(川崎)
準優勝名駿司(アス)トラスタ(川崎)
グランドチャンピオン戦進出ライン
準決勝敗退ごっど(チャ)ギューラモ(笠松)
5戦目敗退よん(シャ)Dino(ベル)
4戦目敗退翔碁(アー)celeron2G(ドン)
3戦目敗退黄金(小倉)エモーショナルカラー(川崎)
2戦目敗退一ノ瀬海(笠松)ゆらたん(中山)
1戦目敗退るんるん(笠松)

全体統計
練習抜き練習含む
平均指数104.4104.4
分散4.76.2
標準偏差2.22.5

1戦ごとの統計
練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
平均指数104.8104.5104.2104.5104.6104.4103.8103.7
中心値104.5104104105105104104104
最高値111109109107107107106105
最低値10010110010299103100102
タイム幅118958463



◯おまけ(データ詳細)

各プレイヤーの戦略分析用
ななぱぱ練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数1着11114着10110着1026着1052着1074着1043着1042着104
使用馬クリスタルレイド
名駿司練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数11着1022着1098着1032着1065着1052着1064着1041着105
使用馬メイシュンイシクメイシュンヘイスト
トラスタ練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数9着1033着10712着1018着1043着1056着1032着1053着102
使用馬スタンサハラ
ごっど練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数2着1095着1053着1079着1037着1045着1041着106--
使用馬ゴッドストラロック
豪玉翁練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数8着1049着1047着1045着1056着1053着1045着100--
使用馬ギューラモ
よん練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数12着10113着1015着1064着1054着1054着1051着107--
使用馬モンブニャン
Dino練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数4着1098着1049着10310着1038着1047着103----
使用馬アンテロープ
翔碁練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数5着1077着10411着1017着1041着107------
使用馬オーゼキ
celeron2G練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数6着10511着1032着1083着1069着99------
使用馬アムジンハジケルソーダアムジン
黄金練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数14着1006着1044着1061着107--------
使用馬コーズウェー
エモーショナルカラー練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数13着1004着1056着10511着102--------
使用馬ミラクルアライヴキミトシンクロ
一ノ瀬海練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数3着10912着1031着109----------
使用馬サラードチャーム
ゆらたん練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数7着10510着10413着100----------
使用馬ユラノマーチ
るんるん練習1戦2戦3戦4戦5戦準決決勝
着順走破指数10着1021着109------------
使用馬マグスウィープ



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ウオッカちゃん


▲PageTop

豪華メンバー勢揃い!インディアンフリレ・新大陸選手権、決着!

インディアン・フリレ

※この記事は競伝プレイヤー用です

決勝戦写真

3月24日、インディアンフリレの新大陸選手権が開催された。
6大陸選手権も終わり、グランドチャンピオン戦の権利を獲得できる機会は残りわずか。
プレイヤーによっては、これが最後のチャンスとなる一戦だ。
そんなグランドチャンピオン戦への出走権利を賭けた戦いに、
総勢35名のプレイヤーが挑んでいった。

参加者数こそ従来の6大陸選手権の時と変わらないが、
新大陸選手権では豪華メンバーが集結した。
従来の6大陸選手権では、優勝者はその後の選手権には参戦表明をすることがなかった。
しかし、今回は6大陸選手権の優勝者3名を含む、
多数のグランドチャンピオン戦の出走権利保有者が参戦。
一躍、今期のインディアンフリレの中でも最高レベルの争いとなった。

また、コース条件的にも新大陸選手権はレベルの高い争いとなった。
設定されたコース条件は、新潟1000mと競馬伝説ではおなじみのもの。
知り尽くされたコースということもあり、より高いレベルでのタイム調整が要求された。

豪華メンバーによる高レベル決戦を勝ち抜いて、
見事栄冠を手にしたのはばんえい氏(川崎サーバー所属)。
グランドチャンピオン参戦権利はすでに保有はしていたものの、
過去の最高成績は笠松ステージの3位。
これがばんえい氏にとって嬉しいインディアンフリレ初優勝となった。

決勝戦では、ばんえい氏、中島みゆき氏、シャオサン氏の3名が顔を合わせた。
3名ともすでにグランドチャンピオン戦の参戦権利を保有しており、
今大会では強豪と呼ばれる強者たち。
奇しくも決勝戦がグランドチャンピオン戦の模擬戦と化した。
しかし、参戦権利を保有しているとはいっても、
3名ともインディアンフリレの優勝経験はなかった。
それゆえ、初優勝をかけて緊張感のあるレースとなっていた。

レースでは、3名の愛馬が横一線になる激戦が繰り広げられた。
抑えきれずに先に抜け出したミユキプロテクト(中島みゆき氏所有)をしり目に、
エイマニャー(ばんえい氏所有)とシャオサンザン(シャオサン氏所有)が2着争いの叩き合いに。
そしてゴール手前でエイマニャーが半馬身ほど抜け出して2着を確保し、
ばんえい氏に初のインディアンフリレタイトルをもたらした。

決勝タイムは0:56.0。指数にして105という決着であった。

グランドチャンピオン戦まであと1戦となり、いよいよ佳境を迎えた今期のインディアンフリレ。
参戦プレイヤーも大方決定し、群雄割拠の状態も徐々に勢力図が見える状態になってきた。
そんな中、初代グランドチャンピオンを含む、
第1回のグランドチャンピオン戦参戦者達が今期は苦戦を強いられている。
果たして、このままインディアンフリレ新時代が到来するのか、
それとも初代の強豪たちがここから巻き返せるのか、
グランドチャンピオンまで見逃せない戦いが続く。

なお、今回の新大陸選手権で新規の権利獲得者が誕生しなかったため、
グランドチャンピオン戦はフルゲート割れで行われることが確定した。

(記事:競伝スポーツ・インディアンフリレ面)

◯おまけ(レース結果)





最終確定結果
優勝ばんえい(川崎)[③]
準優勝中島みゆき(ベル)[②]シャオサン(笠松)[②]
グランドチャンピオン戦進出ライン
準決勝敗退とーも(京都)[②]熟カリー(川崎)[②]
7戦目敗退羅城門ファーム(新潟)[①]さざえさん一家(中山)[①]
6戦目敗退快走ルパン(アス)[③]トラスタ(川崎)[②]
5戦目敗退豪玉翁(笠松)[①]にら玉(アー)[③]
4戦目敗退ジェームス(新潟)[①]ジャパン(小倉)[②]
3戦目敗退グラファイス(中山)[①]ヤマシン(中山)[③]
2戦目敗退7050(ニュ)[③]アサヒ(アー)[①]
1戦目敗退浜松(小倉)[③]

全体統計
練習抜き練習含む
平均指数104.3104.5
分散12.415.1
標準偏差3.53.9

1戦ごとの統計
練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
平均指数105.7103.6104.5104.3104.2104.1104.1104.9105.8105.7
中心値105104104105103104104106106105
最高値123115113109110109108108107108
最低値968897999999100100104104
タイム幅2727161011108834



◯おまけ(詳細データ)

予選①
馬主名所属サーバー主な実績突破
さざえさん一家中山バーバリアンズカップ1位
ジェームス新潟女心と秋の空②1位
グラファイス中山笠松st2位
快走ルパンベルモントオールカマー3位
豪玉翁笠松小倉st13位
一ノ瀬海笠松無料限定戦①1位
黄金小倉女心と秋の空②2位
アサヒアーリントンパークオールカマー11位
ごっどチャーチルダウンズダブルヘッダー①2位
331アスコット小倉st10位
JKA福島笠松st6位
しの函館第一回開催7位

予選②
馬主名所属サーバー主な実績突破
とーも京都ゲリラ開催②1位
シャオサン笠松中山st2位
中島みゆきベルモント中山st3位
トラスタ川崎中山st11位
ジャパン小倉中山st予選敗退
ななぱぱ川崎初代グランドチャンピオン
シロ中山笠松st1位
ジャバロン福島st予選敗退
熟カリー川崎女心と秋の空②3位
Celeron2Gドンカスターアスコットst8位
大門中山女心と秋の空①1位
たばこ小倉バーバリアンズカップ9位

予選③
馬主名所属サーバー主な実績突破
7050ニューマーケットアスコットst1位
ヤマシン中山福島st1位
ばんえい川崎笠松st3位
浜松小倉中山st7位
にら玉アーリントン第1回Gフィナーレ10位
るんるん笠松福島st4位
波牧場ベルモント砂の器7位
ぽっくんアーリントン第1回Gフィナーレ6位
モカアーリントンバーバリアンズカップ7位
ゆらたん中山中山st10位
羅城門ファームロンシャン中山st6位


各プレイヤーの戦略分析用
ばんえい練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数12着1045着1056着1056着1065着1065着1052着1072着1084着1062着105
使用馬エイマニャー
中島みゆき練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数2着1096着1058着1043着1067着1036着1046着1033着1083着1061着108
使用馬ミユキプロテクト
シャオサン練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数4着10910着10413着1025着1062着1089着1027着1036着1012着1063着104
使用馬ハサンデホティーノシャオサンザン
とーも練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数7着10713着1035着1079着10412着1017着1034着1055着1031着107--
使用馬トモノチョウチョウ
熟カリー練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数11着10515着10211着1048着10510着1022着1085着1044着1065着104--
使用馬キアンティ
羅城門ファーム練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数16着1018着1044着10911着1034着1068着1033着1051着108----
使用馬キアンティ
さざえさん一家練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数17着10116着10115着10113着1028着10310着1008着1027着100----
使用馬マスオアンコウ
快走ルパン練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数1着1239着10412着1024着1063着1084着1051着108------
使用馬ファンタトレヴマイルドウォッカ
トラスタ練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数13着1044着10614着10114着10011着1023着1079着100------
使用馬スタンナトリ
豪玉翁練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数9着1053着10610着1047着1056着1041着109--------
使用馬シェルフラワー
にら玉練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数14着1027着1053着1092着1079着10211着99--------
使用馬フォルピラ
ジェームス練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数8着10511着1047着10410着1041着110----------
使用馬アンフルール
ジャパン練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数5着10812着10316着10012着10213着99----------
使用馬ミッキーヤメロ
グラファイス練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数6着1072着1082着1101着109------------
使用馬ホークイナズマ
ヤマシン練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数18着9614着1029着10415着99------------
使用馬ヤマノシャディー
7050練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数10着10517着991着113--------------
使用馬デインヒルエンスンディープアラジ
アサヒ練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数3着1091着11517着97--------------
使用馬アサヒララタッチアサヒシャラリベリアサヒシュガラ
浜松練習1戦2戦3戦4戦5戦6戦7戦準決決勝
着順走破指数15着10218着88----------------
使用馬タンテイラスター


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ウオッカちゃん


▲PageTop

強豪対決!インディアンフリレ・アスコットステージ、決着!

インディアン・フリレ

※この記事は競伝プレイヤー用です

競り合い
(画像:直線で叩きあう3頭 [引用元])

3月10日、インディアン・フリレ6大陸選手権の第5戦、アスコットステージが開催された。
残り少なくなったグランドチャンピオン戦の出場権を目指し、38名のプレイヤーが熾烈な争いを繰り広げた。

これまでの4戦とは打って変わり、
アスコットステージは歴戦の強豪たちが顔をそろえるレベルの高い戦いになった。
今期の大会では初めて新規参戦組が一人もいないうえに、
出場者の大半が過去の大会で上位入賞を果たしているという豪華メンバーであった。

強豪ぞろいの決戦を制したのは7050氏(ニューマーケット所属)。
見事初めてのインディアンフリレタイトルをその手に収めた。
同氏は前回の福島ステージでは惜しくも決勝で敗れており、
アスコットステージでその雪辱を果たすことになった。

アスコットステージでは予選がこれまでとは違う方式で運営された。
これまで3組に分かれていた予選は2組に縮小され、
変わりに本戦に進出できるプレイヤーが従来の15名から10名に変更。
予選の重要性が増したこともあり、これまでにないほど激しい戦いが予選で繰り広げられることになった。

レースは京都競馬場の芝1100mで開催された。
芝1100mはデータも少なく、通常プレイで見慣れない距離条件。
福島ステージと似たような状況で、参加者たちは愛馬のタイム調整に苦戦した。

そんな中、決勝にまでコマを進めたのは7050氏、とーも氏、ジェームス氏の3名であった。
とーも氏とジェームス氏は過去のインディアンフリレ優勝経験者。
6大陸選手権でも高い予選突破率をほこり、インディアンフリレ界でも一目置かれている存在だ。
一方、7050氏は最近好調が目立つ新規精鋭。
前半戦では予選落ちが目立っていたものの、
前回の福島ステージでは2位入賞を果たす活躍を見せていた。

決勝では事前に告知されていたコース条件の変更が行われ、
阪神競馬場の芝1900mが決戦の舞台となった。
当日初めて明かされた芝1100m同様にデータの少ない条件を前に、
決勝進出者3名はそれぞれダンチヒメルド(7050氏)、
アンフルール(ジェームス氏)、トモノチョウチョウ(とーも氏)を選出。
芝1100m戦で使用した愛馬をそのまま信じて送り出す選択をとった。

事前に発表されていなかった条件にもかかわらず、決勝戦はインディアンフリレ史に残る名勝負になった。
道中は互いに牽制し合う中、スローペースに。
しかし、直線に入ると3頭が横一線で叩き合いを繰り広げる手に汗握る展開に。
最後はダンチヒメルドがアンフルールとの叩き合いの末に2着を確保し、
見事に選出した馬主の期待に応えて初のインディアンフリレタイトルをもたらした。

決着タイムは1:55.3。推定指数は107であった。

今回のアスコットステージで、ジェームス氏がグランドチャンピオン大会への出場権を獲得。
7050氏ととーも氏はすでに出場権を獲得していたため、
出場権利獲得者は13名になり、残る出場枠が5つとなった。

残る開催も少なくなり、ますます激しさを増すインディアンフリレ。
ベルモントステージの中止が発表されたことにより、
最後の5枠の行方は新大陸選手権の結果にゆだねられることになった。
果たして新大陸選手権ではどのような戦いが繰り広げられるのか、今から楽しみである。

(※この記事では芝1100の指数100を1:06.0、芝1900の指数100を1:56.0として扱っています。)

(記事:競伝スポーツ・インディアンフリレ面)


◯おまけ(イベント運営者の発表)

3月10日、BCワールドで衝撃的なことがイベント運営者から発表された。
なんと第2回BCワールドカップイベントの特別協賛金が、
第一回の10万円から大幅アップして23万6千円になるというのだ。

BCワールドカップは、ユーザーであると同時に運営協賛イベントである。
イベントが企画される際、参加人数などの詳細をユーザーが提出することで、
運営会社のG社が特別協賛金という形で支援するという体制で運営されている。

そこで、参加人数の増加等もあり、
イベント運営の方々は協賛金が12万程に増額されると想定していたといわれている。
ところが、実際に発表された額は2倍近い23万6千円。
予想外の協賛金の増額に、イベント運営の方々も驚きを隠せないようだ。

協賛金の増額を受けてイベント運営者はイベントと景品のアップグレードを決定。
今後はBCサーバーのBBSにて随時意見を募集したり、報告を行っていくという。

なお、現在は特別協賛アイテムの決定に関する投票を行っているようだ。

(記事:競伝スポーツ・BCワールド面)


◯おまけ(レース結果)





最終確定結果
優勝7050(ニュ)[②]
準優勝ジェームス(新潟)[①]とーも(京都)[②]
グランドチャンピオン戦進出ライン
準決勝敗退一之瀬海(笠松)[②]SAO2611(笠松)[①]
2戦目敗退黄金(小倉)[①]羅生門ファーム(ロン)[②]
1戦目敗退celeron2G(ドン)[①]ぽっくん(アー)[②]
熱カリー(川崎)[①]


全体統計
練習含む練習抜き
平均指数104.4103.6
分散14.87
標準偏差3.852.65

1戦ごとの統計
練習1戦2戦3戦決勝
平均指数106.4103.4104.1101.6106.3
中心値105.5103.5104103107
最高値115107109103109
最低値9710010299103
タイム幅187746



◯おまけ(詳細データ)


予選①
馬主名所属サーバー主な実績突破
ジェームス新潟女心と秋の空②1位
SAO2611笠松小倉st3位
黄金小倉女心と秋の空②2位
celeron2Gドンカスター福島st14位
熟カリー川崎女心と秋の空②3位
ななぱぱ川崎初代グランドチャンピオン
さざえさん一家中山バーバリアンズカップ1位
シャオサン笠松中山st2位
あーりんアーリントンバーバリアンズカップ2位
中島みゆきベルモント中山st3位
浜松小倉中山st7位
JKA福島笠松st6位
豪玉翁笠松小倉st13位
ゆらたん中山中山st10位
ジャバロンシャン福島st予選敗退
快走ルパンベルモントオールカマー3位

予選②
馬主名所属サーバー主な実績突破
とーも京都ゲリラ開催②1位
7050ニューマーケット福島st2位
一ノ瀬海笠松無料限定戦①1位
羅城門ファームロンシャン中山st6位
ぽっくんアーリントングランドフィナーレ6位
ヤマシン中山福島st1位
シンアスコット小倉st8位
るんるん笠松福島st4位
大門中山女心と秋の空①1位
エモーショナルカラー川崎中山st13位
たばこ小倉バーバリアンズカップ9位
ごっどチャーチルダウンズダブルヘッダー①2位
トラスタ川崎中山st11位
サウザンドベルモント小倉st5位
波牧場ベルモント砂の器7位
すたおう福島第一回開催8位

各プレイヤーの戦略分析用
7050練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数7着1045着1042着1063着1032着107
使用馬ダンチヒメルド
ジェームス練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数3着1128着1024着1042着1031着109
使用馬アンフルール
とーも練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数6着1057着1036着1024着1003着103
使用馬トモノチョウチョウ
一ノ瀬海練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数2着1134着1043着1041着103--
使用馬サラードチャーム
SAO2611練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数4着1073着1055着1025着99--
使用馬インディキャット
黄金練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数8着1046着1031着109----
使用馬コーズウェー
羅城門ファーム練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数9着1019着1007着102----
使用馬クラッシュアウディ
celeron2G練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数10着971着107------
使用馬アウトドライブ
熟カリー練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数5着1062着106------
使用馬チェリーエイド
ぽっくん練習1戦2戦3戦決勝
着順走破指数1着11510着100------
使用馬マーチャマコブキチヴァー


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ウオッカちゃん

▲PageTop

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム