馬はどこまで限界を突き破れるのか!?

競伝と競馬ネタを主に更新するブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

競馬伝説 ファンサイトランキングまとめ

競伝関連まとめ

※この記事は競伝プレイヤー用です。

ファンランバナー


昨年7月より、新運営の下で新たに導入されたファンサイトランキング制度。
この制度が導入されて以来、月に一回、
ポイントに応じて公式ページ内のファンサイトリンクの掲載順位が変動するようになりました。

このページでは、その各月のファンサイトリンク掲載順に加えて、
各サイトのおおよその更新回数を同時にまとめています。

「大感謝BOX」を安定して狙いたいとか、運営の選定基準をおおよそ把握してみたいなど、
競伝ファンサイトに関する様々なことを検証する際にご利用ください。


これ以降の要素は、タイトル(見出し)をクリックすることで展開します。

第一回ファンサイトランキング (2015年8月)


第二回ファンサイトランキング (2015年9月)


第三回ファンサイトランキング (2015年10月)


第四回ファンサイトランキング (2015年11月)


第五回ファンサイトランキング (2015年12月)


第六回ファンサイトランキング (2016年1月)


第七回ファンサイトランキング (2016年2月)


第八回ファンサイトランキング (2016年3月)


第九回ファンサイトランキング (2016年4月)


第十回ファンサイトランキング (2016年5月)


第十一回ファンサイトランキング (2016年6月)


第十二回ファンサイトランキング (2016年7月)


第十三回ファンサイトランキング (2016年8月)


第十四回ファンサイトランキング (2016年9月)


第十五回ファンサイトランキング (2016年10月)


第十六回ファンサイトランキング (2016年11月)


第十七回ファンサイトランキング (2016年12月)


第十八回ファンサイトランキング (2017年1月)


第十九回ファンサイトランキング (2017年2月)


第二十回ファンサイトランキング (2017年3月)


第二一回ファンサイトランキング (2017年4月)


第二二回ファンサイトランキング (2017年5月)


第二三回ファンサイトランキング (2017年6月)


第二四回ファンサイトランキング (2017年7月)


第二五回ファンサイトランキング (2017年8月)


第二六回ファンサイトランキング (2017年9月)


第二七回ファンサイトランキング (2017年10月)




下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ラモーヌバナー  


スポンサーサイト

▲PageTop

エネイブル、歴史をつくる超絶V!2017年凱旋門賞のパフォーマンスを再び……

日本馬・騎手遠征レース関連

2015年……
3連覇を目指したトレヴは、
世間の「Vやねん!」の嵐の前に沈んだ




あれから、2年……

1頭の牝馬は、その荒波すらも軽々と越えていった。



「難攻不落」にして「揺らがない」
自力勝負型のストロングレーススタイル

欧州が、世界が、待ち望んだスターにして、
Impr"enable"なエネイブルは、
期待通り、凱旋門賞で超絶Vを披露してみせた



史上初の英国調教3歳牝馬による凱旋門賞制覇、
史上初の3歳牝馬によるキングジョージと凱旋門賞制覇

そして、鞍上のデットーリ騎手は、
史上最も凱旋門賞の栄冠を手にした英雄となった。


エネイブルの勝利は、
ブックメーカーにとって忘れられない傷跡を残し、
競馬界に一つの歴史を刻んだのだ。


その圧倒的なパフォーマンスを語るのに言葉はいらない。

ここから先は、稀代の名牝の歴史的勝利の瞬間を
様々なレース動画を通じて味わっていただくことにしよう。

とくとご覧あれ


グ〇ーンチャンネル




日本語でレースが見たい、真っ当にレースを味わいたいという方におすすめ、
安心と信頼の緑のチャンネルである。

S〇y Racing




英語では中継の一つ。
英語で歴史的瞬間を振り返りたいという方におすすめ。

I〇V




あのCH4から権利を勝ち取り、今年から競馬中継を実施しているI〇V。
その英国放送局の初凱旋門賞放送を味わいたい方へ。

香港




海外競馬への関心は薄いといわれる香港。
しかし、売り上げは見込めないながらも、主要なレースは特に中継と馬券販売が行っている。
いつもとは違った雰囲気を味わいたい方に。

トルコ




毎年、ドバイワールドカップデーの中継等がなされることを期待して、
日本の一部の競馬ファンが中継をみると噂されているトルコのチャンネル……
その凱旋門賞の中継っぷりをご覧あれ。

フ〇テレビ




競馬ファンおなじみ、最凶のF局。
謎のセンスに煽りV、焦点が合うかわからないドアップ等、
普通のレース動画じゃ満たされない、スリルとサプライズ等を味わいたい方におすすめ。

L〇I


オブライエンの思い
(※上記画像クリックで動画サイトへリンク)

「フランスのF局」と一部の日本競馬ファンの間で囁かれ、近年頭角を現し始めたL〇I。
レース中継の在り方を変えかねない斬新な表現や演出を味わいたい方におすすめ。

なお、レース開始は動画開始17分(動画尺残り12分)頃。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

歴史的名牝の超絶Vを目撃せよ!2017年凱旋門賞!

日本馬・騎手遠征レース関連

刮目せよ・・・・・・、これが世界の名牝だ

世界の名牝


同世代に敵なし




牡馬、古馬相手も関係なし



未知なる敵はダイヤですらないキュービックジルコニアだと判明し、
もはや脅威でもなんでもなし




エネイブルの凱旋門賞Vは、もはや確実となった。

エネイブルV アークウィナー


今宵、稀代の名牝のVによって、
史上初の「英国調教牝馬による凱旋門賞制覇」と
「同一騎手による凱旋門賞5勝」、
二大記録が達成される・・・・・・


歴史的名牝による記録樹立の瞬間を見逃すな!


2017年凱旋門賞、日本時間23時05分発走!





ライブ中継サイト


以下のサイトを利用して、名牝の歴史的Vを目撃しよう!

無料放送が実施されるため、グリーンチャンネルでも名牝の超絶パフォーマンスをご覧になれます。
視聴可能な方は、そちらを利用することをおすすめします。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

実は極悪設定な競馬伝説の馬券

本家ネタ

※この記事は競伝プレイヤー向けです。


馬券の鬼


移管2周年記念イベントの一環として開催され、
良くも悪くも反響の多かった馬券イベントが、ついに終わりましたね。

今回も払い戻し目標は77億に設定されておりましたが、予想に時間がかかることや
多くのサーバーが過疎状態に陥っていることもあり、
ファンサイト等で苦戦している様子やイベントに対する批判の声が見受けられました。

しかし、過疎による小頭数に触れて語るプレイヤーは多くとも、
控除率という観点から競伝の馬券を語っているブログは、それほど見受けられないようです。

そこで、今回当ブログでは、競伝の馬券市場で設定されている
鬼の様な控除率(または払い戻し率)について触れてみることにします。


地獄の様な競馬伝説の馬券環境


以前にも軽く触れたことがありましたが、はっきり言って、
競伝の馬券市場はぼったくり市場といっても過言ではありません。

それこそ下手したら、馬券でゲームマネーがなかなか増えない原因は、
過疎による小頭数レースの増加以上に、その極悪な設定にあるといえるかもしれない程です。


そこで、競伝の馬券市場がいかにプレイヤーにとって厳しいか、
以下に画像で示すシステム馬のみで構成された5頭立てレースで簡単に見てみることにしましょう。


事例1
(画像:検証用のレース 画像引用元:競馬伝説Live!


まず、1をオッズで割ると、1を払い戻すために賭けなければいけない金額がわかります。
そして、その値を全て合計すると、どれだけの賭け金に対し1が払い戻されるのかが計算でき、
その合計値で1を割ってみると、おおよその払い戻し率が算出されます。


計算


この計算を日本競馬の単勝でやってみると、圧倒的人気馬が存在したり、
キャンペーンでプレミアムがついている様な特殊な状況を除き、
おおよそ0.8付近の値が算出されます。

現実の日本競馬では単勝の控除率が20%であるため、推定払戻率も大体80%近くに落ち着くわけです。

例えば、7月12日に開催されたジャパンダートダービーですと、推定払戻率が79%と算出されます。


JDDオッズ
(画像:ジャパンダートダービーで計算した場合 元画像引用元:南関競馬


しかし、先ほど例に挙げた競伝の5頭立てレースの単勝オッズを対象に
同様の計算をしてみると、算出される値は0.46(46%)。
枠連で計算しても、推定払戻率は0.44(44%)と単勝同様に4割台止まりです。

この払い戻し率の低さからわかるように、実は競伝の馬券は、
宝くじ並みかそれ以下の期待値を誇るぼったくり馬券なのです。


事例3
(画像:単勝と枠連の払戻率 元画像引用元:競馬伝説Live!


仮に、JRAが全馬券種の控除率を5割にアップしたと想像してみれば、
これがどれほどにひどい馬券市場なのかがわかるかもしれません。
現実だと間違いなく抗議の嵐が巻き起こることでしょう。

本格オンライン競馬ゲームを名乗り、最近は現実競馬の仕様も取り込み始めている競馬伝説ですが、
このオッズ設定だけは長年現実離れしたまま放置されているのです。


ついでですので、「三連複で一気に狙うか!単勝でコツコツ当てるかはオーナー次第!」という
公式イベントページの宣伝文句にも突っ込みを入れておきましょう。


事例4
(画像:3連複の払戻率計算 元画像引用元:競馬伝説Live!


例に挙げた5頭立てレースの三連複オッズから払い戻し率を計算してみると、
その値が実は「2割」にも満たないという驚愕の事実が判明します。

要は、競伝の3連複売り上げは、8割も胴元に持っていかれるも同然な設定になっているわけです。
やたらオッズが付かないとプレイヤーが感じるのも当然のことですね。

ましてや、そのような露骨に払い戻しを抑制してくる様な極悪馬券種で「一気に狙う」など、
もはやギャグ以外のなにものでもないでしょう。
「三連複で一気に減らすか!単勝でコツコツ減らすかはオーナー次第!」との
フレーズにでも変えた方が、まだ競伝馬券市場の実態を表しているといえるかもしれません。


なお、競伝の馬券としては定番の馬単ならマシじゃないかと考える方もいるかもしれませんが、
三連複程ではないにしろ、こちらもやはり極悪市場であることには変わりません。


事例5
(画像:馬単の払戻率計算 元画像引用元:競馬伝説Live!


例として挙げた5頭立てのレースでは、払い戻し率が47%で推定控除率53%と算出されます。
この値は一応単勝と枠連より少し高くなっていますが、あくまで誤差の範囲でしかありません。


とあるブログにて、現実の競馬なら回収率が9割もあれば優秀だけど、
ゲームならマイナス収支で馬券を買う気にもなれないといった声も見られましたが、
馬券市場環境だけを考えれば、競伝で9割行く方が現実より難しかったりします。

なにせ5割以上も賭け金を胴元が持っていく様な極悪馬券なのですから、
現実であれば、掛け金の9割も回収できれば奇跡に近い芸当だといえるでしょう。

もっとも、そんなひどい馬券環境でもそこそこ回収できる程に予想が当たるという意味では、
最近大きくなったといわれる競馬伝説の紛れも、現実と比べれば、
まだまだ大したことないといえるのかもしれません。


ともあれ、今後も運営が馬券イベントを開催する方針なのであれば、
手始めに極悪控除率に修正を加えてくれたほうが良さそうですね。
具体的に言えば、払い戻し率が8割程度になるように調整してやるだけでも、
同じ過疎状態とは思えないほどにオッズが改善すると考えられます。


あと、余談ですが、イベントを通じて極悪馬券勝負にプレイヤーを誘っている
入山氏に対するキャプションは、「馬券女王」でなく、
「胴元の回し者」や「運営のサクラ」とでもしたほうが雰囲気的にも合うかもしれませんね。

運営の回し者
(画像:極悪馬券の購入へ誘うイベント画像の図 画像引用元:競馬伝説Live!



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

12ダスカバナー  12ウオッカバナー


▲PageTop

「なんと酷い騎乗だ」、レース中に騎手を野次る実況

リアル競馬ネタ

数千万、時には数十億という大金が動く競馬において、
観客から騎手に対する野次やブーイングは日常茶飯事ともいえるものだ。

多かれ少なかれ金が賭けられている馬の命運が、騎手の騎乗一つで大きく左右される。
そのような競技において、騎手に対する野次を無くす方が無茶だといえるかもしれない。

だが、こと観客ではなく、実況がレース中に騎手を野次るケースともなれば、どうだろう。
おそらく、世界中の競馬を見渡しても、かなり珍しいケースなのではないだろうか。

今回はそんな珍例のひとつを紹介する。


(ツイート:実況が騎手を非難するレースの映像)


世にも珍しい実況による野次は、2016年8月14日、スウェーデンのJagersro競馬場で見られた。

問題となるレースで1番人気のAngel Loveに騎乗していたJan-Erik Neuroth騎手は、
最後の直線、最内のラチ沿いから先頭馬を抜く進路を選択。
一時は抜け出せそうなスペースが開いていたかに見えたが、
結果的に締め出される状況に追い込まれ、馬を大きく失速させてしまった。

この一連の流れの中で実況は、「また同じ過ちを繰り返しています」と状況を説明。
そのうえで、「なんという大馬鹿野郎なのでしょう」と、
同日に2回も同じ状況に追い込まれた騎手のことを堂々と野次った。


しかし、「天使の愛」という馬名を持つ騎乗馬は、
騎手に汚名を着せたままでは終わるような存在ではなかった。

内から外へ進路を取り直した同馬は、そこから再び先頭をとらえる勢いにまで加速。

最後は先頭争いを繰り広げる2頭の馬を1馬身差で差し切り、
見事人気に応えてレースを制したのであった。


もっとも、レースに勝ったからといって、実況がNeuroth騎手を認めることはなかった。

ゴールしてすぐに実況が放った一言は、
「なんという信じられない程に愚かなNeurothの騎乗だったのでしょう」。

同実況者は、最後の最後までNeuroth騎手を批判し続ける姿勢を貫き通したのであった。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。