FC2ブログ

馬はどこまで限界を突き破れるのか!?

競伝と競馬ネタを主に更新するブログ

【検証】理論配当192億円の単勝転がし馬券は、WIN5の配当を超えるのか?

リアル競馬ネタ

コロコロ

理論配当192億円。
3月3日の日本中央競馬(JRA)の競馬開催で、WIN5対象5レースが記録した値だ。

当日のWIN5対象レースは、これまでにないくらい荒れた。
開幕の武庫川S(阪神10R)を12頭中7番人気のコスモイグナーツが制すと、
次の総武S(中山10R)を14頭中最低人気のマイネルオフィールが勝利。

その後も高配当馬の活躍は止まらず、太宰府特別(小倉11R)で
比較的人気な15頭中5番人気のカレンシリエージョが勝ったかと思えば、
続く大阪城S(阪神11R)では15頭中13番人気のスピリッツミノルが勝利。
最後の弥生賞も10頭中8番人気のメイショウテンゲンが制し、
WIN5は的中者なしのキャリーオーバーとなった。

WIN5対象5レースの内、単勝100倍超で勝利した馬は2頭。
2011年に同馬券が導入されて以降、単勝万馬券の馬が対象レースを1日に2勝したのは初めて
とまで言われていることから、3月3日の競馬開催は史上最も対象5レースが荒れた日だった、
といっても過言ではないだろう。


さて、対象5レースが理論配当192億円を記録するほどまでに荒れたことで、
一部の競馬ファンはある疑問を抱いた。

その疑問というのが、これほどまでに各レースが荒れた場合、
WIN5を単独で的中させるよりも単勝を転がした方が、
より多くの配当を獲得できるのではないだろうか、というものだ。

事実、オッズが一切変動しないと仮定して計算した場合、
単勝転がしで最終的に得られる配当は約89億円。
WIN5における最大配当額である6億円の約15倍ほどにあたる。

理想の転がし
(図1:オッズが変動しないと仮定した場合の単勝転がし馬券の試算)

このことから、多少オッズが大口購入によって変動したとしても、
WIN5の配当を単勝転がしのそれが上回るのでは、との感想が出るのも不思議ではない。

そこで、当記事では、3月3日の競馬開催におけるWIN5対象5レース、武庫川S(阪神10R)、
総武S(中山10R)、太宰府特別(小倉11R)、大阪城S(阪神11R)、弥生賞(中山11R)で
100円からの単勝馬券を転がした場合、本当にWIN5の配当を超えることができるのかを検証した。


WIN5の推定配当


まず、比較対象となるWIN5の推定配当から検証しよう。

WIN5の払い戻し率は7割と定められているため、馬券の総販売額の7割と
前期までに繰り越された分(キャリーオーバー分)の金額が、的中者に配当として払い戻される。
そして、WIN5を単独で的中させた人物がいる場合、6億円を上限値として、
その配当が全て的中者1人のものとなる。

3月3日の競馬開催においては、購入されたWIN5の総票数は6,740,129。
前週にWIN5の的中者がいたため、繰り越された分の配当金はなかった。

つまり、総票数の100倍である674,012,900円が総販売金額であり、
その金額の7割にあたる471,809,030円が、3月3日のWIN5を単独的中させた場合に
獲得できる配当となる。

今回は、この4億円超の値を100円からの単勝転がしで得られるであろう配当と比較する。

WIN5.png
(図2:3月3日JRA競馬開催でのWIN5結果)


単勝転がしの配当


先に述べた通り、ブックメーカーの固定オッズの様に購入時点からオッズが一切変動しない
と仮定すれば、100円からの単勝馬券転がしで獲得できる金額は、
3月3日のWIN5を単独的中して得られる配当の18倍超にあたる8,905,771,900円となる。

しかし、パリミュチュエル方式の馬券では、総購入金額に対する
各馬の単勝購入金額の比率によってオッズが変動するため、
転がせば転がすほどに投入金額が大きくなり、大きくオッズが低下する。

そのため、仮に単勝転がしを成功させたとしても、実際に獲得できる金額は少なくなる。

そこで、ここではオッズ変動を踏まえた上での試算を行うことにする。


試算を行う上での前提条件は、以下の通りだ。

試算には、JRAのウェブページに掲載されている3月3日競馬開催の「販売票数」の
pdfファイルに記載されているデータを用いる。
このデータは通常、開催から60日の間ページ上で掲載されているものである。

転がし馬券は、手元にある金額全てを馬券購入にあてると仮定し、
100円未満の端数は、馬券の最低購入可能金額が100円であることから、馬券に変換できないとする。

JRAにおける単勝の払い戻し率は8割と設定されているため、
レースにおける単勝馬券の総販売額を0.8倍した値を勝ち馬の単勝販売票数で
割ることによりオッズを算出する。

転がし馬券購入の影響を受けたオッズは、総販売票数と勝ち馬の単勝販売票数に
馬券転がし分のみの票数を加えた値を用いて算出する。

なお、JRAの仕組み同様、オッズは小数点第2位以下を切り捨てとする。

また、この試算において、転がし馬券によって生じる大口投票が、
他の馬券購入者の行動に影響を一切与えないものと仮定する。

これらの前提を踏まえたうえで算出されたWIN5対象5レース転がし馬券の配当は、
以下の図の通りである。

検証結果
(図3:WIN5対象5レースの単勝転がし馬券で得られる金額)


検証結果


検証の結果、3月3日のJRA競馬開催のWIN5対象レースで単勝転がしを
成功させて得られる最終的な配当は289,121,080円であり、
その額は、オッズを固定値とみなした場合の配当より約86億円少なく、
WIN5の単独的中で得られる配当よりも約2億円少ない、と判明した。

検証結果2
(図4:配当比較結果)


仮に3月3日のWIN5を全通り購入したとしても、組み合わせの数は全37万8000通りで、
かかる費用は3780万円。
その費用を配当から差し引いたとしても、WIN5単独的中の配当が転がし馬券のそれを上回る。

すなわち、たとえ歴代で最も荒れたといわれるような結果であっても、
できるだけ配当を高くすることを狙うのであれば、
単勝を転がすよりもWIN5を多点買いして単独的中を目指した方が賢明だといえるだろう。


税金の影響


配当の比較においては、WIN5の単独的中が単勝転がし馬券を上回ったが、
課税分を踏まえるとどうだろうか。

原則、馬券で得た所得は「一時所得」として処理される。
一時所得の課税対象額は、獲得した配当から馬券購入額を経費として差し引いた額を合算し、
そこから更に年間の特別控除額50万円を1度だけ差し引くことで計算される。

すなわち、WIN5だと購入金額の100円のみが経費として扱われ、
転がし馬券だと転がした分の金額が経費として扱われることになるため、
税引き後には獲得金額が逆転する可能性があるかもしれないのだ。

そこで、税引き後の獲得金額を検証していくことにしよう。


まず、一時所得の計算式を用いて試算を行うと、WIN5で課税対象となる金額は2億3565万4515円、
対して単勝転がしだと課税対象となる金額は1億4431万550円となる。

そして、4000万を超える課税対象額にかかる所得税率は45%、控除額は479万6000円、
2013年以降は復興特別所得税2.1%も付加されている。
これらの値を用いて算出された課税額は、WIN5の配当に対しては1億337万5771円、
単勝転がしの配当に対しては6140万7786円となる。


それら税金分を差し引いた後の獲得金額は、
WIN5が3億6843万3259円で、単勝転がしが2億2771万3294円。

税引き後の獲得金額だと、WIN5と単勝転がしとの差は縮まるが、
それでもWIN5で獲得できる金額の方が1億4000万ほど上回っているという結果だった。

また、仮にWIN5を全通り購入分の金額3780万円を差し引いたとしても、
まだ獲得金額に1億円以上の差が残ることになる。

WIN5と単勝転がしとの間には想像以上の差があるようだ。

税額検証
(図5:税引き後の獲得金額)

人気の変動


ついでに、3月3日のWIN5対象レースで単勝転がしを成功させた場合、
各レースの勝ち馬の人気がどれほど変動するかも検証してみることにする。

検証の結果が、以下に示す図である。

レース1
(図6:WIN5対象1レース目、阪神10Rの検証結果)

レース2
(図7:WIN5対象2レース目、中山10Rの検証結果)

レース3
(図8:WIN5対象3レース目、小倉11Rの検証結果)

レース4
(図9:WIN5対象4レース目、阪神11Rの検証結果)

レース5
(図10:WIN5対象5レース目、中山11Rの検証結果)


対象2レース目(中山10R)から転がし馬券はオッズに影響を及ぼし始めるが、
大きくオッズが変動するのは、約200万円を突っ込み始める対象4レース目からとなっている。
しかし、意外にも、阪神11Rでスピリッツミノルに約200万円突っ込んでオッズを急落させたとしても、
同馬の人気自体は13番人気から変わらない。

唯一転がし馬券で大きく人気が変動するのは、最終対象レース弥生賞の勝ち馬メイショウテンゲン。
転がし馬券の試算上では、同馬の単勝に620万円超がぶちこまれることになり、
人気が39.1倍の8番人気から4.6倍の3番人気にまで押し上げられることになる。

仮に転がし馬券を成功させた人物がいた場合、
約620万円を投じてメイショウテンゲンを3番人気にまで引き上げ、
最終的にあのミラクルおじさんを超える3億円近くの配当を得ることになるのだから、
メイショウテンゲンおじさんとかテンゲン突破おじさんとでも呼ばれるのは、
ほぼ間違いないことであろう。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

コロコロバナー2  コロコロバナー1 


スポンサーサイト

▲PageTop

競馬伝説 ファンサイトランキングまとめ

競伝関連まとめ

※この記事は競伝プレイヤー用です。

ファンランバナー


昨年7月より、新運営の下で新たに導入されたファンサイトランキング制度。
この制度が導入されて以来、月に一回、
ポイントに応じて公式ページ内のファンサイトリンクの掲載順位が変動するようになりました。

このページでは、その各月のファンサイトリンク掲載順に加えて、
各サイトのおおよその更新回数を同時にまとめています。

「大感謝BOX」を安定して狙いたいとか、運営の選定基準をおおよそ把握してみたいなど、
競伝ファンサイトに関する様々なことを検証する際にご利用ください。


これ以降の要素は、タイトル(見出し)をクリックすることで展開します。

第一回~第十回ファンサイトランキング



第十一回~第二十回ファンサイトランキング



第二一回~第三十回ファンサイトランキング



第三一回~第四十回ファンサイトランキング



第四一回~第五十回ファンサイトランキング





下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

ラモーヌバナー  




▲PageTop

過去最低の怠慢!?アメリカのとあるレースが話題に

リアル競馬ネタ

これ以上の怠慢があるのだろうか。

今年8月19日にGulfstream Park(ガルフストリーム・パーク)競馬場で行われた
6ハロンの条件戦が、SNS上で話題となっている。

該当のレースで注目を集めているのが、Tony Maragh騎手によるMusical Heartの騎乗だ。
道中最後方からレースを進めたMusical Heartは、最後の直線で勢いよく追い込み、
勝ち馬から僅差の2着入線を果たしたのだが、その追いこんでいる間、
騎手は馬上でほぼ微動だにしなかったのである。


(動画:話題のレース、7番の馬が問題のMusical Heart)


この馬の邪魔をしないために置物と化す斬新な技なのか、
勝ちを捨てた怠慢なのかわからない騎乗に対し、SNS上では、「歴代最低レベルの怠慢騎乗」、
「二度とこいつを騎乗させるな」等の声が殺到する事態となっている。


なお、この件に関する裁決レポートは、いまのところ公開されていない。

しかし、ガルフストリーム・パーク競馬場のハンディキャッパーを務めるJason Blewitt氏は、
Maragh騎手の騎乗の酷さを嘆くSNS上の声に賛同。
レース後に裁決が馬の関係者を聴取したとの情報を公開したのであった。




下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

本日6月14日は「競馬伝説杯」の開催日!

本家ネタ

※この記事は競伝プレイヤー向けです。

コラボ

いよいよ、今年4月から運営ブログで話題にあがっていた競伝が
川崎競馬場とコラボする日がやってきましたね。

本日6月14日は、19:40に川崎競馬で競馬伝説の冠競走が発走し、
場内では15:00からガラガラ抽選会が行われます。

また、ゲーム内では大量ゲームマネー獲得のチャンスがある馬券イベント
定番のロトイベントだけにとどまらず、川崎競馬とのコラボ生放送内で
明かされるシリアルナンバーを入力して種牡馬カードを入手するなんていうイベントまでありますね。

川崎競馬場にまで行かれるプレイヤーの方がいるかどうかはわかりませんが、
ゲーム内イベントの方は、できれば色々回収しておきたいところですね。


さて、そんな川崎競馬と競馬伝説がコラボした結果の冠競走というのが……

レース

この距離900mのダート戦、「競馬伝説杯」です。


仮にも、競馬伝説は、某ウ○娘なんかよりも遥か昔にJ○Aにケンカを売った不名誉な実績を持つ
元サ○バーエー○ェント系のネットゲームにして、過去何度もサービス終了の危機といわれ、
運営が移管しようとも存続し、13周年をむかえたゲーム。
いわば、ゲームタイトル通りにネトゲ界の生ける伝説ともいえる存在です。

その生ける伝説ともいえる老舗ゲームタイトルを冠した競走が、
50秒ほどで決着する900mのレースというのは、もしかしたら高度なギャグなのかもしれません。

もっとも、今から8年ほど前に行われたアンケートの結果から、
競馬伝説のプレイヤーには社会人が多いというのは分かっています。
そのため、社会人に配慮する形で、あえてわざと高速決着な短距離レースを選んだのかもしれませんね。

(なお、「平日」にコラボイベントを仕込んで来ていることに触れたら負けです。)


しかし、すごくいまさらですが・・・・・・
スマートフォンでの動作環境がない競伝にとって、
現地とゲーム内で同時に実施する系統のコラボイベントは非常に相性が悪いですね。

もし現地に行った場合、ゲーム内馬券は購入しづらくなるわ、生放送を見づらくなるわと、
ゲーム内イベントに参加しづらくなること間違いなしです。

もっとも、そのことを考慮してか、川崎競馬場での抽選会の景品は・・・・・・

ガラガラ

競馬伝説の「け」の字も感じさせないラインアップになっております。

プレイヤーとしては、心置きなくゲーム内イベントに集中できますね。



下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

12ダスカバナー  12ウオッカバナー


▲PageTop

そのパフォーマンス、まさに異次元!?アニメ『ウマ娘』におけるサイレンススズカ驚異の復帰戦について

競馬(?)ネタ

ただいま絶賛放送中の競走馬擬人化アニメ『ウマ娘』
その第11話にて、サイレンススズカが驚異の復帰戦を飾った。

ウマ娘のサイレンススズカは、その名の通り実在の同名競走馬が元になっているキャラクター。
一命は取り留めたものの、モデルの馬と同様、天皇賞(秋)で競走中に左足を骨折。
第7話から第11話に至るまで戦線から離脱していた。

さて、その第11話にて、サイレンススズカは復帰戦としてキャピタルステークスに出走。
道中最後方のままでレースを進め、周りのキャラクター達にもう駄目かと思わせるも、
そこから一転、最後の直線ですさまじい追い込みを披露。
前方にいるウマ娘全員を抜き去り、レコードタイで復活勝利を果たしたのだ。



その後、場面は変わり、主人公スペシャルウィークのジャパンカップのスタートを映し出し、
アニメは次週へ引き込むように幕引き。

感動の復活劇に、来たる主人公の見せ場を期待させる終わり方。
キャピタルステークスが当時条件戦であり、サイレンススズカが出走できないという
突っ込みどころはあるものの、アニメとしては綺麗な構成でストーリーが進んだわけである。


しかし、我々競"馬"ファンとしては、感動やストーリーなんかよりも気になるのである。

キャピタルSでサイレンススズカが叩き出したであろう、上がり3Fのタイムが。

当記事では、その問題のタイムを探ってみることにしよう。

タイレコードの正体


上がり3Fを求めるためには、サイレンススズカの走破時計を求めなければいけない。
しかし、アニメではタイレコードとだけ説明されており、詳細なタイムが明言されていない。

そこで、まずはそのタイムを考えていくことにしよう。

アグネスデジタルが2001年に安田記念で1:32.1を記録するまで、
オグリキャップの1:32.4がレコードタイムとして君臨していたことから、
ウマ娘がベースとする舞台の1999年当時としては、
東京競馬場における芝1600mのレコードタイムは1:32.4であったと考えられる。

そして、『ウマ娘』は史実要素をうまく取り入れることで知られるアニメである。
したがって、あの作中における芝1600mのレコードタイムも、1:32.4である可能性が高い。

当検証でも、1:32.4をサイレンススズカ(ウマ娘)の勝ち時計と仮定として進めることにする。

サイレンススズカの前半1000m通過タイム


次に、上がり3Fを求めるためには、サイレンススズカの前半1000mの通過タイムを求める必要がある。

そこで、ネット競馬のデータベースに記録されている1999年キャピタルSの
レースラップのデータを参考に、考えてみることにしよう。

走破タイム
(図:1999年キャピタルSのレースラップ)

このレースラップからは、先頭のウマの1000m通過タイムが算出できる。

そこから1馬身、もとい1バ身を0.2秒差と仮定し、先頭から離されている分を先頭馬のタイムに加算すれば、
サイレンススズカの1000m通過タイムが割り出せるわけだ。

したがって、18頭立てで10馬身から15馬身ほど離されていたとすれば、
サイレンススズカの前半1000mの通過タイムは、おおよそ60秒くらいであると考えられるだろう。

推定通過タイム
(図:先頭との差とそれに対応する前半1000m通過タイム)

サイレンススズカ、驚異の上がり3F


ここまで、サイレンススズカの推定勝ち時計と推定前半1000m通過タイムを算出した。

いよいよ、問題の上がり3Fを計算することにしよう。

勝ち時計から1000mの通過タイムを引いた結果が、以下の表である。

推定上がりタイム
(図:推定上がり3Fのタイム)

なんと、サイレンススズカ(ウマ娘)がキャピタルSで記録した
推定の上り3Fは、驚異の32~31秒台!

これは、馬場が高速化した現代の競馬でも、京都競馬場や新潟競馬場でくらいしか、
早々お見かけすることができないような数値である。

仮に先頭から15バ身差の位置で追走しており、
残りのウマ娘が実際の1999年キャピタルS通りに走っていたとすれば、
サイレンススズカは2番手の上がり3Fと3.5秒差もつけたことになる。

こんなタイムをあろうことか、サイレンススズカは東京競馬場、
しかも1999年の馬場状態の下で余力たっぷりで記録したのだ。


これがどれほど化物じみているかといえば、
あの衝撃の追い込みで有名なリアルヴィジョンですら、
上がり3Fで2番手に3秒差をつけていないという事実だけで十分だろう。
しかも、リアルヴィジョンのはただの未勝利戦であり、スズカは1600万下レベルでの芸当だ。



(動画:リアルヴィジョン未勝利戦)


もはや、これに匹敵しうるのはシルキーサリヴァンの追い込みくらいのものであろうが、
あの馬も決して3ハロンだけで追い込んでいるわけではない。
ウマ娘のサイレンススズカは、歴代競馬において比較対象がないレベルの
凄まじい追い込みをみせたといっていいだろう。


仮にこんな存在が実際の競馬にいた場合、アーモンドアイ、グラスワンダー、
ディープインパクトあたりの印象は一瞬で霞むことになるだろう。
間違いなく、現実の競走馬では足元にも及ばない。

もはや、史上最強のウマ娘を名乗っても過言ではないレベルの異次元パフォーマンスであり、
あのレースは復帰戦というより、超強化イベントとでも言い直した方がいいくらいである。

驚異的復活劇の代償


そして、この感動的な復帰戦には、アニメ的にも一つの問題点がある。

このレースが、よりにもよって主人公スペシャルウィークが活躍する予定の
ジャパンカップの前日に行われているという事実である。


ここでひとつ考えてみよう。

ジャパンカップにはモンジューがモデルと思わしきブロワイエなるキャラが出走している。
アニメ『ウマ娘』が現実の1999年ジャパンカップをなぞるような展開をむかえるならば、
スペシャルウィークはエルコンドルパサーの仇を取り、日本一に輝くことになるだろう。

まさに皆が待ち望んでいた主人公の活躍。
これは大いに盛り上がること間違いなしだ。


だが、仮にスペシャルウィーク対ブロワイエのジャパンカップが
実際の1999年ジャパンカップと同じ展開とタイムで決着しようものなら、
スペシャルウィークが日本一のウマ娘を名乗ることに
競'馬'ファンならどうしても疑問を持たざるを得ないだろう。

少なくとも、これがアニメでなく現実の競馬の展開であった場合、
間違いなく某巨大掲示板上やSNS上、挙句の果てには競馬新聞上で、
「サイレンススズカが出てたら勝ってた」の文字が躍ることは間違いない。

当時の馬場で走破時計1:32.4と上がり3F31台を記録でき、
そのうえ逃げも追い込みも自在にこなせる化物ともなれば、
たとえ2400mの適性がなくて少々パフォーマンスが落ちようとも、
ジャパンカップと有馬記念の圧勝はほぼ約束されたようなものだからだ。


したがって、前日に築き上げられた「サイレンススズカ最強」ムードの前に、
ジャパンカップやその後の有馬記念という熱い展開をむかえるはずのレースは、
「どうせスズカには勝てない」という茶番と化してしまうのだ。

もはや、ここまでくると、サイレンススズカに背中を押してもらうというより、
前から突き放されるような展開といえよう。


多くを感動させたといわれる復帰戦のストーリー。

この異次元のパフォーマンスが描かれたことによって、ウマ娘次元のスペシャルウィークが、
今後、日本一(笑)としてネタにされる余地が出てきてしまったのである。

少なくとも、我々の現実世界においては・・・・・・。


下記の画像は、ただのブログランキングバナーです。
もしよろしければ、クリックしていってくださいな。

  ヘルバナー


▲PageTop

Menu

検索フォーム

プロフィール

馬主のようでそうでない人

Author:馬主のようでそうでない人
競馬伝説でなかなか勝てないプレイヤー

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキングバナー





QRコード

QR

ブロとも申請フォーム